良ければ、先にこちらをどうぞ。
【目次】 『或るアプレ記者の回想(仮)』シリーズ 【作品紹介】
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-314.html
=====================================

『 …あの人は中学を出るとすぐに、与謝から京へきて、…寺の小僧はんにならはりましたんどす。せやけど、天性の どもり ですよってに、みんなから阿呆にされはって…ひどい目ェにおうて、大きゅうならはったんどすがな。けど、ひねてしもうて…人さんの顔をよう見んほど、卑屈な気持で生きてきやはりましたんや。お経さんもよむのに、大きな苦労やいうといやした。あの人は…寺で、えろう苦労してはるんどす…。 』

    *

昭和二五年、七月二日正午頃。

警察と消防の情報公開は、私たちの知っているものとそんなに変わらなかった。ただ、金閣寺の火災の原因になった寝具(蒲団・蚊帳)等が発見され、それが若い修行僧のもので放火の可能性が高いこと。そして、その修行僧がいまだ行方をくらましていることだけだった。

「情報公開ってこんなものなんだ…」

というのが、当時の私の率直な感想だった。ある人の手を借り、生意気にも私は学生の分際で新聞記者に扮し、こっそり現場(金閣寺)に忍び込んでいた。

「まあ、こんなものでしょうねえ」

というのは手を貸してくれた知り合いの新聞記者・フクダさんだ。彼はそれで納得しているようだったが、隣りにいるは女性新聞記者はそうではない様子だった。フクダさんとは商売敵という凄腕記者スエツグさんである。

「だからって、『はいはい。そうですか!』って、こっちは帰れないのよ。もっと話をきかせてもらわないと!ちょっと、ワカギさーん!」

と息巻いて、若い警部に近づいて行った。私とフクダさんは顔を見合すと、頷きあって、きびきびした彼女の背中を追っていった。ワカギと呼ばれた警部はスエツグさんの存在に気づくと、「げ!」とあからさまに嫌な顔をした。

「な、なんでスエツグさんが、ここに!?」
「『事件のあるところに、スエツグあり』よ!そんなの当たり前の常識でしょう!」
「そんな常識、知りませんよ!」
「で、さっきの情報公開は何?あんなのとっくに私たち記者はつかんでるわよ!」
「もう勘弁して下さいよー!自分はまだ警部見習いなんですから!!」

くってかかるスエツグさんにワカギ警部見習いはひるんだ。それを見た彼女はいきなり態度を変えた。勇ましさをひっこめ、彼に同情的なまなざしを向ける。

「優秀な消防と警察が、こんなむざむざと金閣を全焼させるなんて私は信じられないの」
「え?」
「去年の法隆寺の火災事故といい、あなた方は悔しい思いでいっぱいでしょうね。消火活動に落ち度はなかったか、こういうとき何かとせめられるわ。私はね。法隆寺火災の原因は、修復士が暖をとるために持ち込んでいた家電の不始末のせいじゃないかと思っているの。…でも、それを表沙汰にできない事情があった」
「……どうしてそれを?」
「私たち記者をなめないで。真実を見ぬく目は、日頃のあなた方の情報提供のおかげよ。警察のみなさんの助力があってこそなんだから!」
「…スエツグさん…!」

ワカギ警部見習いの表情が変わった。私は凄腕女性記者スエツグさんの『凄腕』部分を垣間見た気がした。

「…今回も寺側の落ち度というか、何か理由があったんじゃない?」

ワカギ警部見習いはあえなく落ちた。

「…そうなんですよ。なんでも、ここの火災報知機が壊れてたらしいんですよ!」
「…火災報知機が壊れてた?」
「手抜かりですよ。きちんと設備点検していたかもあやしいですね。ったく、何やってんだよ!っていう…」
「なるほどね。…あと、いなくなった若い修行僧についてはどうなってるのかしら?」

ワカギ警部見習いは真剣な面持ちで言った。

「舎利殿(金閣)内の国宝・足利義満像の焼け跡近くで蒲団の燃えかす、蚊帳のやけのこりが見つかっています。その布団や蚊帳は修行僧の部屋からなくなっていたものです。さらに藁らしいものの灰まであった。私たちは彼をほぼ放火犯とみていますよ。ただ、関係者に事情聴取してみると、その修行僧は『放火するような奴にはみえなかった』というんです。でも、姿がないのはおかしいですからね。これから大規模な捜索が始まります」

私は思わず、声をあげた。

「…大規模な捜索…?」

ワカギ警部見習いとフクダさんは同時に答えた。

「山狩りですよ」


=====================================
引用文献(冒頭)
・水上勉『五番町夕霧楼』 
=====================================

やっぱり長くなってしまいましたね。すみません。物語はもう少し続きます。

内容のネタバレの可能性があるかもしれないので影響を受けた作品の詳しい紹介はラストに。同じ理由から、コメント欄も閉じさせて頂きました。申し訳ありません。1話で全ておさえたかったんですけど、やっぱり長くなりそうなので。さあ、頑張って続きを書かねば!あ、これくらいは紹介できるかな。

★ サカナクション『僕と花』
https://www.youtube.com/watch?v=scV4N5tkWbU
聞いてた音楽です。piano Ver. も見つけました。
サカナクション『僕と花』 piano Ver. 
https://www.youtube.com/watch?v=fPD-AWTG0V4

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト