曹騰(そうとう)は最近頻繁に自分の元へ訪れる孫を面白そうに眺めていた。

少し前までこの孫は、祖父が生殖能力を喪失した男性である宦官(かんがん)ということから、まわりに侮蔑の目で見られ、曹騰やその養子になった父に深い憤りをあらわにしていたものだ。しかし、今ではそれが落ち着き、明るい顔をするようになった。

「俺は征西(せいせい)将軍になって、西にいる異民族を倒し、名をはせるんだ」

なるほど夢を見つけたのか、と曹騰は思った。

曹騰は宦官であるが、高官である。思慮深く、学問にも優れ、何より人の才を見抜く目にたけていた。彼の推薦により、様々な人物が高官や将軍になっている。今日も彼の元には多くの者が集まっていた。征西将軍なども、もちろん顔を出している。

彼らに会いたくて、孫は祖父の元へ訪れたのだろう。征西将軍とは西にいる異民族を征伐にいく隊の将である。この時代の中国においては花形職であり、憧れるものが数多くいた。

「俺、思ったんだ。出自がどうであれ、最終的には能力のあるやつが生き延びるに決まっている」

世を悟ったような孫の物言いに、曹騰は笑った。しかし、その目は節穴ではない。今、王朝は静かに腐敗し始めている。それは官たちの間で賄賂が横行していることが大きい。曹騰の目には王朝が傾くのも時間の問題に見えた。

「俺は自分の能力でそれを証明してみせるんだ」

孫の目には迷いがない。吹っ切れたなと曹騰は思った。この少年はまっすぐ自分の運命を見据え、それをばねとし、これからおおいに羽ばたいていくだろう。

「そんなことより、じいさん。喉が渇いた。茶が飲みたい」

しかし、我がままで生意気な性格はまだ直っていないと見える。

「自分でやれ!」

曹騰は孫の頭を叩いた。この時、曹騰はふと孫はもしかしたら王の器かもしれないと思った。しかし、すぐにその考えを振り払う。自分の目もついに曇ったか…。

「クソじじい!早く、くたばれ!!」

孫は暴言を吐きながらも、おとなしく茶を淹れに行った。

「やれやれ」

そんな孫を曹騰は面白そうに眺めていた。

……しかし、曹騰の目はまだ曇ってもいなければ、節穴でもなかった。

この孫は後に、三国時代の王朝『 魏(ぎ) 』の基礎を作ることになる。

少年の名は曹操(そうそう)。字(あざな)は孟徳(もうとく)。

古代中国史に多大な影響を及ぼし、名をはせることになる。

彼らはもちろんそれをまだ知らない。


=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★NHK『BS歴史館~「三国志」時代を超えた男の魅力 』★

他の物語を書いていた時、なんとなくBGMがわりに流していた歴史番組。「三国志の曹操の幼少期は?」みたいな話があって。2分くらいの解説者の解説だったんですが、妙に心に残り、そこだけ巻き戻して何度も見ました。曹操って悪人のように描かれているけど、子供時代は案外知られていませんよね。ふつうの少年像を書きたかったのかな。半分フィクション感覚で楽しんで下さると嬉しいです。

NHK『BS歴史館』
いつの間にか番組、終了していたんですね。
https://www.nhk-ondemand.jp/program/P201100075800000/
NHK『BS歴史館「三国志」時代を超えた男の魅力 』
解説は40分頃かな。興味のある方がいたら。
http://www.pideo.net/video/youku/6035cfce1bdcae9b/
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント
初めてお邪魔します^^
こんにちは。
なかなか読み応えのある小説ブログですね~!
私はショートショートを書くのが苦手なので
(読むのは好きなんですけど)
こんなにいっぱい書けてすごいなあと思いました。

で、まずは、拍手が一番多いというこの作品へ。
「えー?中国の話?よく背景を知らないからなあ」と思いながら読んだら、そうつながるんですね!
私も拍手を押させていただきました。

ちょっと一度では読みきれないので(笑)
またお邪魔して拍手数などを参考にランダムに読んで行きたいと思います。
Sha-La│URL│09/16 00:22│編集
Re: 初めてお邪魔します^^
>Sha-Laさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

> なかなか読み応えのある小説ブログですね~!私はショートショートを書くのが苦手なので(読むのは好きなんですけど)こんなにいっぱい書けてすごいなあと思いました。

そんなそんな。拙いもので。そう言って頂けると、励みになります><

> で、まずは、拍手が一番多いというこの作品へ。「えー?中国の話?よく背景を知らないからなあ」と思いながら読んだら、そうつながるんですね!私も拍手を押させていただきました。

実は私も中国史は詳しくなくて(中華風ファンタジー作品が好きなだけでして)三国志も未だに三国もそのリーダーも言えなかったりで…お恥ずかしい。たまたま見ていた歴史番組を参考にした物語だったんです。だから、拍手の数に逆にびっくりというか。本当にありがとうございます!

> ちょっと一度では読みきれないので(笑)またお邪魔して拍手数などを参考にランダムに読んで行きたいと思います。

ぜひいつでもいい時にいらして下さいね。私もSha-Laさんのブログお邪魔させて下さい^^
rurubu1001│URL│09/16 02:25│編集

偉人の幼い頃って、ドラマですよね。
私、伝記大好きなんです。

小さい子どもを見ると、これからこの子にはどれだけの大河ドラマが待っているのだろう、とよく思います。(NHKの大河ドラマも好き)

王になろうともならずとも、子どもたちはみんな将来が楽しみです。

私は祖父の気分になって、ホウホウと子どもたちを見ていたいかな。
隠居、良いかも?
けい│URL│09/17 21:13│編集
Re: タイトルなし
> けいさん

いつも本当にありがとうございます!

>偉人の幼い頃って、ドラマですよね。 私、伝記大好きなんです。

けいさんのお好みにあっていたら嬉しいです^^

>小さい子どもを見ると、これからこの子にはどれだけの大河ドラマが待っているのだろう、とよく思います。(NHKの大河ドラマも好き)

子供たちの成長って本当に大河ドラマですよね!(私はNHKの大河ドラマは龍馬伝が好きです)

>私は祖父の気分になって、ホウホウと子どもたちを見ていたいかな。 隠居、良いかも?

けいさんがご隠居になるなら、ぜひ水戸のご老公みたいに全国をまわって悪者退治をして頂きたいです!
私、助さん(かくさんだったかな?)印籠もつ役やりますので^^
rurubu1001│URL│09/17 22:46│編集
こんばんは。

以前、数話読ませていただいたきりで、ご無沙汰していました。沢山SSが増えていて、どれから読ませていただこうかな、と思ったところに、拍手ランキング。有難いです。
上から三作読ませていただきました。
SSというか、これから始まるドラマのプロローグだとも思える、広がりを感じました。

それぞれに影響を受けた元ネタが書いてあって、それも面白いですね。
この『少年の夢』も、曹騰の優しく、そして現実的な目線が現れてて、いいですね。
rurubuさん、歴史ものを書いても、きっと渋くていい作品になりそう^^

まだまだ、いろんなジャンルのSSがあるようなので、つまみ食いさせてくださいね。
lime│URL│01/06 22:40│編集
limeさんへ
コメントありがとうございます!

> 以前、数話読ませていただいたきりで、ご無沙汰していました。沢山SSが増えていて、どれから読ませていただこうかな、と思ったところに、拍手ランキング。有難いです。

拍手ランキング、お役に立ったときいて嬉しい限りです^^ただ、最近UPした物語が入ってなくて…。時間の余裕のある時に更新しますね><

> 上から三作読ませていただきました。SSというか、これから始まるドラマのプロローグだとも思える、広がりを感じました。それぞれに影響を受けた元ネタが書いてあって、それも面白いですね。この『少年の夢』も、曹騰の優しく、そして現実的な目線が現れてて、いいですね。rurubuさん、歴史ものを書いても、きっと渋くていい作品になりそう^^

ややや、一気に三作も!そんなお言葉を頂いてなんとも恐縮&光栄です!ありがとうございます><影響を受けた作品紹介をしたくて、はじめたブログでもあるので、良ければ、気になるものがありましたら貼ったアドを参考までに^^歴史モノは挑戦中で今までに何作か書いてみたのですが、軽いノリのものが多くて(苦笑)。渋さのあるものに憧れてます。いつかそういうのが書ければいいな。

> まだまだ、いろんなジャンルのSSがあるようなので、つまみ食いさせてくださいね。

ありがたいです!でも、全然ご無理なさらずでぜひ。私が好きでlimeさんのブログ、のぞかせてもらっているので、足跡が多く残っていても気になさらないで下さいね><。お忙しいと思うから、いい時にぜひ^^
rurubu1001│URL│01/07 03:04│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://short2story.blog.fc2.com/tb.php/54-3c330070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)