誰も予想していなかったに違いない。

なんで夏休みに入る直前に抜き打ちテストなんて受ける羽目になったのだろう。しかも、ふつう終業式の後とかありえないだろう?終業式で額の後退が涙ぐましい校長の長話にすっかりまいっていた俺たちは、教室に戻って早々言われた担任の

「抜き打ちって素敵だと思うんだよね」

という一言に眩暈がした。それから教室中が騒然となった。残された今日の俺たち大半の予定は、通知表をもらう→帰宅→地元の夏祭りにいく→バカ騒ぎ→終了→夏休み突入(宿題は計画的に!)だったはずだ…。

「はいはい。みんなの気持ちはよくわかるぞ。なんで今日このタイミングで抜き打ちを受けなくてはいけないのか?それは、より充実した夏休みを迎えるためです。苦しんだ今があるからこそ、明日がいっそうキラキラ眩しく、かけがえのないものになる。それをね、身をもって体験してもらおうと思って」
「はあ?意味わかんねー」
「先生、絶対Sだよ!」
「ありえねー」

口々にみんなは不平不満をもらす。当然だな。すると、担任(28歳独身男性・理科教師・彼女いない歴2年~3年と予想)は深いため息をつき、それから頭をかいて苦笑した。

「まあ、俺が中学生だった時にも同じことされてさ、未だに根にもっているだけだっていう話もある。その苦しみをわかちあってもらいたくてさ。こんな大人になるんじゃねえぞ、と。反面教師をまさに地で行っているわけだな」

転じて自虐街道まっしぐらの担任に唖然となる俺たち。担任がSなのかMなのかさえ、一瞬見失いかけたくらいだ。窓の外でセミの声がむなしく響く。ああ、もう目の前に俺たちの夏が待っているっていうのに…。

「でも、俺もそこまで鬼畜じゃない。自虐キャラでもない。もらう時間はきっかり二十分だけだ。あっという間だろう?感謝しろ」

その時、誰かの声がした。

「列車は俺様路線へ変更します~。安全乗車にご協力下さい~」

クラスのムードメーカーのハシモトだった。駅員のアナウンスの真似をして、みんなの笑いを誘う。クラス中がどっと笑った。そして、それは俺たちが突然の抜き打ちテストに観念した瞬間でもあった。

たぶんみんなどこかでわかっている。この抜き打ちの本当の意味を。

この前の期末テストで俺たちのクラスは総合平均点が学年最下位だった。だから、俺たちには夏休みの補習が必須だったはずだ。でも、この担任はなんとかそれをなくそうと学年主任とかけあい、奮闘していた。来年は中学三年生。受験でそれこそ勉強に熱をいれなければならない。そんな俺たちのために、せめて今年は…という配慮だろう。それで今こんなことになったんだろうな。

下手な嘘と演技。

それは担任も俺たちもお互い様で、なんだかんだといい奴ぞろいなのがうちのクラスの特徴だった。テスト用紙が全員に行き渡ったのを確認すると、担任がお決まりの開始の合図をする。

「じゃあ、始めるぞー。励め!」

いつもは耳障りなはずセミの声。それが遠くなる。ふと夏はまだずっと遠くあるように感じられた。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

あぁ~良い先生だねぇ~~
ケンジ先生の同僚かなあ。

夏休み前に20分くらい寄り道したって、人生減らないよね^^

彼女いないの? 
励め!
けい│URL│09/12 17:28│編集
Re: タイトルなし
>けいさん

いつも本当にありがとうございます!

> ケンジ先生の同僚かなあ。

その案、頂きます^^

> 夏休み前に20分くらい寄り道したって、人生減らないよね^^彼女いないの? 励め!

減りませんよね、きっと!
けいさん、うまいなあ。確かに先生にはそっちを励んでもらいたいです(笑)!
rurubu1001│URL│09/13 00:19│編集

ああ、いいですねー。

どういう学校なんだ…?という導入部から
先生の話になって、
ムードメーカーが出てきて、
で、実はこんなことが…って

なんか理想的なストーリー展開だと思います。

ってそんな理屈をつけずに面白かったです。
こういう先生、こういうクラス、
私の時もあったら良かったなと思えるような物語でした。
Sha-La│URL│09/17 16:15│編集
Re: タイトルなし
>Sha-Laさん

コメントありがとうございます!

> なんか理想的なストーリー展開だと思います。ってそんな理屈をつけずに面白かったです。こういう先生、こういうクラス、私の時もあったら良かったなと思えるような物語でした。

ややや!そんなそんな恐縮です><
学生時代の恩師ってやっぱりいてくれると嬉しいものですよね。私はいたかなあ(汗)
他にも先生が目立ってる話が青春カテゴリに入ってたきがしますので。興味があればぜひ。
rurubu1001│URL│09/17 22:29│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://short2story.blog.fc2.com/tb.php/50-362411d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)