上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
=お知らせ=
最終更新
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html
===================================== 
↓↓ うっかりうっかり3周年 ↓↓
=====================================

なんと、いつの間にか「1001夜ショートショート」開設から3周年が経ってました!

気付かず、うっかり一か月くらいたってましたよ。なんで気づかなかったんだろう!前回UPした「リバーフィッシュ」時にはすでにそうだったなんて。あわわ、なんて間抜けな報告に…。

最近は長編ばかりを書いていて、こちら「1001夜ショートショート」の更新がすっかり滞っておりますが、まだまだショートショートを書く気は満々です!(むしろ、私は性格的にも能力的にも自分にはこっちの方が断然合ってると思うので)。書きたいものは増えに増え、ネタ長にネタはたまっていく一方です。

でも、私は本当にすべての物語を書き切れるのだろうか?書きたいものだけたまっていっているけど、これぜんぶ消化できるのかな…?

よく作家さんが亡くなって、「あの自分が期待していた物語が未完のまま終わってしまった…!ショック!!」っていうのがあったりしますが、あの後味の悪さたるや…!まあ、私みたいなものが何を言ってるんだ?って感じですけども。

よし、自分にプレッシャーをかけておこう!
次回のショートショートの予告になるかはわかりませんが、今この音楽で物語を一本、書きたくて描きたくて。

Fightstar - Mono (Album Version)
https://www.youtube.com/watch?v=Le_sCwlQkcQ

【ネタバレ注意】自作物語のネタ帳(プロット?)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-382.html

簡単な内容はネタ帳を見て頂くとして、男くさい物語(ハードボイルド?)になりそうな予感がします。ショートショートは色々な挑戦ができて楽しいです。(物語の声と付き合う時間も短いのがまたよし!)自分の可能性をどんどん広げていってくれるみたいで、新しい世界が知れそうでドキドキワクワクしちゃいます。これは自分が誰かの物語を楽しむ読み手の気持ちとはまた違うものな気がする。なんだろう。書き手だと、自分の内側にゾロリと触れるようなこわさ、スリリングさというか、それもあるからかな。

最近物語を書くということは、自分が自分と会話しているようなものなんじゃないかなと思っています。自分が自分に手を伸ばしたり、手を振ったり、そうしたりすることだと思っています。いっぱい出会いと別れを繰り返し、その先で生まれた物語が素敵なものでありますように―。

マイペース更新で申し訳ありませんが、今後とも「1001夜ショートショート」をよろしくお願いいたします。



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


ボクは幸せが何かを知っているよ。君は知らないのかい?


    *


水の流れる音がする。
その流れに身を任せながら、僕はある場所へ向かうんだ。

「やあ、君はまた川の流れに乗って、ここに来てくれたのかい?」

のんびりやのそいつはいつも川で魚釣りをしながら僕を迎えてくれる。そこを大きな蓮の葉にのった僕が流れ行くんだ。

「魚が釣れなくて、とても退屈をしていたんだ。君が来てくれて良かったよ、フィッシュ」
「僕はまた釣れない魚の代わりなのかい?君が僕に付けてくれた名前はイカしてると思うけど、意味が魚ってどうなんだろう」
「どうしたんだい、フィッシュ?」

こいつには、僕の不満が聞こえなかったらしい。無垢な目を向けられ、僕は困ったように笑った。

「なんでもないよ。久しぶり、リバー。本物の魚じゃなくて悪いけど、また僕の蓮の葉を君の竿で釣ってくれるかい?」

僕が手を振ると、リバーは朗らかに笑った。

「いいだろう。こいつは大物だ!」

彼はリバー、向こう岸に住まう者。僕はフィッシュ、川を流れ行く旅人だ。


    *


彼のルアーが僕の蓮の葉をとらえると、僕をのせていたそれはようやくとまった。

「またしばらくここにいられるんだろう?君の旅の話を聞かせてくれないかい、フィッシュ?」
「出たな、ねだりやリバーめ!」

彼は僕の旅の話を小さな子供のようにせがむんだ。

「いいじゃないか、フィッシュ。ボクは君の話が好きなんだ。君の話は実に面白いよ」

そんなことを言われてノーとは言えない。僕はのせられやすいタチなんだ。

「いいだろう。今回は実に危険な旅だったんだ。驚くなよ、リバー?」

僕は彼に聞かせてやった。世界がどぎつい紫色に染まっていったこと。あちこちに火の手があがり、あたりをごうごうと焼きつくしていったこと。人々は罵り合い、殺し合い、僕は見ていて、とてもつらくなったことを―。

「きっと、あれが戦争というやつだったんだろうな」

そして、ついにおかしな閃光が放たれたこと。それから、大きな大きなきのこ雲を見たこと。僕は泣きたくても泣けなくなったこと…。

「フィッシュ、君は巻き込まれなかったのかい?」
「巻き込まれたよ。でも気づいたら、またこの川を蓮の葉にのって流れていた。きっと川辺のどこかにいて、蓮の葉に守られたんだろうな」

僕がそう言うと、リバーが少し哀しげに微笑んだ。

「そうか。それはとても危険な旅だったな。ここで少し休むといい。ボクがいっぱい魚を釣ろうじゃないか。なに、おいしいからって驚くなよ、フィッシュ?」
「それはいい!…でも、君は僕の蓮の葉をとめているせいで、竿もルアーも使えないぞ?」

僕らは顔を見合わせた。

「…そうだった」
「これだからな、リバーは。ぬけてて、実に面白い!」

僕らは笑った。会えなかった時間を埋めるように、たくさんたくさん笑った。


    *


僕はしばらくこの川で過ごした。

向こう岸にいるリバー。川の中を大きな蓮の葉にのっている僕。不思議なことに、僕はそこから動くことができなかった。そこから出ることができなかった。どうしても向こう岸にいくことができなかったんだ。僕は彼の姿を見ることはできても、触れることはできない。声をきくことができても、隣りで囁き合うことはできない。なぜだろうといつも思う。でも、こういうものなんだろうともいつも思う。

「きっとリバーと僕では、住む世界が違うんだね」
「そうだね、フィッシュ。でも、ボクはこの状況をそんなに悪く思ってないよ。こうして君と、ときどき会えるじゃないか?」
「そうだけど…」

君と過ごすこの川の時間はとても心地いいんだ。僕は君と離れたくないんだよ。君は 違うの?

「フィッシュ、ボクは幸せが何かを知っているよ。君は知らないのかい?」

僕がさびしそうな顔をしていたんだろう。リバーが朗らかに笑った。

「何も誰かとずっと一緒にいることが幸せじゃない。たとえ遠く離れていても、誰かをずっとおもえることがボクの幸せなんだよ、フィッシュ」

僕は目をこすった。目が真っ赤になるまで強くこすった。

「……僕もそうだよ、リバー」
「ボクはここで一人で暮らしているけど、さびしくないよ。君がときどき会いにきてくれるからね!」

リバーが竿に手を伸ばした。

「行っておいで、フィッシュ。ボクは待っているから。川を流れて、またここに遊びにおいで。君の旅の話をボクに聞かせてくれないか?」

ルアーが離れ、蓮の葉がゆっくりと動き出した。

「リバー、僕はまたここに来るよ!絶対絶対、君に会いに来るよ!」

僕は彼が見えなくなるまで、大きく大きく手を振った。

「また会おう!」


   *


水の流れる音がする。
その流れに身を任せながら、僕はある場所へ向かうんだ。大好きな君に会いに行くんだ。

「大物がきたな!」

僕が手を振ると、リバーは朗らかに笑った。



=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 白鳥マイカ『線』 × 誰かが作った「ムーミン」MAD 

いつか書こうと思って忘れられていた物語。この音楽を聞いて思い出しました。この物語のタイトルは最初『線』(まんまでした)だったのですが、私は『~フィッシュ』ってタイトル作品がけっこう好きで、(吉田秋生『BANANA FISH』とか洋画『BigFish』『ソードフィッシュ』とか)それらにあやかって(?)こんなタイトルになりました。あと、全然関係ないかもしれないけど、リバー・フェニックスも好きだし。

① 白鳥マイカ『線』 × 誰かが作った「ムーミン」MAD 
http://nicotter.net/watch/sm8936337
ムーミンにハマっていた時に出会ったMADです。音楽も映像もいい感じで、この物語が生まれました。このMADも素敵ですが、音楽にあう映像をのせてPVやMADつくる人って本当すごいなあ。そのセンス、どうなってんの!?私は物語が書けるとかより、こういうのがデキるようになりたかったなあ。あと、映画の予告編つくりとか!


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村




ああ、愛しのたまごサンド様!

あなたは、どうして…どうして…どうして…!!

「見るも無残なお姿にーーっっ!?」

    *

涙にくれる私を保健医の宮村(男)が必死になぐさめていた。

「そんなに泣くなよ…」
「泣きますよ。これが泣かずにいられますか、先生!!」

私は高校の購買で一番人気の『幻のたまごサンド(1日限定3個発売)』を手に入れて、さっきまで幸せ一色だった。でも、それはもう過去の話。だって、目の前の宮村にそのたまごサンドを踏みつぶされたから―。

「…なんで私、廊下を走ってた男子とぶつかっちゃったんだろう。なんでその時、自分のたまごサンドをとっさに放しちゃったんだろう?」

宮村もほとほと困り顔だった。

「俺に聞かれてもなあ…。ぶつかったのは俺じゃないしな」
「どうして、それが地面に落ちたタイミングで先生が角を曲がって来るんですか?どうして、よりによって私のたまごサンドを踏んづけちゃったんですか?ヒドイ!ヒドすぎます!!」
「いや、ヒドイのは廊下を走ってた男子とよそ見をして(たまごサンドに気をとられ)そいつとぶつかったお前だろ。たまたま通りすがって地面に落ちてた食べ物を踏んだ俺はどう考えても不可抗力だ。やつあたりされる身にもなってくれ…」

反省の色がまったく見えない宮村に、私は言ってやった。

「どうせなら、先生、(たまごサンドじゃなくて)私をキズモノにすれば良かったのに…!」
「…ちょっと待て。それオカシくないか?誤解を生む言い方はやめろ!」

私はしゃくりあげながら訴えた。

「…先生は知らないんです。うちの購買で売っているたまごサンドがどれほど凄いものなのか…」
「そんなに凄いものなのか…?」
「そうですよ!毎朝、近くの有名な養鶏場にとれたての新鮮な卵を購買のおばちゃんが自ら仕入れて、それを調理してくれるんです。それをまたおばちゃん手作りの優しいお味の食パンで包み込むんですから!たまごも食パンも厳選。だから、数も限られているんですよ!!」

宮村は首を傾げた。

「それは別にたまごサンドが凄いんじゃなくて、購買のおばちゃんが凄いんじゃないか?」
「嫌だな。これだから先生は何もわかってない!」

ぽかんとする宮村に私は続けた。

「今日は、たまたまお昼前の授業が自習だったおかげで、私は早めにスタンバイできたんです。チャイムよりじゃっかんフライング気味の好スタートで誰よりも早く購買に到り着くことができました。初めて、私はそれを手にすることができたんですよ!なのに、先生のせいである意味本当の『幻のたまごサンド』になっちゃいました!」
「…たまごサンドが凄いかどうかはよくわからないが、とりあえず、お前がちょっとウザくて面白い奴だってことはわかった」
「ああ、愛しのたまごサンド様ー!」

大袈裟に泣き叫ぶ私に宮村はやれやれと肩をすくめた。それから「行くぞ」と声をかける。「行くってどこへ?」と泣き面でたずねる私に、宮村は「どこでもいいだろ」と腕を引っ張った。宮村の突然の行動に思わず怯んだ。

「ひいー、まさか先生!本当に私をキズモノにする気…!?」

宮村はため息を吐いた。

「何、バカいってるんだ。俺は色気のないガキに用はねえ!興味もねえ!言っておくが、お前にその可能性は微塵もかけらもねえ!」
「ヒドイ!こっちこそ願い下げだ!」

じたばたと暴れる私を宮村は引きずりながら家庭科調理室へと連行する。なぜ、調理室なんかに?

「今、作ってやるから」
「へ?」
「俺が、今から作ってやる」
「…作るって、何を?」
「何をって『幻のたまごサンド』ならぬ、『幻の幻のたまごサンド』をだよ!」

一瞬、何を言われたのかよくわからなくて、反応が遅れてしまった。

「……ど、どんなミスター味っ○ですか、それは!?」

いかん、私としたことが!ツッコミのキレもいまいちだ!

「まあ、見てろよ」

そう言って宮村は手品のように、どこからかたまごを取りだした。

「…マ、マジシャン!?」

いつの間にか調理器具もセットされている。

「…保健医でマジシャン!?…先生がちょっとウザくて面白い奴だってことはわかりました」
「どこかで聞いたようなセリフだな」

先生が笑う。気落ちしていた私のテンションが不思議と上昇する。もしかして、本当に『幻のたまごサンド』をこえる一品に出会えるのだろうか?期待に胸を膨らませていると、不意に宮村がボールに卵をぶつけた。

「え?」

あれ、どうしてたまごを割っちゃうの…?私の戸惑いに気づきもせず、宮村は慣れた手つきでボールの中にたまごを割り、菜箸でそれをかきまぜ始めた。しまった。またツッコミが遅れた!

「こら、何やってるんですか!?たまごサンドはまず、ゆでたまご作りからです!それが常識でしょう、先生!?」

宮村は怪訝な顔をする。

「お前こそ何をいってるんだ!俺の知っているたまごサンドはな、こうやって作るんだよ」
「はあー!?」

たまごをさっさとかきまぜ、宮村は熱したフライパンにそれを流し入れた。

「ちょっと待て―!それは、ただのたまご焼きでしょう!!どこがたまごサンドだっていうんですか!?『その可能性は微塵もかけらもねえ!』、先生!」

またどこかで聞いたような台詞に宮村は吹き出した。

「こら、女子高生!女子らしさがまるでないぞ。その調子じゃ、モテる女子の可能性は微塵もかけらも…おおっと、ここは以下同文だったな!」
「うまいこと、言った気にならないで下さい。…嫌だな。これだから先生は何もわかってないわ!たまご焼きとゆでたまごを間違えるなんてお話にならないわ!」

宮村はおかしそうに笑っている。

「言葉使いをお嬢様っぽく変えたところでダメだぞ。お前の理想女子の方向性はだいぶ間違ってるな」

余計なお世話だ。そうこうしてるうちに、フライパンにおいしそうなたまご焼きができあがってしまった。

「先生には心底がっかりです。料理男子アピールされても、たまごサンドも作れないようじゃ、トキメキません!」
「…でも、俺んちだと、たまごサンドはこうやって作るんだよ。ほれ、あたたかいうちに食うぞ。そこの食パンをとってくれ」

いつの間にか用意されていた市販で売っている食パンがあった。それを宮村に渡す。うまいこと、たまご焼きを食パンにのせると、あろうことか宮村はマヨネーズとケチャップをつけてサンドしてしまった!

「ひいー、何をやってるんですか、先生!は!まさか私にこれを食べさせて復讐でもする気!?巻き込まれた腹いせ!?」
「復讐?腹いせ?何、わけわからないことを言ってるんだ。ほら、黙って食ってみろ!」

そういって宮村はたまご焼きサンドなるものを私の口につっこんだ。むぐっ、やっぱり復讐じゃんか!

ところが、私の口に入ったそれはまさかの輝きを放った。まだ冷めやらぬたまご焼きと柔らかめの食パンはパサつくこともなく、ゆでたまごサンドにありがちなボソボソ感もなく、しっとりと舌に落ち着く。不安要素だったはずのマヨネーズとケチャップのコンビは相性が抜群で、いい感じの甘酸っぱさを披露した。

「…何、このハーモニー!」
「うまいだろ?」

……ぐぬぬ、そんな顔をされるとちょっと困る。たまご焼きサンドにトキメいたのか、何気にイケメンの先生の笑顔にトキメいたのか、よくわからない。私はぶんぶんと頭を振った。

「私の愛しのたまごサンド様がたまご焼きサンドに負けるわけがないわ…こんな邪道ごときに!」
「こら、邪道とはなんだ!俺に言わせれば、お前の言ってる、ゆでたまごサンドこそ邪道と思うがね!…なあ、本当はうまかったんだろ?」

唇を噛む私を見て、宮村はニヤリとした。

「悔しかったら、お前のいう、ゆでたまごサンドを今ここで作ってくれてもいいぞ」
「へ?」
「女子力があるなら簡単な話だろう、お・嬢・様!」




=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 安藤裕子『SUCRE HECACHA』 
★ スネオヘアー 『共犯者』
★ やまもり三香『ひるなかの流星』  

長編は書いていたので、物語を書くこと自体は久しぶりではなかったのですが、ショートショートは久しぶりでした。3~4か月ぶり?ゆでたまごサンドで育った私はたまご焼きサンドに出会った時、衝撃でした。関東と関西ではたまごサンドは違うと聞いたことがあるのですが、あれってこういう違いなのかな?そうではない気もするけど…。たまごサンドに限らず、家庭それぞれで作り方や味付けの違う食べ物ってけっこうありますよね。ちなみに、物語に出てきていた保健医の宮村先生は何気に他の物語でも登場しています。そちらも一応宣伝しておこう。
【第149夜】 過去世話(むかしばなし)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

① 安藤裕子『SUCRE HECACHA』
たぶん安藤裕子さんの音楽は私の物語スウィッチを入れてくれるんですよね。これを聞くまで、すっかりこの物語の声のことを忘れていて、久しぶりに聞いた途端、ドバーッと押し寄せてくるから。よかった。生まれていた声をそのまま、埋もれさせなくて。けっこうそう言うのが溜まって来ているみたいで、適度に消化せにゃいかんな、と反省。ショートショートも書かなきゃな。

② スネオヘアー『共犯者』
https://www.youtube.com/watch?v=hh1sXDMjIsA&list=RDSYDv9li6ZVc&index=8
途中からこちらも聞いてました。保健医の宮村がたまごやきサンドを作る辺りから。爽やかなメロディにやられます。ところで、いつの間に、ともさかりえの旦那になったんだ、スネオは!

③ やまもり三香「ひるなかの流星」
https://booklive.jp/product/index/title_id/196642/vol_no/001
いつかどこかで紹介したかもしれません。先生と教師の恋愛モノって私はどちらかというと苦手な方だったのですが、こちらの漫画を読んでから変わりました。転校先でこんな先生がいたら私も惚れてしまいますよ。私はやまもり三香さんの描く男性の横顔や体つき(ライン?)がとても好きなんです。今っぽくて細いんだけど、なんかキレイ。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

おススメ作品紹介です。

今回は、ドラマ『表参道高校合唱部!』です。

ドラマ『表参道高校合唱部!』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/omosan-gassyobu/


本編
http://www.doramadougas.com/omosan-gassyobu/omosan-gassyobu-01/

四国から東京の高校に転校したきた少女がつぶれかけている高校合唱部を救うために立ち上がる!仲間たちと繰り広げる青春モノ。

私はこういう頑張り屋の女の子(朝ドラヒロイン系?)が大好きで、演じていた女優・芳根京子さんがもう主役の真琴そのままにみえて、今とても応援しているんです。なんだろう。一見そこまで美人さんってわけじゃないんだろうけど、雰囲気がかわいくてかわいくて。最近とても気になっています。色々な作品に出てほしいな。私が今押してる若手女優さんです!っていうか、出てくる子、みんな演技がうまかったと思う!全員オーディションで選ばれたそうです。大人たちもみんないい味出してて良かった~。

そうそう。毎回ちがう合唱曲を披露してくれるのも見もの。初回にいきなりJUDY AND MARY 「 Over Drive 」のアレンジでくるとは!私の一番お気に入りは文化祭のドリカム「何度でも」のアレンジでしょうか。ディズニーのパレードを見てるようなワクワク感がたまりません。

ドリカム「何度でも」のアレンジはドラマ第9回だったみたい。(38:00~くらいから)
http://www.dailymotion.com/video/k2OtqOjG6L8BXld6Xvz



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


おススメ作品紹介です。

今回は、ドラマ『鈴木先生』です。

ドラマ『鈴木先生』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/suzukisensei/index.html


本編
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=jnonda00&prgid=47130131

ドラマの描く教師って正義感の強い人や理想主義的で型破りな人が多いかもしれませんが、この鈴木先生は至って冷静(に見えるよう日々努力)でも、少し斜に構えていたり、(いけない妄想もしていたり)、とても人間的。先生だって完璧超人じゃないんです。思春期真っ盛りの生徒たちに正論だけで立ち向かうなんてとてもできません。独自の教育論で(現実的に)どんどん学校問題を解決(論破)していきます。「どうする、俺!?」と苦悩する鈴木先生が笑えて面白い。ライバル先生役の富田靖子さんがこわい、こわい!


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

こちらの更新が滞っていてすみません。

今、アルファポリスさんで公開中の長編「宮廷浪漫」をちょっとずつ書いているんですけど、(本編ではなく番外編ですみません。アルファさん、ずっとポイント10倍にしてくれないかなあ)そちらが少しコメディ要素が強くなってきてて、コメディって難しいなあと感じております。コメディを書ける人やお笑いの人とかって、やっぱりセンスなのかな。いいなあ。

今、淑玲の番外編を書いててふと思い出した懐かしの面白CMがあって、それが役者さんの台詞の掛け合い、間が絶妙で爆笑ものだったんですよね。あんな感じで私も書けたらなあって思いました。

それがこれ、オダギリジョーさんが出ていたライフカードのCMです。同窓会でかつて好きだったマドンナと再会。二人きりになれるかもしれない選択肢で「友情」を選ぶんですけど…。



五十嵐さんの名前が出たあたりから凄く面白いんです。

「そんなことないよ~」 「そんなこともあるの…」 「そんなことがあったの?」

同じようなセリフを少し言い方やニュアンスを変えただけで、あんなにひねりのある面白い会話になるとは!他にも、パロディっぽいところもあったりして何度見ても楽しい。ラストのオチもいいんですよね!

「それ、ちょっと後でいい!?」

うまいな。うまいな。話を作った人、凄いな。こんなコメディを書きたいなあと思いました。



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

===内容===
一学期の終業式の日に抜き打ちテストをうけることになった中学生のシュウ(男)はテスト中に奇妙な違和感を覚える。その後、親友ハルの恋愛相談にのることになったが、ハルの好きな女の子をシュウは知らなかった。同じクラスの子なのに、顔も知らない。名前も思い出せない。記憶にないのは単なる自分の度忘れか、影の薄い女子なのかと思う彼だったが…。(長編/SF/青春)

===目次===
こちらの物語は、アルファポリス様で公開中です。(上のバナーからもいけます)
アルファポリス『未完成のSF小説(仮)』
http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/618051536/

※ 「1001夜ショートショート」用に修正、抜き出した物語あり
【第46夜】 半分フィクション 
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
【第47夜】  俺様路線テスト 
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
【第38夜】  兄の帰省
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
【第35夜】 SF小説を書こう!  
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
もしかしたら、このへんもかじってるのかな?
【第27夜】 夜を駆ける
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
【第121夜】 パラレルサイン
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=

ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

タイムスリップ/リープ
★ 三部けい 『 僕だけがいない街 』
★ 高橋留美子 『 炎トリッパー 』
★ 高野苺 『 orange-オレンジ- 』
★ 紺野りさ 『 明日の3600秒 』 『 バイバイregret 』

★ 高畑京一郎 『 タイム・リープ あしたはきのう 』
★ 法条遥 『リライト』 『リビジョン』『リアクト』『リライブ』

★ 洋画 『 バックトゥザフューチャー 』
★ 洋画 『 バタフライ・エフェクト 』
★ 洋画 『 オーロラの彼方に 』
★ 洋画 『 きみがぼくを見つけた日 』
★ 洋画 『 イルマーレ 』

★ 邦画 『 サマータイムマシン・ブルース 』
★ 邦画 『 Returner リターナー 』
★ 邦画 『 時をかける少女 』(アニメ)
★ 邦画 『 ドラえもん 魔界大冒険 』(アニメ)
★ 邦画 『 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 』(アニメ)
★ 邦画 『 時空の旅人 』(アニメ)

★ アニメ 『 STEINS;GATE 』

★ ドラマ 『 JIN-仁- 』
★ ドラマ 『 素敵な選TAXI 』
★ ドラマ 『 神はサイコロを振らない 』
★ ドラマ 『 漂流教室 』
★ ドラマ 『 世にも奇妙な物語 過去からの日記 』

ループ
★ 北村薫 『 ターン 』
★ 桜坂洋 『 All You Need Is Kill 』
★ 恩田陸 『 春よ、こい 』


きいてた音楽
★ ASIAN KUNG-FU GENERATION 『 Re:Re: 』
https://www.youtube.com/watch?v=wrxTxGc-YbU
★ ?『 タイムマシン 』
https://www.youtube.com/watch?v=IF4rq-Zn05I
★ Suneohair 『 Skirt 』
https://www.youtube.com/watch?v=NQVfP1LePiI
★ Spitz 『 夜を駆ける 』
https://www.youtube.com/watch?v=38BgQRQF4N8
★ LAMA 『 Parallel Sign 』
https://www.youtube.com/watch?v=_wLT9MXCtJU
★ Supercar 『 Summer Tune 』
http://www.youtube.com/watch?v=FJD4TwU7V9g
★ Oasis 『 Stop Crying Your Heart Out 』
https://www.youtube.com/watch?v=dhZUsNJ-LQU


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

おススメ作品紹介です。

今回は、アニメ『僕だけがいない街』です。

アニメ『僕だけがいない街』公式サイト
http://bokumachi-anime.com/


PV 第1弾告知CM
https://www.youtube.com/watch?v=ZDqeCyUwnO8
アニメ「僕だけがいない街」/第一話~第六話ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=dhnaU9DaqPQ
僕だけがいない街アニメ化決定【MAD】
https://www.youtube.com/watch?v=IF4rq-Zn05I

僕だけがいない街 op full - ASIAN KUNG-FU GENERATION 「Re:Re:」
https://www.youtube.com/watch?v=wrxTxGc-YbU
OPもいいんですよ。アジカンって青春×SFモノにあっている気がする。

本編
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00560/v12718/v1000000000000007819/?bplay=1

売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというもの。ある日、ピザの配達中に交通事故をめぐるリバイバルを経験した悟は、事故の被害は減らせたが自身は負傷し、二日間入院することになる。これを機会に、ピザ屋で一緒にアルバイトをしていた愛梨と親しくなり、また事故の知らせを受けて上京した母親・佐知子とアパートで暮らし始めるが…。(wikipediaより)

私はリアルタイムでドラマやアニメを見ることがあまりないのですが、(完結してから一気に観たい派)でも、このアニメ「僕だけがいない街」は評価がかなり高く、青春×SF×ミステリーというのも気になって見てしまいました。(ちなみに、漫画は未読)そしたら、続きが気になって気になって仕方がない!何なんですか、この怒涛のストーリー展開は!毎回いつもいいところで終わる。実に見事なヒキなんですよ。終わり方が秀逸って素敵ですが、ある意味…拷問ですから。ヤバイ。漫画購入決定だな、こりゃ。

SFの中でも私はとりわけ時間モノ(タイムスリップ/リープ)に弱いのですが、これはまさにそれ。18年以上も前に起こった誘拐殺人事件が未だに解決しておらず、真犯人の手により、主人公の母親(元報道記者)が殺されてしまいます。この時、第一発見者の主人公が犯人にされてしまうんです。ところが、逃亡中にリバイバル現象(タイムスリップ/リープ)が起き、気づけば主人公は18年前にいました、小学生の頃の姿で。ここで誘拐殺人事件が起きなければ、母親が殺されることもない。主人公は事件を未然に防ごうと奮闘しますが…。

過去を変えたいというのは誰にでもある願望かもしれません。私も変えたい過去があります。学生時代に亡くなってしまった仲間を救いたいと思う。物語の中で、誘拐殺人事件に巻き込まれた友人を救うことができず、責任を感じていた主人公に母親が「思い上がりじゃない?」と諭す場面があります。本当にそうかもしれません。そう考えると、タイムスリップ/リープっていうのも思い上がりから生まれた概念なのかな。

この作品を見て、自分の書きかけの長編SFを思い出しました。少年たちの夏の物語。未来から来た少女との出会いと別れ。初恋とは言い難いような青春×SF。その続きをちょっと書きたくなりました。思い上がりは別に悪いことじゃない(人前に出すと見苦しいと言うだけで)。たぶん私はそれを原動力にして物語を書いてるんだと思うんです。



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

みなさん、いつもご訪問ありがとうございます!

語りべのrurubu1001です。

私は2年半くらい前から物語ブログを始めたのですが、毎年個人的にお気に入りの小説ブログ様に自分て作った賞を勝手におくりたいと思いまして、こんな賞を作ってしまいました。名付けて…!

★☆自分的小説ブログ大賞☆★

生意気にすみません。賞品なんてありませんが…(苦笑)。

ちなみに、過去の受賞者・受賞作はこちら!

≫≫ Back Number
第1回 自分的小説ブログ大賞 (2013)  けい『夢叶』 
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-116.html
第2回 自分的小説ブログ大賞 (2014)  河上朔『wonder wonderful』
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-183.html
第3回 自分的小説ブログ大賞 (2015)  梅谷百『キミノ名ヲ。』
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-381.html

超個人的な賞を快く受け取ってくれた受賞者様に、ただただ感謝です><。


しかし、まだまだ他にも素敵な小説ブログはわんさかあります!

そこで気が早いのですが、早速今年版の準備をして行こうと思っていまして、ここにその候補作を見つけ次第、勝手に更新&紹介させて頂こうかと思っています。最終的に年末、こちらでUPした候補作の中から、今年の大賞を選ぶ予定です。(惜しくも大賞を逃した作品は、来年度の候補作品としてそのまま残ります)

良ければみなさんも、ちょくちょくこちら覗いてみて下さいね☆
読むものをお探しの方のソムリエ的な役割ができたら嬉しいです。

候補作のブログ様で「気持ちは嬉しいけど、自分は遠慮したいかも…」という方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければ削除いたしますので、気にせず、言って下さいね^^


★ 第4回 自分的小説ブログ大賞 (2016)候補作一覧 ★

①お名前  :松原きのこ さん
 ブログ名 :『なついてくれてサンキューな』(休止中?)
 ブロアド :http://neboushitaze.blog.fc2.com/
 小説名  :『はぐれ者のおっさん』(短編小説)
 第1話  :http://neboushitaze.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
  選 評 :私が文部科学的な何か or 学校の先生だったら、夏休みの課題図書に推薦したいです☆

②お名前  :lime さん
 ブログ名 :『 小説ブログ「DOOR」 』
 ブロアド :http://yoyolime.blog83.fc2.com/
 小説名1 :『凍える星』(中編小説)
あらすじ  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-669.html
 第1話  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-671.html
  選 評 :小説ブログってこんなにレベルが高いんだ!私的「このミステリーがすごい!」作品☆
 小説名2 :『KEEP OUT』シリーズ(長編小説)
あらすじ  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-304.html
 第1話  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-305.html
  選 評 :人間の禁域に触れる時、人は目をそむけたくても、それができず、目が離せなくなる…!lime さん、あなたはなんと恐ろしい(もちろん、いい意味!)ストーリーテラーなんですか!
 小説名3 :『モザイクの月』(中編小説)
あらすじ  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-813.html
 第1話  :http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-814.html
  選 評 :どこか心に仄暗さを抱えた学生3人と彼らに絡んでくる決してきれいではない大人たち。登場人物の心情描写や行動が徐々に絡み合い、生まれてしまう悲劇とは…?待ち受ける怒涛の後半展開に息をのむサスペンス小説。

③お名前  :大海彩洋さん
 ブログ名 :『 コーヒーにスプーン一杯のミステリーを 』
 ブロアド :http://oomisayo.blog.fc2.com/
 小説名1 :『清明の雪』(長編小説/ミステリー)
あらすじ  :http://oomisayo.blog.fc2.com/blog-category-1.html#%E3%80%90%E6%B8%85%E6%98%8E%E3%81%AE%E9%9B%AA%E3%80%91%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98
 第1話  :http://oomisayo.blog.fc2.com/blog-category-1.html#%E2%9D%841%E3%80%80%E5%8F%A4%E3%81%84%E5%AF%BA%E3%80%80%E9%BE%8D%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BA%95%E3%80%80%E5%B9%BD%E9%9C%8A%E3%81%AE%E6%8E%9B%E8%BB%B8%20
  選 評 :このミステリーの一番の謎はブログ小説なのに紙の香りがすることかもしれない!書籍化希望☆
 小説名2 :『天の川で恋をして』(短編小説/恋愛)
 第1話  :http://oomisayo.blog.fc2.com/blog-category-16.html
  選 評 :長編ミステリーを得意とする大海さんが短編×恋愛モノ!?と聞いたら、飛びつかないわけにはいかない。読んだ感想はもうこの一言しかありませんでした。「お見事!!」

④お名前  :ヒロハルさん
 ブログ名 :『 三流自作小説劇場 』(休止中?)
 ブロアド :http://hiroharukohno.blog65.fc2.com/
 小説名  :『それでも私を愛してくれますか』(長編小説/SF)
あらすじ  :http://hiroharukohno.blog65.fc2.com/blog-entry-674.html
 第1話  :http://hiroharukohno.blog65.fc2.com/blog-entry-675.html
  選 評 :衝撃のラストに、あなたは『それでも私を愛してくれますか』。SF×恋愛小説の切なさがここに!!

⑤お名前  :ぐりーんすぷらうとさん
 ブログ名 :『修羅の門・刻 夢小説』
 ブロアド :http://hujoshiiroiro.blog.fc2.com/
 小説名  :『limeさんの絵につけた超SSS』(ショートショート)
 作品アド :http://hujoshiiroiro.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
  選 評 :普段は夢小説を書かれているぐりさんが②でご紹介したlimeさんと物語×絵コラボ。熱望してたオリジナル作品も期待を裏切りません!

⑥お名前  :葉嶋ナノハさん
 ブログ名 :『はななぬか』
 ブロアド :http://hanananuka.sakura.ne.jp/index.html
あらすじ一覧 :http://hanananuka.sakura.ne.jp/syousetu-okiba.html
 小説名1 :『椅子カフェ堂』(長編小説/恋愛)
 第1話  :http://hanananuka.sakura.ne.jp/0isucafedou-top.html
  選 評 :美味しい物語展開。満腹感の味わえる文章力。嬉しい番外編は別腹でまだまだいける!椅子カフェ堂に恋をしたのは作中のお客さんだけではありません。一読者の私もです!
小説名2 :『ななおさん』(中編小説/恋愛)
第1話  :http://hanananuka.sakura.ne.jp/0nanaosan-top.html
選 評 :和菓子屋を営む壮介さんのもとに嫁いだ、ななおさん。わけあり『和』カップルの織り成す日常が優しい雰囲気で描かれています。これを読むと、いざ鎌倉着物デートしたくなります!なんと『ななおさん』は、アルファポリス様より書籍化!その関係で、現在冒頭数話と番外編のみUP。

⑦お名前  :空野みちさん
 ブログ名 :小説家になろう 『 空野みちさんのマイページ 』
 ブロアド :http://mypage.syosetu.com/25780/
あらすじ一覧 :http://ncode.syosetu.com/n5126g/
 小説名 :『 夏目さんと私』 (長編小説/恋愛)
 第1話  :http://ncode.syosetu.com/n5126g/1/
選 評 :登場人物が魅力的で名前も素敵!森見登美彦さん(より個人的に好き!)を彷彿させる『和』感覚で小粋な文章。丁寧に紡がれる物語に、ただただ、続きが待ち遠しい。なんていいところで~、くうっ!!

⑧お名前  :小池安雲(agumo)さん
 ブログ名 :『小説カラスト』(休止中?)
 ブロアド :http://karasuto.x.fc2.com/index.html
 小説名1 :『フレイム・イン』(長編小説/恋愛)
あらすじ:http://karasuto.x.fc2.com/framein/top.html
 第1話  :http://karasuto.x.fc2.com/framein/00.html
  選 評 :行動派で頑張り屋の秘書課OLが主人公。彼女の意中の人がデキる男でまた素敵。オフィスラブものってあまり興味がなかったのですが、安雲さんの描く物語はオフィスラブ+aって感じで面白い!個人的にドラマ化向きだと思うんですけど、どうでしょうテレビ局さん。
小説名2 :『ブーメラン・ラブ』(長編小説/恋愛)
あらすじ:http://karasuto.x.fc2.com/boomerang/top.html
第1話  :http://karasuto.x.fc2.com/boomerang/1.html
選 評 :「フレイム・イン」で登場していた華英先輩が主人公。(話の時系列的にはこちらが先かな)彼女の社交術、学びたいです。でも、完璧女子じゃなくて恋愛下手なかわいい一面もあっていい。私の新たな憧れの名ヒロインになってくれました。

⑨お名前  :けいさん
 ブログ名 :『憩』
 ブロアド :http://meuniverse.blog10.fc2.com/
 小説名  :『セカンドチャンス』(中編小説/青春)
あらすじ:http://meuniverse.blog10.fc2.com/blog-entry-274.html
 第1話  :http://meuniverse.blog10.fc2.com/blog-entry-275.html
  選 評 :突如謎の青年に誘拐されてしまった新社会人(代議士事務所勤め)の主人公・策。彼は誘拐犯と奇妙な逃避行?を通じて、自分の中のセカンドチャンスと向き合うことになる…。誘拐から生まれる友情が誰かの過去の傷を癒すかもしれない。第1回分的小説ブログ大賞受賞作『夢叶』のスピンオフですが、これだけでも充分楽しめますよ!



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □ 

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

===================================== 
↓↓【第301夜】 嵐を呼ぶ女  ジャンル:歴史 2016/01/31 23:30UP↓↓
=====================================



私は嵐を呼ぶ女だ。

    *

電話のベルが鳴り響く。またかと思った。耳障りな事をこの上ない。いい加減、家の電話線を抜いてしまおうかとも考えたが、そうもいかない。担当編集者とのやりとりもある。

「ノガミさん、お願い!」

声を張り上げて、秘書の名前を呼んだ。次に、またかと思ったのはきっとノガミさんの方だろう。彼女は大きな溜息を吐きながら受話器を取った。電話越しの相手に自分の姿が見えるわけない。それなのに、ノガミさんはひたすら頭を下げている。その様子は会社の上司の尻拭いをする羽目になった憐れな部下のようだ。

「先生、私はいつまで謝り続ければいいんでしょうか?」

同じ電話主の苦情を何度も聞かされ、ノガミさんはうんざりとした面持ちで受話器を置いた。

「…今、書いてる小説が終わる迄(まで)…かしら…?」

優秀な秘書は私が今、何処まで書き上げているか進行具合も充分に把握している。私は苦い笑いを漏らした。彼女の溜息も大きくなる一方だ。

「ねえ、ノガミさん。別に電話主にはっきり云ってくれてもいいのよ?『こっちはあんたの伝記を書いてるんじゃない。小説を書いてるんだ!』って」
「先生は、火に油を注ぐ気ですか!?」
「あはは、そうねえ。火事になりそう。さすが私、嵐だけに止まらず、火事まで引き起こすか」
「何、わけがわからない事を云ってるんです。私、電話主…Nさんの云い分もわかるんですよ。ただでさえ、先生の書く小説は徹底した取材で有名なんですから。先生の書いたものを鵜呑みにする読者だって大勢いるんです。良い意味でも悪い意味でも、先生の作品って影響力が大きいんですよね」
「…そう云われても」

一応フィクションの明記はしている。それに、小説の感じ方は読者の自由だ。

「登場人物のモデルになっているNさん本人にしてみれば、文句の一つも云いたくなりますよ」

私が今、書いている小説はある文芸誌で月刊連載をしている。内容は戦後、沖縄の本土復帰。領土返還の際にあったとされる日米間の密約。それを追う新聞記者の物語だ。モデルとなった新聞記者は外務省の女性事務官と関係を持ち、密約の証拠となる機密文書を手に入れた。その二人の関係を赤裸々に描写したので、新聞記者のモデルとなった人物にしてみれば面白くないのだろう。怒りが収まらず、毎日のように抗議の電話をしてくるのだ。ノガミさんは頭を抱えていた。

「先生はさっき『こっちはあんたの伝記を書いてるんじゃない』とか色々云ってましたが…」
「え?」
「それ…云うなら自分の口でNさんに伝えて下さいね!」

これ以上、巻き込まれるのはご免だと云いたげに彼女は私を睨みつけた。私の目が泳いだ。

「…まさか、先生…」

ノガミさんの顔が、さっと青くなる。私は頭をかいて白状した。

「その、まさか。もう、とっくに云っちゃたのよねえ」
「えー、本当に云っちゃったんですか!?」

小説を書いている時は内にエネルギーを根こそぎとられるから、外で闘う気力があまりない。今ここで余計な力をとられたくない。さっさと逃げるが吉だ。私は彼女の前で手を合わせた。

「ごめん、ノガミさん。でも、云っちゃたものは…仕方ないわよねえ?」

唖然とする彼女を残して、私は「さて」と気持ちを切り換え、執筆に戻る事にした。

「もう、先生は嵐を起こすだけ起こして!」

最初は清楚で大人しかった彼女も今ではしっかり私に物云う秘書になってくれた。随分と逞しくなったものだ。私に向かって「嵐の後の掃除って、大変なんですからね!」と嫌味まじりの台詞も平気で吐けるようになった。なんというか、可愛い気がなくなってしまった。

「あら、体力と根性がついていいじゃないの?」

去り際、彼女の台詞を一笑に付す。そんな私も可愛い気がない事この上ない。

「やれやれ」

私が小説家になって、四十年近く経とうとしていた。


    *


『 私は凪よりも嵐を呼ぶ女だ。真正面から偽りなく彼とぶつかりたい。これほど迄に彼を愛しているのに、それを信じて貰えないほど恐ろしい苦しい事はない 』


私の青春時代は思い出しても、戦争と云う悍ましい色であっさり塗り潰されてしまう。敵機来襲の警報、逃げ惑う人々、飛び込んだ防空壕は息苦しく、湧き上がる敵愾心に何度も唇を噛んだ。煙の燻った焦土からは人間の焼けた嫌な匂いがした。

「…僕の処(ところ)にも赤紙が来たよ」

それでも愛する人がいた私は幸せだったのだろうか。涙を堪えながら彼を見送り、その後、二度と会う事ができなかったとしても。あの夏の暑い日、終戦を告げる玉音放送を聞いて、私はただ呆然としていた。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」と云われても、これ以上一体どう耐えろと云うのだろう。どう忍べばいいと云うのだろう、と。

あの戦争は、一体何だったのだろうか?

私が小説家になったのは戦争の無残さや惨状、絶対いけないものだという事を命を懸けて伝えたかったからではないだろうか。人類の不幸は戦争から始まるという事を後世にきちんと残さなくてはならない。その使命感に燃える事で、終戦後、無気力になっていた自分を奮い立たせた。

…でも、本当の処はよくわからない。

もしかしたら、私は戦争を生き延びた者の後ろめたさから小説家になったのかもしれない。たまたま新聞社という処にいて、目の前に身を守れるペンがあった。それを握り、反戦を叫ぶ事で、己の生きる意味や価値を見出し、ただ自分の生(せい)を正当化したかったのではないか―。


    *


「最初、先生にこの小説のタイトルを聞いた時は驚きました。今迄にないロマンティックなものでしたから」

沖縄の話は、ずっと書きたいと思っていた。でも、書けずにいた。本土の者として、戦中から戦後にかけて沖縄の犠牲は恥と悔いしかない。一体どれほどの日本人が沖縄の終戦日を云うことができるのだろうか。

「私にだって可愛げがあるの」

私がそう云うと、ノガミさんは吹き出した。失礼な事この上ない。ひとしきり笑うと、彼女は息を整え、私に向き直った。

「でも、小説を読んでみてわかりました。先生のこれ迄の作品と同じで、私たちに問いかけるタイトルなんだなって」
「そう?」

私は人々に問いかけて来れたのだろうか。老体を鞭打って絞り出した声は、小説という形となって人々の心に届いたのだろうか。

「三流小説以下だなんて云って悪かった」

N氏の最後の電話は抗議ではなく、賞賛だった。最終的には「権力・社会・人間の相関関係を抉り出す姿は作家の真骨頂であり、常に崇高な問題を提起して、大衆に浸透させる。それは至芸だ」と褒めてくれた。でも、私が本当に嬉しかったのはその言葉ではなかった。一番嬉しかったのは彼が再び沖縄と向き合い、ペンを握ろうとしている事だった。

日米間の密約を暴いたN氏は国家権力に対峙し、社会的生命を失う。新聞社を辞め、地元に帰り、実家の青果店で静かに暮らすことを望んだ。でも、沖縄への強い思い、記者魂を捨て去ることはできなかったのだろう。私の小説が彼の心にどのように響いたのか、本当の処はよくわからない。私はただ小説のラストに自分の思い描く理想を託しただけだ。

誰もが自分らしく、人間らしく、生きられるように―。


    *


「…全く、とんだ嵐でしたよ」

無事に小説を書き終える事ができてほっとしていると、ノガミさんがお茶を淹れてくれた。どうやらカフェイン抜きの物を選んでくれたようだ。その事に少し彼女の優しさを感じる。

「あなたも可愛いげがあるじゃない」

一人こっそり微笑んだ。

「え、何か云いました?」

私は首を横に振った。共にお茶を飲みながら、穏やかな時間を過ごす。私が小説を書くのも、体力的に考えて今回の沖縄の話で最後だと思っていた。

「嵐がようやく終わったのね。そろそろ青空を見たいわ」

ゆっくり休む時間が欲しい。自分にも、そういう事が許されても良いのではないだろうか。度々、全身が原因不明の痺れに襲われるようになっていた。歩けなくなる事よりも、書けなくなる事の方が恐いと思うのは物書きの性(さが)だろうか。

「何を云ってるんですか!?」

ノガミさんがテーブルを強く叩いた。

「先生はちゃんと嵐の後にいつも青空を見せてくれるじゃないですか、小説のラストで!」
「え?」
「それに、すぐ次の嵐を呼ぶくせに!私、もう肝を据えたんですよ!先生、どうせ嵐を呼ぶなら、その後は前よりも、もっと凄い青空をお願いします。次は、もっともっと凄い青空を。その次はもっともっともっと凄いものを。一緒に沢山見ましょう。約束して下さい!」
「ノ、ノガミさん…?」
「ねえ、先生なら小説でそれができるでしょう?」

彼女の気迫に押され、私はうっかり頷いてしまった。ノガミさんはにんまりと笑っている。

「やれやれ」

自分の事がよくわからなかった私だが、目の前にそんな私を私以上にわかってくれている人がいる。それだけで、またペンを握る事ができるような気がした。私は単純で、とても幸せな人間なのかもしれない。

「…実は気になっている事があるのよ。太平洋戦争で最初の捕虜になった日本人なんだけど、彼は真珠湾攻撃で…」

私が小説の構想を打ち明けると、彼女は大きな溜息を吐いた。

「ほら、次の嵐が待ってたんじゃないですか。もう出し惜しみして、私に恥ずかしいことを言わせて人が悪い。先生ってやっぱり可愛げがないんだから!」

私たちは声を上げて笑った。新たな嵐はすぐ其処(そこ)にある。私は覚悟を決め、約束の待つ大海に舟を出した。




=====================================
引用文献(文中)
・山崎豊子「二十一歳の日記」
=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 「NHKスペシャル作家 山崎豊子~戦争と人間を見つめて~」
★ 「クローズアップ現代 小説に命を刻んだ 〜山崎豊子 最期の日々〜」
★ 「BS世界のドキュメンタリー 沖縄返還と密約」
★ Cocco「ニライカナイ 琉球國祭り太鼓振り付け全編バージョン」

2016年、初めて書いた物語になります。「書きたい」という気持ちだけで空回った感が否めませんが、今年もよろしくお願いいたします。ショートショートや短編は久しぶりでしたね。長距離走より短距離走が好きな私には長編よりこちらの方がやっぱり性に合っているのかもしれません。さくっと終われるしな。

物語の主人公のモデルは作家の山崎豊子さん。彼女の小説「運命の人」から遺作になってしまった「約束の海」までの話。でも、登場人物たちの言動、性格などは虚構です。私の物語は半分フィクション感覚で楽しんで下さると嬉しいです。


① 「NHKスペシャル作家 山崎豊子~戦争と人間を見つめて~」
http://www.dailymotion.com/video/x37x1s2
読者に影響を与える作家は多いかもしれませんが、作中の登場人物、そのモデルとなった人にまで影響を与え、生き方を変えた作家はそうはいないんじゃないでしょうか。初めてドキュメンタリーを見て泣きました。これをみて今回、山崎さんの物語を書きたいと思いました。

② 「クローズアップ現代 小説に命を刻んだ 〜山崎豊子 最期の日々〜」
http://www.dailymotion.com/video/x17fneh_%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E8%B1%8A%E5%AD%90-%E6%9C%80%E6%9C%9F%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%85_creation
他にも山崎さんの特集していた番組はないか探しました。NHKスペシャルが仲代達矢さん、クローズアップが上川隆也さんが語り手。「大地の子」コンビはズルい!涙腺がヤバいです。それはさておき、山崎さんの担当秘書さんや編集さんのお話も聞けて良かった。

③ 「BS世界のドキュメンタリー 沖縄返還と密約」
https://www.youtube.com/watch?v=ArKC_kla2A8
沖縄密約について私はきちんと知らなくて「勉強しなくちゃ今回の物語を書いちゃいけないよね」と思い、調べて出会った番組。そのわりには密約に関してあまり物語で掘り下げることができなかったので、別の機会で書けたらと思います。日本国憲法草案や沖縄密約に関わった策略家リチャード・フィンさんについて書きたいです、いつか!

④ Cocco「ニライカナイ 琉球國祭り太鼓振り付け全編バージョン」
https://www.youtube.com/watch?v=PFqxf8xsjcc
「運命の人」は沖縄の話。なので、沖縄出身のシンガーの歌を聞きながら物語を書こうと思いました。すると、沖縄を思って歌うCoccoに出会いました。PVの琉球國祭り太鼓、はじめてみました。あら、ヤダ。カッコいい!


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

みなさま、いつもご訪問ありがとうございます!

語りべのrurubu1001です。

おかげさまで、物語ブログをはじめて2年半?くらい経ちました。2015年もたくさんのご訪問、拍手、コメント等、本当にありがとうございました。(自分の物語UPでいっぱいいっぱいで、あまりこちらから訪問ができず、コメントも残せず、申し訳ありません)

そんな数少ない訪問の中で、毎年個人的にお気に入りのブログ様に自分で作った賞を勝手におくってしまう自分的小説ブログ大賞の発表です。(賞品なんてありませんが…。生意気にすみません。良ければご紹介をさせて下さい)

第3回 自分的小説ブログ大賞 (2015)候補作一覧
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

今年も本当に悩みましたよ…。悩んで悩んで決められないのもダメだと思い、候補作品の中から心を鬼?にして選びましたよ!

心の準備はいいでしょうか…?

それでは、発表します!!

(良ければ、脳内でドラムロールのご準備を♪)

2013年は、けいさんの『夢叶』(長編/青春小説)!
2014年は、河上朔さんの『wonder wonderful』(長編/ファンタジー小説)!

そして2015年、『 第3回 自分的小説ブログ大賞 』はっっ!!

(ドラムロール♪ + じゃじゃーん!!(←古))

梅谷百さんの携帯小説ブログ『魔法のiらんど』で完結済の歴史小説『キミノ名ヲ。』です!!!

おめでとうございます~!!

梅谷百さんの『キミノ名ヲ。』は携帯小説として人気&話題となり、出版社の目にとまって、すでに書籍化もされています。書籍化作品は外すべきか悩んだのですが、自分的小説ブログ大賞では、ネットで全話読めればよし!ということで!!

この作品についての私の感想はこちら
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

ぜひみなさま、梅谷百さんの『キミノ名ヲ。』ご一読を~^^

↓↓ 詳細はこちら ↓↓

  お名前  :梅谷百さん
 ブログ名 :魔法のiらんど『梅谷 百.さんの作品一覧』
 ブロアド :http://s.maho.jp/book/3b0ae2dbb66d9869/
 小説名  :『キミノ名ヲ。』/(長編小説/歴史)
あらすじ  :現代から鎌倉時代末期にタイムスリップした姉弟。姉は護良親王、弟は足利高氏の元に辿りつき、やがて敵同士となってしまう…。
 序章   :http://s.maho.jp/book/3b0ae2dbb66d9869/6960493028/
 第1話  :http://s.maho.jp/book/3b0ae2dbb66d9869/6960493028/1/
書籍情報  :http://bunko.maho.jp/newseries/978-4-04-868707-2/


今回は、梅谷百さんの『キミノ名ヲ。』でしたが、他にも素敵な小説ブログはわんさかあります!(今回惜しくも大賞を逃した作品は来年度の候補作品として、そのまま残りますのでご安心下さい!今回選ぶことができず、本当に本当に、すみません。><!!)

これからも、みなさまのブログにぜひお邪魔させて下さい。

良ければ、今後も『1001夜ショートショート』をどうぞよろしくお願いします!


≫≫ Back Number
第1回 自分的小説ブログ大賞 (2013) けい『夢叶』
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-116.html
第2回 自分的小説ブログ大賞 (2014) 河上朔『wonder wonderful』
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-183.html




□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

=お知らせ=
最終更新
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

===================================== 
↓↓SFは苦手なジャンルだったのに…?↓↓
=====================================

物語の更新が滞っております。申し訳ありません。だいたい私の更新が止まっている時の理由として、考えられるのは…

・他作品にハマり、読書(視聴)中。
・単に、PC環境から離れている。

の2つだと思われます。ちなみに今は「他作品にハマり、読書(視聴)中」の方です。ここ最近ハマっていたのが、田中芳樹さんの「銀河英雄伝説」。そのTVアニメ版です。

★田中芳樹「銀河英雄伝説」 (これがいいPV映像になっています)
http://nicotter.net/watch/sm15377331

「銀河英雄伝説」は未来の宇宙で繰り広げられるSF×戦争モノです。本当は小説を読みたいところなのですが、時間がもったいなくてPC画面の半分をアニメ動画を立ち上げながら、もう半分で自分の物語を書いていたんです。でも、いつの間にか物語を書く手が止まって動画に釘付けに…!

私はそもそもSFは苦手ジャンルなので(私は頭が悪く、難解な設定にすぐついていけなくなるので)すが、これは大河ドラマを見ているような壮大さあり、様々な登場人物がみせる人間ドラマあり、戦争や政治について色々考えさせられたり、その中で飛び交う軍略?知略?策謀?があったりで面白い!たぶん中国の三国志とか日本の戦国時代とか、好きな方はハマるのではないでしょうか?私はこれを見て初めて「戦略と戦術は違う」ことを学びました(てっきり同じだと思っていました…)。物語中の「バーミリオン星域会戦」というのはそれのいい例で、とても興味深いものでした。あんなに見事に書くことは私にはきっとできないけれど、短編でいいからぜひ一度「戦術では勝っていたのに、戦略で負けた」というような物語を書きたい。名軍師(私の場合、迷軍師になりそうですが…)が出てきて活躍する物語を!何気に自分自身にリクエスト中です。…う~む、書きたいものは増えるばかり。

「銀河英雄伝説」の登場人物の中で、私は特にヤン・ファミリーが好きでした。色々と笑わせてくれて面白いんですよ。民主主義国家側の主人公ヤンは名軍師なのに、さっぱり欲がなく、「早く退役して年金生活を送りたい…」が口癖です。そんな彼を慕って、たくさんの人々が集まってくる。それがヤン・ファミリーと呼ばれる人たちです。ようやくアニメ分を見終わり(本編110話と外伝52話ってすごい…)、あとはアニメ化されなかった分の小説「ユリアン・ミンツのイゼルローン日記」を読めば、ようやく終わりますっ!長かった!ああ、長かったさ…!でも、名作と言われているのがとてもよくわかります。(こんなに長いアニメを見たのは浦沢直樹さんの「モンスター」以来でした)

名言の多い「銀河英雄伝説」ですが、私は中でも「それがどうした!」に笑ってしまいました。ヤン・ファミリーの誰かが言ってた台詞でどんな相手でも黙らすことのできる宇宙最強の言葉だそう。机をバンッと叩きながら言うと、より効果的。嫌われそうだけど、ちょっと言ってみたい!

=====================================

さて、すぐに「ユリアン~」に行くのももったいなくて、気分転換に違うSFモノを読もうと手を付けたのが、法条遥さんの青春×SF(タイムトラベル/リープなど)の4部作小説です。

★ 法条遥「リライト/リビジョン/リアクト/リライブ」(4部作) 
煽り文句がまず凄いんですよ!「未来へ跳んだ夏、過去を変えた秋、時に挑んだ冬。すべては君の、完璧な春のために―。SF史上最悪のパラドックスを描く!」ここで今、無料で1作目「リライト」が途中まで読めます!
法条遥「リライト」【期間限定:超拡大お試し版】(無料)
http://booklive.jp/product/index/title_id/314361/vol_no/001
内容:1992年夏、未来から来たという保彦と出会った中学2年の美雪は、旧校舎崩壊事故から彼を救うため10年後へ跳んだ。2002年夏、作家となった美雪はその経験を元に小説を上梓する。彼と過ごした夏、時を超える薬、突然の別れ……。しかしタイムリープ当日になっても10年前の自分は現れない。不審に思い調べるなかで、美雪は記憶と現実の違いに気づき……。

早速1作目「リライト」を読了。でも、頭の中が大混乱なんですけど!起きた出来事、登場する人物を確認するため、初めてメモを取りながら小説を読みましたよ!それなのに何なんですか、この作品!?色々な意味でぶった切られましたよ…!!確かに後味が悪くて続きが気になる物語です。各書評サイトで「物語の評価は4作を全部読んでから!」と言っているし、4作まとめて購入したからこれから全部読みますよ!読みますけれどもっっ!

SFの時間モノ(タイムトラベル/リープなど)で、とにかく一番厄介なのが「タイムパラドックス」という問題です。「タイムパラドックス」はタイムトラベル/リープなどを否定する考え方です。
「タイムパラドックス」とは何か?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8674570.html
↑ここのNo.2の方の解説がわかりやすいと思います。

私が見てきた作品はたいていこれを「パラレルワールド(平行世界/時間軸は複数存在する)」というので片付けてしまっていたのですが、この「リライト」はどうも違うようなんです。時間軸は常に1本。あえて難題にチャレンジです。どうするんだ、これ。4部作すべて読み終えてから、あとでここに感想を追記したほうがいいのかな?すべて読了後の評価は高いみたいだしな…。ぐぬぬ、本当は語りたくて語りたくてたまらないんですけど!!

自分の苦手なジャンルはSFと思っていましたが、(あ、一番苦手なのはホラーか!)案外そうでもないのかな?と最近思い始めました。むしろ私、SF好きなんじゃ!?と―。


◎ SF初心者さんやSF苦手という方には、青春×SF(タイムトラベル/リープなど)モノがおすすめ。
タイムリープ系
・「時をかける少女」(アニメ映画)
http://www.anitube.se/video/30825/Toki-wo-Kakeru-Shoujo-Filme
・高畑京一郎「タイム・リープ あしたはきのう」
CDシネマ 上巻
http://nicotter.net/watch/sm881941
CDシネマ 下巻
http://nicotter.net/watch/sm812368


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

=お知らせ=


久しぶりの更新ですが、お知らせですみません。
只今、アルファポリス様「第8回青春小説大賞」に、私の書いた「虹の消えた後」が参戦中です。

なぜ、この物語が参戦しているのかと言うと…。この物語のある登場人物が一番多く私の物語に色々登場しているからなんです。(最多出演はお前だったとは…!)なので、他の物語の紹介もできていいかなあと。


以下、物語の詳細とアドレスになります。

★虹の消えた後
内容:…幼馴染か。どこか羨ましかったのかもしれない。だから、このとき、俺から声をかけてしまったのかもしれな い。私が中学生の時に書いた初めての長編「雨と誕生日」のスピンオフ。「雨と誕生日」「空色の傘」「虹の消えた後」は、登場人物がリンクしています。*聞いてた音楽* SUPERCAR『New Young City』/ ELLEGARDEN『Lonesome』 (長編/恋愛/青春/完結)
アルファポリス様http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/212035481/

良ければ、気がむいたら上記アドレスまで「ポチッとな!」よろしくお願いいたします^^ 

(ここに「ポチッとな!」ボタンを貼れればいいのですが、アルファポリス様登録作品のため、向こうにボタンが設置されているんですよ…とほほ。アドレス先の画面左上あたりにあるかと思います。お手数おかけします)


その他、アルファポリス様にUP中の作品詳細はこちらからどうぞ~。
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html


こちら「1001夜ショートショート」の更新が滞っておりまして、申し訳ありません。書きたいショートショートもたまっております。あれも書きたい、これも書きたいのに…。今はアルファさんで連載中の長編「宮廷浪漫」を書きまくってる最中なんです…。なんとか今年中に主人公を宮廷に戻したいと思っております…(何度同じことを言ったことか…)。本当は「宮廷浪漫」のあの番外編も、この番外編も書きたいのになあ…ぐぬぬ。なので、音楽はもっぱら最近YUKIばっかり。主人公の淑玲の元気はYUKIがエネルギー源です。一度でいいから、ライブに行ってみたい。


★YUKI - キスをしようよ(最近聞いてるのはコレ)
https://www.youtube.com/watch?v=hWWDVhmxmHA
★YUKI - 坂道のメロディ(YUKIで一番好きなのはコレ。「坂道のアポロン」の主題歌でした。映像がまた素敵なんですよ。)
http://www.dailymotion.com/video/x181c22_sakamichi-no-apollon-op-vietsub_shortfilms

もちろん小玉ユキ作品も好きです!「坂道のアポロン」もいいですが、「月影べイベ」も捨てがたい。あと短編も!!アニメ「坂道のアポロン」は第1話がすごくいいんですよ!文化祭のシーンもいいと思うけど、私は1話を押したい。とかいって私は1話で出てこない淳兄が一番好きなんですけどね。
「坂道のアポロン」第1話
http://www.dailymotion.com/video/x309fj1_sakamichi-no-apollon-%E0%B8%95%E0%B8%AD%E0%B8%99%E0%B8%97-1-%E0%B8%8B-%E0%B8%9A%E0%B9%84%E0%B8%97%E0%B8%A2_shortfilms


おおっと、話がそれた。そんなこんなで「宮廷浪漫」を書くときはYUKIで気合を入れてます。なんとか今年中に②が書き終わりますように!!



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


=お知らせ=
最終更新
★2015/07/15~
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

※予約投稿の関係で長編はアルファポリス様の方が、かなり更新が早くなっています。お急ぎの方はアルファポリス様をチェックしてみて下さいね。申し訳ありません。

=====================================
    ↓↓ 書き終わらない気がしてきました…  ↓↓
=====================================

まず、お知らせです。

こちら「1001夜ショートショート」では、只今【第300夜】 までUPしておりますが、一度ここで長編の更新をストップさせて頂くことにしました。しばらくこちらではショートショートと「或るアプレ記者」シリーズのみUPさせて頂きたいと思います。引き続き、その他の長編はアルファポリス様で投稿していく予定ですので、良ければ、皆様今後長編に関しましてはアルファポリス様をご利用して頂ければと思っております。

【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

大変申し訳ありませんが、ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

というのも、アルファさんと同時進行(かなりの時差あり)で、こちらにも同じ長編をブロとも様のみ、閲覧できる形でUPしていたのですが、今の段階でまだUPしていない話数がけっこうありましてね…、計算してみたら、120話↑くらいあるんです。いくら1話分の文字数を少なめに書いていたとはいえ、「ちょっと多すぎ!」になってしまいました。だって、今の時点で計算すると【第300夜】 +120=【第420夜】くらいまであるってことですよ…?このままでは長編のせいで、1001夜が一気に埋まってしまいます。「1001夜ショートショート」ではなく、「1001夜ショートショート…?」になってしまう…。

それを懸念(?)しまして、しばらくこちらで長編の更新をストップさせて頂くことにしました。身勝手で本当にごめんなさい。特にこちらで閲覧して頂いていたブロとも様には、申し訳なく思っております!

アルファポリス様で投稿中の長編作品はお気入り登録機能というのがあるそうで、そちらに私の物語を登録して頂ければ、更新した際は「新着のお知らせ」が届くようになるかと思います。「更新チェック、なんだか面倒だなあ」という方には、こちらの機能が便利かと思いますのでご利用してみて下さいね。


さて、9月に一気に色々な長編をUPしていたのですが、なんだか途方にくれてしまいました。たぶん、このままじゃ物語全部書き終わらない気がしてきました…。

昔、読んだ恩田陸さんの小説で「上と外」というのがあるのですが、確かそこに出てくるおじいちゃんの台詞で「人生何もしないやつにとっては長いものだが、何かをしようとしているやつにとっては短すぎるんだよ」みたいなことを言っていて、読んだと当時は「そうなんだ!?カッコいいな、おじいちゃん!」と思っていましたが、確かに今、私も思いましたよ。ヘンテコな物語を書き綴っている私ですが、おこがましくもそう思ってしまいました。「確かに短いかもしれないよ、おじいちゃん。このままじゃ全部書き終わらないよ…」

まあ、途方に暮れていても仕方ありません。そんな途方に暮れている時間こそ、もったいない。

しばらく長編(主に「宮廷浪漫」&「或るアプレ記者~」)を一気に書いて行きたいと思っております。息抜きでショートショートやそれ以外も書いて行けたらいいなあ、と。相変わらずのマイペース更新で大変申し訳ありませんが、今後ともよろしくお付き合い下さいませ。

それと、みなさまのブログご訪問できず、本当にごめんなさい!近いうちに必ずや…!!




□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
=お知らせ=
最終更新
★2015/07/15~
毎夜新着記事を予約投稿中(24:00更新/TOP記事下)です。主に長編の続きを一気に書いていく予定ですので、よろしくお願いいたします。スピード量産型更新なので、色々とお見苦しい点も多々あるかと思いますが、諸事情により書くことを優先させて頂くことに。申し訳ありません。後で誤字脱字等、色々訂正させて下さい。

★2015/07/15~
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

※予約投稿の関係で長編はアルファポリス様の方が、かなり更新が早くなっています。お急ぎの方はアルファポリス様をチェックしてみて下さいね。申し訳ありません。

=====================================
    ↓↓ 幽玄躰(R18)と真言立川流(物語と宗教タブー) ↓↓
=====================================

最近、自分の書く物語の傾向に宗教タブーというのがあるような気がして、ちょっと今回はその話題を。(人によっては不快に感じられると思うので、そう言う方は申し訳ありませんが、華麗に避けて下さいませ)

ちょっと前から幽玄躰の続編化を始めたのですが、私にしては珍しいR18の物語なんです。これというのも元になったショートショートがあって、それが少し艶めかしい(?)描写があり、話を広げるとしたら単純にそこが広がってしまっただけだと思うんですけど、自分でも一番書かないジャンルだと思っていたから、ちょっと驚いています。実験的に挑戦中。(こちらの物語も人によっては不快に…以下略…の方向でお願いします)

さて、話をはじめよう。

rurubu家の父の教えに「ハマるな!危険!!この3つ!」と言われたものがあるのですが、それが「哲学・宗教・政治」でした。どれもハマりすぎてしまうと、危険思考に走ってしまう可能性ありだから(歴史を振り返ると)、適度に距離を置くべし!と父に教えれたんですよね。

なので我が家は愛国者でもなければ非愛国者でもないし、うちはうちだけの「無神教(神様は特に信じていません)でOK!」と言っていたし…。でも、観光名所としての寺社仏閣は大好きだから旅行はしようね!クリスマスも楽しそうだから一緒に浮かれちゃおうね!みたいな。(多神教?) まあ、私もそんな親に似て、ゆる~く育ったんですよね。

だから、その3つを題材にした物語を書くことなんて、あまりないだろうと思っていたんです。

と・こ・ろ・が!

長編の「幽玄躰」と「或るアプレ記者~」はなんか違う…。それらがなんか絡んできてるっぽい…。その中の特に「宗教」!

「或るアプレ記者~」は水上勉さんの「金閣炎上」を読んだことで見えてきたお寺の宗教タブーを書きそうな予感がして恐くなっているし、「幽玄躰」は梅谷百さん「キミノ名ヲ。」を読んで知った日本中世にあった邪教「真言立川流(密教)」をネタに少し書いていくような予感がする。どちらも当然「(半分)フィクション」の「脚色多め」でだと思いますが…。

「アプレ記者」はネタバレになるから言えないのですが、「幽玄躰(R18)」の邪教「真言立川流(密教)」のことを少し話すと…。

これは調べてもらうとわかるのですが、超かいつまんでいうと、「真言立川流(密教)」というのは性行為に重きをおいた教えの密教なのだそう。性行為をすることで人は救われる。魂を蘇らせることもできる(髑髏本尊)というやつ。髑髏本尊は話を聞いて気持ち悪くなってしまったけど…。そう言った内容の密教だったから迫害され壊滅したとのこと。でも、一時期は9割の密教系のお坊さんがこれを支持していて、人々にも伝わっていたというのだから驚きです。

でも、歴史は勝者の歴史だから、もしかしたら何か理由があって本当の教えはそういうものではなく秘匿され、性行為を理由に邪教扱いとされ壊滅に追い込まれた…という可能性もあるらしいです。本当のところはわかりませんが。

そういうのを色々聞いていたら、確かに昔は娯楽いう娯楽がなかったし、貧しい人々の楽しみといったら、極端に言うと快楽くらいで性行為というのが、みんなの救いだったかもしれないなあ。そこに救いを求める人もいたのかもしれないなあ…と思い至り、そう言う物語もなんとなくありかな?と。別にそのような宗教や教えを肯定しているわけではなくて、「こんなこともあったんじゃないかな?」くらいの気楽なノリで書けたらと思っています。最初に言っちゃいましたが、我が家、無神教なので!

あとは物語の声の調子によるかと思いますが。(早速いろいろ描写が難しくて壁にぶち当たってますが…)これまでの私の作風にない性的表現&描写が多いと思いますが、よろしくお願いいたします。なるべくストーリーありきの読みやすい感じを狙いたいところ…。でも無理はせずに。気がむいたら、物語をお楽しみ下さいね^^

9月は参加しているアルファポリスさんの投稿機能の稼ぎ時のため、寝ずに長編を書きまくっております。そちらばかりにかかりきりになってしまい、みなさんのところに訪問できていないのが現状です。ごめんなさい。落ち着いたら、お邪魔させて下さいね!

以下、詳細。

★幽玄躰(ゆうげんたい/R18)
内容:「ある晩、あれがあたしに声をかけてきました。望みを叶えてやるから、躰をうれといって。どうせ無理やり嫁がされるのだもの。誰にこの身をくれてやっても同じ。だから毎晩、鬼に会いに行ったんです。今日は腕、今日は足、という具合に…躰をうったの」その墨を含んだ筆は人々の穢れを祓う。男の書く文字は“守(しゅ)”となるのか、それとも“呪(じゅ)”となるのか―。
影響を受けた作品は小泉八雲「耳なし芳一」、漆原友紀「蟲師」など*聞いてた音楽*蟲師サウンドトラック『蟲音』(長編/和風/ファンタジー/R18)
アルファポリス様http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/725037229/

ちなみに元になったショートショートはこちら
【第246夜】 幽玄躰(ゆうげんたい) こちらはR18ではありません。
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

=お知らせ=
最終更新
★2015/07/15~
毎夜新着記事を予約投稿中(24:00更新/TOP記事下)です。主に長編の続きを一気に書いていく予定ですので、よろしくお願いいたします。スピード量産型更新なので、色々とお見苦しい点も多々あるかと思いますが、諸事情により書くことを優先させて頂くことに。申し訳ありません。後で誤字脱字等、色々訂正させて下さい。

★2015/07/15~
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

※予約投稿の関係で長編はアルファポリス様の方が、かなり更新が早くなっています。お急ぎの方はアルファポリス様をチェックしてみて下さいね。申し訳ありません。

=====================================

おススメ作品紹介です。

ここ最近、見たかった(読みたかった)ものが、たまりにたまっていたので、それを一気に消化しています。

今回は、アニメ『プラネテス』です。

アニメ『プラネテス』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%83%86%E3%82%B9-1-DVD-%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B8%80%E6%88%90/dp/B000176O3E

このPV映像、神がかってる!
http://nicotter.net/watch/sm7201873
ラストが大好き!宇宙一素敵な○○○○○だと思う。(ネタバレになるから伏字)
http://nicotter.net/watch/sm9843031
流れているBGMもいいな。
http://nicotter.net/watch/sm15279858

本編
http://www.dailymotion.com/video/x2pr92o

人間が宇宙旅行にいけるようになった少し先の未来、そこではスペースデブリ(宇宙ごみ)の問題が深刻になっていた。そのスペースデブリ回収勤務・通称〝デブリ屋″になった新社会人・タナベ。彼女はそこで先輩上司のハチマキを始め、個性豊かな人々と出会い、様々な宇宙の問題と向き合っていくことになる…。

私はSFというジャンルがもともと苦手だったのですが(設定が複雑で難しいから。私の頭ではついていけない…)、もしかしたら、これのおかげで克服できたのかも。きっとそれは予想できる未来の話で、物語の内容も人間ドラマ要素が強くて共感しやすかったからだと思います。これをみると「YOU COPY?」「Ⅰ COPY!」 をやりたくなります。

いい話、いっぱいあるんですよね。語るときりがない。月で生まれた(ルナリアンの)女の子の話、先進国に負けないと頑張るエルタニカのおじさんの話、宇宙について色々教えてくれたリガルド先生の話、ハチマキの空間喪失症の話…とか。あ、フィー姐さんの煙草が吸いたくても吸えない話は笑えたなあ。

見ていてとてもつらかったのは、タナベが仲間と宇宙に取り残され、酸素がなくなる極限状態でどう生き延びるか苦しむあの場面と決断でしょうか。あと、ユーリの奥さんのコンパスが時を経て届く話が泣けてしょうがなかった。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


おススメ作品紹介です。

ここ最近、見たかった(読みたかった)ものが、たまりにたまっていたので、会社を辞めたことを機に、それを一気に消化しています。

今回は、アニメ『モノノ怪』です。

アニメ『モノノ怪』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%8E%E6%80%AA-%E5%A3%B1%E4%B9%8B%E5%B7%BB%E3%80%8C%E5%BA%A7%E6%95%B7%E7%AB%A5%E5%AD%90%E3%80%8D-DVD-%E6%AB%BB%E4%BA%95%E5%AD%9D%E5%AE%8F-%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%90%86%E6%81%B5-%E8%97%A4%E7%94%B0%E6%B7%91%E5%AD%90-%E5%A1%A9%E5%B1%8B%E6%B5%A9%E4%B8%89-%E7%AB%B9%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E5%8F%B2-%E6%97%A5%E6%AF%94%E6%84%9B%E5%AD%90/dp/B000UMRGW8

このPV映像、良ければぜひ!作った人、凄い。映画の予告みたいだー。
https://www.youtube.com/watch?v=5OJW9gZL33Q

本編
https://www.youtube.com/watch?v=DYFsLwwEKQg&index=1&list=PLhBa0P_zEVUSOwT-Jw6JEip2bdRy6SVp5
化猫
https://www.youtube.com/watch?v=PUjUV3dewTM&index=9&list=PLhEaORzlOiyTNMKd1Zpc6hv6iYLtuOJoG


今、書いている「幽玄躰」はこちらの作品の影響も受けたような気がします。

もともと、こちら「妖(あやかし)」というアニメの中にあった短編「化猫」でした。特に人気の高かったそれを「モノノ怪」というタイトルで再アニメ(続編)化。確かに「化猫」のインパクトは物凄かった!妖やモノノ怪という不思議を取り扱いながら、描かれるのはもっぱら罪深い人間の醜い姿。その内容が容赦なくて、心にずしんと来ます。それが続編化した分、もっとたくさん味わうことができました。

私は「モノノ怪」の中の「のっぺらぼう」が特にお気に入り。モノノ怪と祝言をあげようとする女性の話です。それにしても、モノノ怪退治をする謎の男・薬売りさん、妙に色気があってカッコいい。彼の「うっかりうっかり」は気付けば、口癖になっていましたよ。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。