「おはよう、ヒグラシさん。今日も骨を拾いに行くのかね?」

会社の寮を出ると、掃き掃除をしていた大家さんに声をかけられた。

「おはようございます、大家さん。ええ。今日もいい骨、拾いますよ~」

そう言って、片手の親指をぐっと立てた。すると、大家さんは気持ちよく笑って返した。

「“骨とり”は立派な仕事だ。しっかりやんな!」
「頑張りまーす」

女が子供を産めなくなってどのくらいたつだろう。

科学だけでなく、遺伝子工学も大きな進歩を遂げた現代。昔はタブー視されていたクローン問題も、人類が生きてく上で必要な技術と見なされ、人間の生命媒体の維持に大きく貢献したと言われる。

私たちの生殖器は、もう意味をなさない。

遠い昔に起こった大規模な地震により、原子力施設から膨大な量の放射能が漏れた。それは残れされた人間の体内に大きな影響を与えた。遺伝子にも。

女性は、子供が産めなくなってしまった。…でも、それだけだ。

「簡単に言うよね?ヒグラシさんは」

と同僚のシマくんは言う。

「『それだけだ』なんてさ。これって人類の危機だよ?ことは至極問題で困難なのに」

彼は、“骨とり”仲間だ。

「そう言わないと、やってけないじゃない?」

たいした問題じゃない。そう思って、必死に生きてきたような気がする。特に女は。当然のように思ってできていたこと。それがある日、突然失われた。当時の彼女たちの哀しみを思うと胸が痛んだ。

「というか、そもそもどうして女だけが子供を産む役割を担ってたの?そっちの方がよっぽど謎だわ」
「生命の謎までいっちゃうか~」

反論されたシマくんは、露骨に嫌な顔をした。

「私が昔読んだ小説は、母親が子供を生むんじゃないの。子供のなる木というのがあってね、夫婦でも片親でも、その木の前で子供が欲しいと願えば、実がなって、そこから子供が生まれるっていう話だったわ。そっちの方が平等な気がする」
「何それ、思いっきりファンタジーじゃん?」

私は大げさに「ちっちっち」と人差し指を振った。

「望まないかぎりは、子供ができないってこと。それと日頃の行いが良くないと、子供の育てる環境的に問題ありとみなされて授からないのよ」
「え~、何、その遠回しに教えさとす感じは。教訓じみた世界観だなあ。なんかファンタジーっていうより、宗教っぽくない?」
「そう?」

私的には君がここで働いている方が、よっぽどファンタジーなんだけどな。

「まあ、残された俺たちは今日も骨を拾うわけですけど」
「まあ、そうですけど」

人間でいちばん強い部分は骨だ。骨は残る。調べた結果、骨に残ったDNAはなぜか放射能の影響を受けていなかった。人類は新たな生殖媒体の鍵を見つけ、遺伝子研究に尽力した。それから、死んだ人間の骨を拾い、DNAをとる。通称“骨とり”なる仕事が生まれた。

「う~む、これは実にいい骨だね」

シマくんが、一つの骨のサンプルを手にした。私も横から観察した。本当だ。

「きっと筋肉がしっかりついた人ね」
「アスリートとか」
「もしかしたら、オリンピック選手かもね」
「まさか~」

骨からその人を、その人生を、想像する。それがここにいる私たちの唯一の楽しみだ。骨は口ほどに物を言う。語ってくれる。

葬儀場で火葬された骨はここ、遺伝子開発研究所に届けられる。私たち“骨とり”は、まず特殊な化学薬品で骨を完全に分解する。分解された骨の溶液を円柱状の容器に注ぐと、側面にDNAが付着する。DNA以外のものはすべて除去されるため、高純度のDNAを取り出すことができる。これを脱灰(だっかい)と呼ぶ。

「でも、DNAが取れてもさ、本当の問題はこの後なんだよね」
「採取されたDNAの行方か」

私たちは「う~ん」と、同時に腕を組んだ。

「やっぱり国が管理するしかないんじゃない?もう“家族”なんて存在しないんだからさ」

そう。私たちは親を知らない。DNAをくれたはずの親は最初から死んでいるのだから。

「“家族”か~」

シマくんはため息をついた。前世紀に流行ったホームドラマに彼は今ハマっているのだ。それを見て、家族にとても憧れがあるらしい。現代は、男女の結婚はできても、子供はなし。子供は自分たちが死んだ後のことだから、みんな“家族”という概念が希薄で結婚願望があまりない。恋愛感情はあるから、恋ができれば充分。そのせいか、圧倒的に独身が多かった。

私もシマくんも物心ついた頃には、国の教育機関にいて、そこで一緒に育った。言ってみれば、友達が家族のようなものかもしれない。

「唯一、名前だけだよな。親の手がかりなんて。俺はシマ」
「私はヒグラシ」
「意味の全然分からない名前ってどうよ?」
「私たちの生命の謎よね」

ふたりで笑っていると、ランチタイムを知らせる館内アナウンスが流れた。

「午前の業務終了~。んじゃ、ランチに行きますか!」
「でも、ヒグラシさんの意味はわかるかも。蝉の名前だよね?」
「セミ?」

私は知らなかった。

「絶滅した昆虫って言われてるけど」
「えー、昆虫ってどうなの?」
「俺はまだ生きてると思うんだよね。土の中に眠り続けているやつが絶対にいる」
「それのどこが私なの?睡眠とりすぎってこと?まさか眠り姫とか言いたい?」

シマくんは吹き出した。

「…眠り姫ってファンタジーっていうか、なんかもうメルヘンだよね」
「じゃあー、何?」
「強いて言えば…」

強いて言えば…?

「生きしぶとい?」

…ほほう。

「ありがとう!今日のランチはシマくんのおごりね」

私は立ち上がった。

「うそうそ、冗談だよ」
「もういいです。デザートもつけるから!」
「蝉だけじゃなくて、『朝から晩まで』『一日中』それもヒグラシの意味なんだって知ってた?」

私はわけが分からず、首を振った。

「年がら年中、一緒にいてもあきない人ってこうはいないよね?」

シマくんは、まだおかしそうに笑っている。

「ヒグラシさん、結婚しよう」
「は?」
「俺と結婚しようっていったの」
「…意味がわからないんだけど…」
「あれ、言い方とか順番を間違えたのかな?えっと、じゃあ、『お嬢さんを僕に下さい』?」

……もっと意味がわからない!!

私の体が傾いて、シマくんは慌てて支えてくれた。驚きのあまり、私は気絶していた。それを見たシマくんはあきれたようにつぶやいた。

「…ヒグラシさん、眠り姫ってここで使うオチだったんだね」


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
┣ SFCM8. │ TOP▲
  
コメント

また、なんというか、
東日本大震災が起こって初めて私たちが意識し始めた
ありえなくない近未来なだけに
現実味を帯びているような…。

でも、「骨とり」という発想はすごいですね。

ちょっと関係ないんですが、SF作家の新井素子さんが
「女性だけが子どもを産める」ということについて、
「男が滅んでも、きっと何らかの形で女は子を作ることができるけど、その逆は不可能」みたいなことを
書かれていたのを思い出しました。

でも、生殖機能が失われても
こうして人類が生き延びているなら
案外、人類って図太い生命体なのかもしれませんね。
違うか、それだけ知的な生命体ということなのかな。
Sha-La│URL│10/28 19:17│編集

工学的ですねぇ。
みんな家族でみんな兄弟でみんな恋人?
てか、みんな他人? 国が人口操作するとか?

いきなりの結婚はびっくりだね。
結婚できる年齢もお望みのままですかね。
眠り姫のオチがかわいい^^
けい│URL│10/28 21:54│編集
Re: タイトルなし
Sha-Laさん

いつも本当にありがとうございます!

> でも、「骨とり」という発想はすごいですね。

ありがとうございます。最初は骨だからホラー系にいくのかと思ったら、なんかSFっぽくなってましたね。私じゃこの手の話はちょっと無理だったなあと反省。SFは難しい~。

> ちょっと関係ないんですが、SF作家の新井素子さんが「女性だけが子どもを産める」ということについて、「男が滅んでも、きっと何らかの形で女は子を作ることができるけど、その逆は不可能」みたいなこと 書かれていたのを思い出しました。でも、生殖機能が失われてもこうして人類が生き延びているなら案外、人類って図太い生命体なのかもしれませんね。違うか、それだけ知的な生命体ということなのかな。

新井素子さんの小説読んだことがあります。でも、そのお話は知りませんでした。自分で書いててあれですけど、やっぱり生殖機能がないと子孫を残すの難しいかも…。それ以外で生き残るすべがあったら本当に人類は知的な生命体かもしれません^^
rurubu1001│URL│10/29 01:13│編集
Re: タイトルなし
> 工学的ですねぇ。みんな家族でみんな兄弟でみんな恋人?てか、みんな他人? 国が人口操作するとか?

なんかSF系に気づけばなってましたが、国が人口操作とかリアルに未来とかありそうな気がしたり、しなかったり。

> いきなりの結婚はびっくりだね。結婚できる年齢もお望みのままですかね。

私もSFな感じでおわるかと思ったら、いきなり恋愛ネタにびっくりしました。SF系を前も書いて思ったんですけど、私が書くと、なんか途端にお話の展開のリズムが悪くなるんですよね~。(だからってそれ以外の作品がうまく書けていると思ってるわけでもないんですけど)

> 眠り姫のオチがかわいい^^

ありがとうございます。いきなりの恋愛ネタに、私のリアルな感想がここにでたのかもしれません^^
rurubu1001│URL│10/29 01:27│編集

はじめまして。三流自作小説劇場のヒロハルと申します。

目のつけどころ、設定がとてもよく練られていて、すごいなと思いました。
オチも秀逸です。
ヒロハル│URL│12/04 22:13│編集
Re: Re: タイトルなし
ヒロハルさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

> 目のつけどころ、設定がとてもよく練られていて、すごいなと思いました。オチも秀逸です。

そんなそんな恐縮&光栄です!
反省の多い物語だったので、そう言って頂けてとても感謝です。ありがとうございます。

私の方がこっそりヒロハルさんのブログにお邪魔していてすみません…。
あのもし良ければ、こちらでヒロハルさんの「三流自作小説劇場」のリンクを貼らせて頂いてもいいでしょうか? 素敵な小説ブログなので、ご紹介させて頂けると嬉しいです^^
rurubu1001│URL│12/04 23:19│編集

リンクの件、結構ですよ。
むしろ大歓迎です。
こちらからも貼らせていただきますね。
ヒロハル│URL│12/05 14:32│編集
Re: タイトルなし
ヒロハルさん

> リンク快諾の件、ありがとうございます!
早速貼らせて頂きました。これからよろしくお願いいたします^^
rurubu1001│URL│12/05 23:49│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?