=お知らせ=
最終更新(2015/07/11)
★2015/07/11
第3回 自分的小説ブログ大賞 (2015)候補作更新しました!
・けいさん『セカンドチャンス』/青春小説
・limeさん『モザイクの月』/サスペンス小説
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
★2015/07/13
予約投稿の関係でアルファポリス様の方が若干更新が早くなっています(一日ほど)。お急ぎの方はアルファポリス様をチェックしてみて下さいね。申し訳ありません。
※パスワード入力が必要と表示されるものはアルファポリス様限定公開作品ですので、ここでは閲覧できません。お手数ですが、アルファポリス様(無料)をご利用ください。予約投稿中の作品もあり。詳細は下記。
【アルファポリス様限定公開】  長編作品紹介
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-256.html
=====================================
【第248夜】 天使&悪魔 ジャンル:青春/ショートショート 
=====================================

放課後の教室で、事件は起こった。

「ない!ノートがない!」

大変だ!私の秘密のノートがない!通学バッグも、机の中も探したのに、なんで!?

「探しているノートって、もしかしてこれか?」

苦手な男子の声。同じ日直当番である阿久津(あくつ)だった。その手には見覚えのあるキャンパスノート。

「なんで、あんたが持ってんのー?」
「床に落ちてたんだよ!拾ってやったのに、その言い方はなんだ!」

申し訳ないことに、気が動転している私は今、人に優しく接する余裕はなかった。

「阿久津…もしかしてそのノート、見た?開いた?読んだ?」
「は?」

きょとんとする彼に、私はつめよった。

「見てないよね?開いてないよね?読んでないよね?阿久津、いい子だもんね?」
「俺はいい子だけど、中は見たぞ?」

それ、いい子じゃないじゃん!

「見たけど何コレ?天野(あまの)、出席簿でも作ってんの?クラス全員の名前がずら~っと、書いてあるだけじゃないか」

ひいー!何、内容をぶちまけてんの!?

「それ以上、何も言わないでー!クラスの女子、みんなに殺されるから―!」

幸(さいわ)い、教室に私たち以外、誰もいなかったことが救いだった。私は阿久津からノートを返してもらおうと手を伸ばす。阿久津はニヤッと笑うと、ノートを頭上高くあげてしまった。

「ちょっと返してよ!」

背の低い私が必死に飛び跳ねるのに、悪魔のようなニヤニヤ顔で、阿久津はひょいひょいとかわす。

「なあ、女子の名前から矢印が出てて、その先に男の名前が書いてあるよな?…これってもしかして、クラスの女子の好きな奴、メモってる?」

そうだ!こいつ、勘と運動神経はずば抜けていいんだった!成績は良くないくせに!

「おもしれー。うまいぐあいに、みんな好きな奴、かぶってねえし。でも、俺の名前がないぞ!なんでだ?」
「それはきっとモテないからでしょう?ってそんなこと、どうでもいいから!ねえ、お願いだからノートを返してよ!」
「お前、さらっと今ひどいことを言ったな!」
「何よ、親切に教えてあげたんじゃない!」
「なんてやつだ!おい、天野はどうしてこんなのを書いてんだ?」
「とにかく返してー。何でも言うことをきくから!」
「白状しないと返さん!」

ノートをとりかえせなかったら、私の人生が終わってしまう…。恋のキューピッドとして人気者だった私の人生が…。

「それ、恋愛成就のノートなの。なぜか私のキャンパスノートに好きな人の名前を書くと両想いになるらしくて…!最初、親友のみっちゃんの恋愛相談にのってて、それをノートに書きながら整理してたのよ。そしたら、みっちゃんの恋がうまいこと言っちゃって…。それをみっちゃんに話したら、そこからたぶん変な噂が広まっちゃったんだ…」
「ふうん、そうなんだ。すげえな」

もう半泣き状態の私に阿久津も反省したのか、ノートを返してくれた。

「お前、何でも言うこときくんだっけ?」
「…私にできることなら…ね」

咄嗟に怯んだ。無理難題なことだったら、どうしよう…?阿久津は急に真面目くさった顔になる。

「見たところ、このノートに天野の名前はないよな?」

阿久津のその発言に、私はぽかんとした。

「…私の名前?…え、まあ、そうね…」

好きな人、特にいないしね。

「なら、まずはそのノートに天野の名前を書け!」

…は?

「で、天野の矢印の先に俺の名前を書くこと!」

阿久津は顔を赤らめながら、私にそう言った。



=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★the brilliant green『You & I』×小学生か中学生の時にかいたもの★

小学生か中学生の時にかいた物語を見つけましたが、ところどころ抜き出して手直し。

① the brilliant green『You & I』
http://nicoco.net/sm24765035
当時聞いていたのを覚えてないので、今回作業時に聞いていた音楽を。好きです、ブリグリ。かわいいんですよね、この曲。

② 小学生か中学生の時にかいたもの
本当はもう少し長い短編だったんですけど、少し手直しして短くUP。小学生か中学生の時にかいたっぽいです。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

そう、無くなるんですよね、簡単に。で、そこにあったか、と。
けど、あんたの手に・・・?

ふふふ。またおもしろいことをノートに書いているんだからあ。
俺の名前かいっ。きゅんきゅん^^

rurubuさん、小中学生ですか。すごーい。かわいいー。
自分の小中は・・・書くことなんか考えていませんでしたね(-_-;)
けい│URL│07/10 17:58│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> そう、無くなるんですよね、簡単に。で、そこにあったか、と。けど、あんたの手に・・・? ふふふ。またおもしろいことをノートに書いているんだからあ。俺の名前かいっ。きゅんきゅん^^rurubuさん、小中学生ですか。すごーい。かわいいー。自分の小中は・・・書くことなんか考えていませんでしたね(-_-;)

そそそ。あんたの手の中にありました。たぶん12歳くらいに書いたものかな?でも、言い回しとか古くさい表現はけっこうかえましたけど、ノリと話の素筋はこんな感じだったんじゃないかと思います。今、こんなふうに過去に書いたものを手早く書き直して編集力をみにつけたいのかもしれません。

昔に書いたけいさん作品も超気になりますが、このタイミングこその名作たちだったのかもしれません。けいさんの書いてくれたタイミングに自分が出会えたっこと、私はとても感謝ですー^^
rurubu1001│URL│07/11 08:33│編集

かわいい~! これ、いいですね。
SSの醍醐味もいっぱい入っていて(スタートの鮮やかさと、最後はきゅっとまとまる心地よさ、この先に少し余韻が残る感じ)、しかも懐かしい教室のイメージが広がる青春!ってかんじで、ちょっときゅんとしました(^^) この「教室」とか「学校」とかの景色が浮かぶような作品って、やっぱりいですよね。
でも、これ、小学生か中学生の時に書いたものが原型? 素敵です。もしかして、本当に書いてました? ノートに……名前を並べて矢印……えっとパンチでデートみたいな(あ、古すぎる!!)
えっと、何はともあれ、さすがrurubu1001さんだなぁと思いつつ拝読しました(*^_^*)

大海彩洋│URL│07/12 14:20│編集
大海さんへ
コメントありがとうございます!

返信が遅くなってすみません!

> かわいい~! これ、いいですね。SSの醍醐味もいっぱい入っていて(スタートの鮮やかさと、最後はきゅっとまとまる心地よさ、この先に少し余韻が残る感じ)、しかも懐かしい教室のイメージが広がる青春!ってかんじで、ちょっときゅんとしました(^^) この「教室」とか「学校」とかの景色が浮かぶような作品って、やっぱりいですよね。でも、これ、小学生か中学生の時に書いたものが原型? 素敵です。もしかして、本当に書いてました? ノートに……名前を並べて矢印……えっとパンチでデートみたいな(あ、古すぎる!!)えっと、何はともあれ、さすがrurubu1001さんだなぁと思いつつ拝読しました(*^_^*)

おおー、かわいい頂きました^^そのほかにもそんなふうに大海さん言っていただけるとは!恐縮&光栄です!いつも本当にありがとうございます!昔書いたものをSS用に短く抜きとって会話文とか直したりしたものなんですが、(言い回しとか古くさくならないようにしようと思ったのですが…)あんまりうまくいきませんでした^^;今、編集能力を身につけたいのですが、なかなかうまくいかなくて…。くう、難しいですね。大海さんの長編をも自在に書き切ってしまう力に脱帽ですー><。

もしや、大海さんのもやっていましたか?ノートに好きな人メモ?私はよく友達と恋愛相関図は書いていたんです。「この子からはこの男子に矢印が出てるよね?で、この男子はこっちの女の子に…(以下略)」みたいな。友人と仕入れた情報を駆使して書き終えた後の相関図の物語る「この子を中心にクラスはまわっていたのかー!?」と真実に驚き、それ以来、中心人物になっている子(男子の時もあり女子の時もあり)の前で妙に敬意?を払いたくなったりしてました^^(あ、パンチでデートは「恋も花咲くときもある~」ってやつですかね?)
rurubu1001│URL│07/13 09:56│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?