ねえ、あなたの声がきこえる。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

今日もあなたの声がする。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

私はいつもその声で目覚め、桜がまだ咲いていないことにがっかりするの。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

あなたと私は、一体いつ会えるのだろう?

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

あなたは、どこにいるのだろう?

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

私はあなたに会いたくてたまらないから、眠る前にいつも、明日は桜が咲きますようにと祈っているの。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

あなたもきっとそうなのね。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

だから、こんなに声がはっきりと聞こえてくるのね。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

ねえ、私の声も、あなたに聞こえているの?

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

私は今日も待っているのよ。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』

あなたと私の声がいつか重なる日を夢見ているわ。

『 サクラハマダカ、サクラハマダカ 』
スポンサーサイト
  
コメント

どこから聞こえてくるのでしょうか。
記憶に残っている誰かの言葉?

声が重なるとき、どんなサクラが目の前にひろがるのでしょうかね。

お。これ、未分類カテですね。
うん、なんだろう、と思ったのですよ実は。
けい│URL│09/10 21:32│編集
Re: タイトルなし
>けいさん

いつも本当にありがとうございます!

>どこから聞こえてくるのでしょうか。記憶に残っている誰かの言葉?

なんかおじいちゃんが言っていたような気もします。それが記憶に残っていたのかな。
それで生まれた物語かもしれません。

> お。これ、未分類カテですね。うん、なんだろう、と思ったのですよ実は。

あ、本当だ。分類してなかったですね。何にしようか迷ってそのままにしていたのかも><
rurubu1001│URL│09/11 00:06│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://short2story.blog.fc2.com/tb.php/48-d9b7eb9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)