=お知らせ=
最終更新
★2015/07/15~
毎夜新着記事を予約投稿中(24:00更新/TOP記事下)です。主に長編の続きを一気に書いていく予定ですので、よろしくお願いいたします。スピード量産型更新なので、色々とお見苦しい点も多々あるかと思いますが、諸事情により書くことを優先させて頂くことに。申し訳ありません。後で誤字脱字等、色々訂正させて下さい。

★2015/07/15~
パスワード入力が必要と表示される長編はアルファポリス様限定公開ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

※予約投稿の関係で長編はアルファポリス様の方が、かなり更新が早くなっています。お急ぎの方はアルファポリス様をチェックしてみて下さいね。申し訳ありません。

=====================================
    ↓↓ 今年一番の小説 最高のファンタジー ↓↓
=====================================

ネット小説の一番は年末の「自分的小説ブログ大賞」でお知らせしますので、ここでは書籍本(小説)のご紹介を!

ずっと読みたくてたまらまかった本をようやく読み終えました。今年読んだ中で一番の小説。最高のファンタジー。それが、多崎 礼さんの「夢の上」です。

★ 多崎 礼 「夢の上」 全3巻
(スピンオフ 「サウガ城の六騎将」を含めると、「夢の上」シリーズ全4巻)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A2%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%80%881%E3%80%89%E7%BF%A0%E8%BC%9D%E6%99%B6%E3%83%BB%E8%92%BC%E8%BC%9D%E6%99%B6-C%E3%83%BBNOVELS%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2-%E5%A4%9A%E5%B4%8E-%E7%A4%BC/dp/4125011230

この作品、私の「ファンタジー小説 BEST 3」入りになりました!

見た目は洋風の長編ファンタジーなのですが、その内容…物語の深さにとにかく驚きました。読み終えた瞬間、思わず拍手。涙がとまらなかった。ファンタジーなんて楽しめるのは10代まで。大人になったら、もうそういうことはないと思ってたのに。何コレ、やってくれましたよ!こういうのがあるから、本を読むのはやめられない。好きな作家さんがすすめてくれたことに、ただただ感謝だな。

私はファンタジーに関してものすごくシビア(ある意味、単純?)な目で見てしまいます。本好きにしてくれたのが10代の時に読んだファンタジー小説がきっかけなので、きっとその面白さが基準になってるんですよね。その基準とは…。

・物語の世界にすぐ入り込めること(読み始めたらとまらないこと)
・対象年齢や性別を問わないこと(子供から大人、男性も女性も楽しめること)
・登場人物が魅力的であること(キャラクターが生き生きとして感情移入できること)
・最後が一番盛り上がること(謎や伏線を回収し、それ以上の驚きが待っていること)
・何よりとにかく面白いこと!

ファンタジーは設定が独自で複雑だし、世界に入り込む前に頭が混乱してしまい、あきらめて本を閉じることが多いんです。途中まで読みすすめてもよくある展開だったり、期待しても最後に肩すかしなんてしょっちゅう。登場人物に全然感情移入できないことも、しばしば。最終的に「面白い」のゴールにたどりつけるものなんてあまりない。

でも「夢の上」は、そういうのをあっさり全部飛び越えてくれました。子供から大人まで、男性女性も楽しめるファンタジーだと思います。(悔しいのが、ライトノベル扱いとなっていることでしょうか。一般小説と比べてもレベルが高いと思うのに。文章だってとてもうまいのに…)


― 「夢」を語ることで、お前は見返りに何を求めようというのだ? ―
― 「夜明け」を所望いたします ―

物語は「夢売り」という人物が「夜の王」の前に現れ、不思議な結晶を見せるところから始まります。その結晶に秘められている6人の叶えられなかった夢を「夢売り」は「夜の王」に語っていくんです。

1つは、幸せな結婚生活に憧れた女の話。
1つは、身分違いの恋をしていた男の話。
1つは、故郷や大切な人を奪われ、復讐を誓った女の話。
1つは、生まれつき「影」に取りつかれ、苦しんだ男の話。
1つは、性別を偽っても、王になることを望んだ女の話。
1つは、片目を失っても、愛する人を守ろうとした男の話。

この6つ。1つ1つ、単体の物語としても充分楽しめるのですが、実は同じ人物が登場したり、同じ出来事が絡んでたりするから、繋がりや重なる部分が多くある。1つの物語では語られなかったこと、謎や伏線が違う者の視点になることで徐々に明らかになります。それが最終的に、「夢売り」と「夜の王」の正体へと導いていく…。

逆に重複する内容も多く、人によっては冗長さを感じて読むペースをおとしてしまうかもしれません。でも、重複する内容にも意味があります。実はラストの盛り上がりに大きく貢献しているんです。

ぶっちゃけ、私もこんなに感動するとは思わなかった!

本を閉じて表紙を見た時、作品タイトルが夢を秘めた結晶のように美しく輝くものになっているとは。(地味なタイトルだと著者はあとがきで言ってましたが、何を言ってるんですか!ラストの種明かしに超やられたわ!!)

今年読んだ中で一番の小説。最高のファンタジーです!

まだスピンオフがある。そのことがこんなにも嬉しいなんて。「サウガ城の六騎将」も楽しみです。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント
No title
rurubuさん、なんとそそられるご紹介でしょう。
叶わなかった夢のお話、けどそれは・・・なお話なのですか? 
私も夢のお話を描いたので、興味津々です。
けい│URL│09/06 12:22│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> rurubuさん、なんとそそられるご紹介でしょう。叶わなかった夢のお話、けどそれは・・・なお話なのですか? 私も夢のお話を描いたので、興味津々です。

ややや!そそられるご紹介なんてことないです。感動のあまり、なんだか夜中のラブレターみたいにあつくなって紹介してましたよね。お恥ずかしい!きゃ!良ければ、気が向いた時にでも、お楽しみ下さいね^^
rurubu1001│URL│09/07 09:27│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?