※良ければ、先にこちらをどうぞ。
【目次】 淑玲『宮廷浪漫』シリーズ 【作品紹介】
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-253.html
=====================================

着がえ終わると、珠露は今度、私にお化粧をしてくれた。はじめてのことで胸が高鳴ってしまう。考えてみれば、家族以外の他人(隣りのお兄さんをのぞく)の男の人に顔をさわられるのも初めてだった。

細い筆で私のまぶたに色をのせながら珠露が笑った。

「淑玲、もしかして緊張してる?」
「…え、どうしてわかったの?」

もしかして、顔が赤くなっていたのだろうか?

「まつげが震えてるから。でもね、僕も緊張してる」

…珠露も緊張…?

「どうして?妓女のおねえさんたちのお化粧もしてるんでしょう?」
「…それはそうなんだけど、そうじゃないっていうか。それとは違うっていうか。とにかく緊張してるよ!」

その言い方が可笑しくて笑ってしまった。優しい珠露のことだから、私をリラックスさせようとしてくれたのかもしれない。なんだか筆先がくすぐったかった。

「目をあけていいよ」

そう言われ、ゆっくりまぶたを開けると、私をまっすぐ見つめる珠露の瞳とぶつかった。そこそこ妓女に見えるといいんだけど…。

「…どうしよう」

珠露は困ったように笑った。え、まさかの失敗…!?

「すごくきれいだ」

珠露に手鏡を渡され、そこに映った自分を見つめる。驚いた。

「え、誰これ?本当に私…?」

鏡には見たことのない女の子がいた。

「淑玲はあっさりとした顔立ちだから化粧で色をのせれば随分変わるだろうなと思ってたけど、想像以上かも…。控えめに仕上げたつもりなのに充分華やいだね!」

珠露が選んでくれた衣装と色合いもあっていて、自分で言うのもなんだけど、可憐な天女みたいじゃないだろうか…?(言いすぎか!)

珠露はまた困ったように笑った。

「どうしよう。ここから連れ出したくないな」

…珠露?

「誰にも見せたくないよ」

もしかしたら、私が妓女をやることになってしまった責任を感じているのかもしれない。

「僕が止めたとしても淑玲はきっと行くんだろうね?」
「行くわ」

珠露が私の手を自分の両手で包み込んだ。

「わかったよ。でも、僕が絶対淑玲のことを守るから…!」

とても真剣なまなざしだった。どうしてだろう。お化粧は終わったはずなのに胸が高鳴っている…そんな気がした。



=====================================
=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

しばらく影響を受けた作品紹介を省略します。

★ YUKI ★
『鳴いてる怪獣』
https://www.youtube.com/watch?v=RKhOk-Ym-yg
『ランデヴー』
https://www.youtube.com/watch?v=r55074Ici6c

=====================================
次回更新まで、しばらくお待ちください。待たれている間に、こちらの物語なんぞどうでしょうか?
【第51夜】 少年の夢(中華風のお話。1話完結です)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
【第57夜】 笠森お仙騒動記
(淑玲に似た気が強いヒロインが登場します。ちなみに舞台は江戸。1話完結です)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

珠露の一言一言に、きゅんきゅんなんですがー!
何か、もう珠露エンドを希望したくなってきました(笑)
いやいやいや、他の男性陣の活躍も楽しみにしておりますよ。
とりあえず、ステージ、ではない宴席で、がんばれ淑玲と珠露!
椿│URL│05/31 13:05│編集
椿さんへ
いつも本当にありがとうございます!

返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

> 珠露の一言一言に、きゅんきゅんなんですがー!何か、もう珠露エンドを希望したくなってきました(笑)いやいやいや、他の男性陣の活躍も楽しみにしておりますよ。とりあえず、ステージ、ではない宴席で、がんばれ淑玲と珠露!

ですよねー。私も書いててもう珠露ENDでいい気がしてきましたよ。…でも、あれ?それでいいんだっけ?いやいやいや、待て待て待て!ってなりましたよ~^^;他の男性陣も頑張って頂かないとですよね!個人的にはお兄さんを押したいところ。な~んて。
rurubu1001│URL│06/02 01:58│編集

うおー。盛り上がるー。自分勝手に盛り上がるー^^
いーねーいーねー。

やっぱり淑玲ちゃんは化粧栄えする娘だったのね。
誰にも見せたくないよねー。
なにがあっても珠露、淑玲ちゃんを守ってね。
けい│URL│06/02 18:12│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

返信が遅くなってしまい、申し訳ありません!

> うおー。盛り上がるー。自分勝手に盛り上がるー^^いーねーいーねー。やっぱり淑玲ちゃんは化粧栄えする娘だったのね。誰にも見せたくないよねー。なにがあっても珠露、淑玲ちゃんを守ってね。

珠露の見せ場きましたよー!頑張りましたよー!

おおー、けいさんが盛り上がってくれているなんて大歓迎(大感激!)です~!^^私は自分でここ読み直して、すごーくこそばゆくって。改めて恋愛小説を書いてる人って凄いなあって思いました。(私はちょっぴりスパイス的な感じでこういう描写をかければいいや。ここ書いただけで正直ダウンしかけました)一応この物語、恋愛面も頑張る予定ではあるのに…早くも気がくじけそうという…。淑玲も珠露も頑張っていますが、私も頑張らねば…^^;
rurubu1001│URL│06/04 21:22│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?