※良ければ、先にこちらをどうぞ。
【目次】 淑玲『宮廷浪漫』シリーズ 【作品紹介】
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-253.html
=====================================

「もしかしたら、幻影(いりゅう)や菊恭(きっきょう)もそうだったのかな」
「え?」
「珠露みたいに花街から離れたくて、ここにきたのかもって思ったの」
「そうだね。でも、もしかしたら僕の護衛にって、おばあちゃんが彼らの父親に頼んだのかもしれないな」

なるほど。そういう線もあるのか。

「だとしたら、彼らが珠露に反発するのもわかるわ。きたくもないところに、なんでわざわざって」
「あいつらは昔から僕と距離を置きたがってたから。でも、彼らの父親が僕のおばあちゃんと仲がいいんだよ」

彼らの父親が珠露のおばあちゃんと仲がいい?

「…もしかして妓楼のおかみって珠露のおばあちゃん?」

珠露は頷いた。

「実はそうなんだ。僕のお母さんは早くに死んでしまって、代わりにおばあちゃんが僕を育ててくれたんだよ。富黄楼(ふうきろう)のお蔵(くら)って呼ばれてる」

富黄楼のお蔵?…お蔵?はて、どこかで聞いたことがあるような…。

「おばあちゃんも元々妓女(ぎじょ)だったんだけど、その時の妓女は待遇がとても悪かったらしいんだ。それをなんとか改善したくて、自分で新たな妓楼を作るって決めたんだよ。それで今の富黄楼を築き上げんだ」

富黄楼のお蔵!思い出した!確か、蹊国(けいこく)の女傑と呼ばれる人だ。妓女の待遇改善、格上げをはかり、彼女たちに教育を施した。それが宮廷関係者の目にとまり、待合政治の場所として富黄楼を重宝。最も有名な高級妓楼となった。うわー、なんで今まで思い出せなかったんだろう!

「へー、お蔵さんかあ!いいなあ、会ってみたいなあ…」

女性の身でありながら、今の時代をそんなふうに生きた人がいる。その人は今、孫のために毎日お弁当を手間暇かけて作っているのだ。なんだか愛情の深い素敵な人に思えた。



=====================================
★余談
・富黄楼お蔵のモデルは、富貴楼お倉(日本/明治時代)。
=====================================
=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

しばらく影響を受けた作品紹介を省略します。良かった。ここでやっと富貴楼お倉さんのエピソードが使えました。ほ。

★ YUKI ★
『鳴いてる怪獣』
https://www.youtube.com/watch?v=RKhOk-Ym-yg
『ランデブー』
https://www.youtube.com/watch?v=r55074Ici6c

=====================================
次回更新まで、しばらくお待ちください。待たれている間に、こちらの物語なんぞどうでしょうか?
【第51夜】 少年の夢(中華風のお話。1話完結です)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
【第57夜】 笠森お仙騒動記
(淑玲に似た気が強いヒロインが登場します。ちなみに舞台は江戸。1話完結です)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

珠露のおばあちゃん、すごい人なんですね。
私も見てみたい。
登場するのかな? キャラの立った年配者って大好きです。
椿│URL│05/08 14:30│編集
椿 さんへ
いつも本当にありがとうございます!

返信が遅くなってしまい、すみません><!

> 珠露のおばあちゃん、すごい人なんですね。私も見てみたい。登場するのかな? キャラの立った年配者って大好きです。

そう言って頂けてとても嬉しいです。

実は珠露のおばあちゃんにはモデルがいまして日本にあった富貴楼のお倉さんという方なんですけど、日本の妓楼のイメージを変えた方みたいなんです。そこにいた芸者は後にファーストレディーや外交官の妻になったりしているらしく、素敵なエピソードだなあって思っていて、いつか物語で使えればいいなあと思ってたんです^^

ここでは珠露のおばあちゃんとして富黄楼のお蔵さんと漢字を少し変えてご登場です。彼女の活躍もどうぞお楽しみに~!
rurubu1001│URL│05/09 16:06│編集

なるほど。そういう家柄関係(?)があるのですね。
子どもにも影響してしまうのがなんだかなあ。
でも、親のいないところでの交流が彼らの関係に何か作用するのでは?
良い方向に行くと良いのですが。

おお。珠露のおばあちゃん。女傑ですか。すごい人物ですね。
淑玲ちゃんに大きな影響を与えることになるのかな。
楽しみです。
けい│URL│05/10 12:25│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> なるほど。そういう家柄関係(?)があるのですね。子どもにも影響してしまうのがなんだかなあ。でも、親のいないところでの交流が彼らの関係に何か作用するのでは?良い方向に行くと良いのですが。

じつはこんな事情がありました。花街のみんなが今回、淑玲が絡むことでどう変わっていくのか(はたまた変わらないのか)いい方向に変わっていくといいなあ。なので、これから俊楽堂/花街編という感じになるやもです…(だからこの物語、書くのがどんどん長くなってしまうのでしょうか…とほほ)。

> おお。珠露のおばあちゃん。女傑ですか。すごい人物ですね。淑玲ちゃんに大きな影響を与えることになるのかな。楽しみです。

ついに女傑が登場しました。書きたかったので、彼女のエピソードが書けてとても嬉しいです。きっと淑玲に大きな影響を与えることでしょう。直接対決?もあるかもしれません。乞うご期待です^^
rurubu1001│URL│05/11 01:29│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?