みなさま、いつもありがとうございます。

物語のUPが遅れております。申し訳ありません。(ちなみに「或るアプレ記者~」、もう少しお時間を頂きそうです。読みたい資料が書店を探しても全く見当たらず、ようやく地元の図書館で見つけ、借りることができました。それを読んでから書くと思いますので、けっこう時間がかかりそう。案外、資料を読むなんて決めない方がサクッと書けたような気がする…なんか反省が多いなあ)
【第176夜】 或るアプレ記者の回想(上)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
【第177夜】 或るアプレ記者の回想(中)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

お待たせするのもなんですし、私も浮気癖がありますので、もしかしたら先に他の物語をUPするかもしれません。淑玲やら他の物語やら。とは言っても私の次回予告はよく外れます。もうしばらくお待ち下さいませ。

そうそう。お気づきかと思いますが、テンプレートを変えてみました!

それというのも、私の好きな作家に恩田陸さんという方がいて、その方の短編で「象と耳鳴り」という魅力的なタイトルのミステリがあります。その装丁がまた素敵なんですよ。これこれ。

恩田陸「象と耳鳴り」
http://www.amazon.co.jp/%E8%B1%A1%E3%81%A8%E8%80%B3%E9%B3%B4%E3%82%8A-%E6%81%A9%E7%94%B0-%E9%99%B8/dp/4396631588

ほら、ちょっとこのテンプレと似ていませんか?見つけた時に、一目ぼれしまして。最近書いてるのもそうですが、今レトロなのが個人的にヒットなのかもしれません。

実は「象と耳鳴り」も恩田さんが過去に出会った外国のミステリ小説の装丁を真似たのだそう。それというのがこちら。

バリンジャー 「歯と爪」(上段真ん中あたりの画像)
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_lt1_sa&p=%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC+%E6%AD%AF%E3%81%A8%E7%88%AA+%E5%89%B5%E5%85%83#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D303

そっくりでしょう?どうしてこんなことになったのか、以下、恩田さんの担当編集者さんのお話なのですが…。

『(「象と耳鳴り」の)ゲラの準備を進めていたころ、装幀などもそろそろ煮詰めなければと打ち合わせに入った新宿N屋地下の喫茶店で、恩田さんはおもむろに一冊の古本を取り出しました。「今朝、古本屋さんでやっと見つけました。今度の本の装幀はこれにしてください」「こういうイメージということですか?」「そうじゃなくて、これそっくりにしたいんです」その本というのが40年前に東京創元社からクライムクラブシリーズの一冊として出たバリンジャーの『歯と爪』。緑白ツートーンの簡易箱装された新書でした。たしかに古き良き時代の洗練されたブックデザインです。装幀したのは『暮らしの手帖』で知られる花森安治氏。さっそく東京創元社現社長の戸川さんに花森氏のお嬢さんを紹介していただいて、ご快諾を得ました。「私だって入社する前の本ですよ」という戸川社長によれば、花森氏自身が雑誌の犯人当て企画に、異ジャンル代表として参加するほどのミステリファンだった、なんて話も聞けました。「このデザインだと、タイトルも『○と×』というパターンじゃないとだめなんです。だから表題作は『象と耳鳴り』にしてください」と恩田さん。昨今の書店さんの刺激いっぱいの新刊売場で、この地味なデザイン、地味なタイトルが、どこまでウケるかという懸念は、幸いなことに杞憂でした。ちなみに『歯と爪』は文庫になった際、解決編部分が袋とじにされ、帯に『袋とじを破らずに、その前の頁で読み終える人には返金保証する』旨が明記されて話題になってます』

面白くないですか?こういうエピソード、私とても好きなんですよね。作家と編集者ウラバラス的な。私はミステリは書けないのですが、今書いている「或る~」(だんだん略がテキトーに…)が少しでもミステリ要素を織り交ぜられればいいなあ。本音を言うと、歴史×青春×文学×ミステリを狙いたいところなんですけど。(欲深かった…)すこしでもあやかれるように、しばらくこのテンプレでいこうかと思います。

でもこのテンプレ、記事UP専用らしく、コメント欄とか元々ついてないみたいなんですけど…。まあ、短期間だしいいか。ご用のある方はメッセージまたはメールフォームをご利用下さい。

せっかくなので、最後に恩田陸さんのおすすめ作品のご紹介も!

恩田さんはミステリ作家さん。私の中では「青春×ミステリ」作家という位置づけです。彼女の描く学生が爽やかで大好き。もしかしたら、私の描く学生像ってかなりこの方の影響を受けているのかもしれません。(私は「夜のピクニック」以前の作品が好きで、実は最近のはあまりよんでいないのですが…)

オススメは…

・恩田作品初心者さんにすすめる短編と言えば「図書室の海」。初期恩田作品の良さが詰まってると思います。(以前、影響を受けた作品として紹介したかも)

・文句なしに面白かった長編は(本を貸した友人にも全員好評だったのは) 「上と外」
楽しい夏休みをむかえるために訪れた外国でクーデターに巻き込まれてしまった、わけあり日本人家族。アマゾン奥地に取り残された兄妹。彼らの命がけの脱出劇です。出だしの文章から引きこまれます。

・読み返したくなる青春ミステリと言えば、「六番目の小夜子」(こちらにでてくる関根ファミリーは「象と耳鳴り」にも登場)「ネバーランド」「麦の海に沈む果実」(ファンが一番多いであろう「理瀬シリーズ」です。その完結編と言われる「薔薇の中の蛇」の刊行を心待ちにしてるんですが、一体いつでるんだ?)」「夜のピクニック」は本屋さん大賞に選ばれたから有名ですね。

・映像化に大成功したと思うのは「木曜組曲」。キャスト&脚本ともに映画、素晴らしかった!本もそうですが、頭のいい女性作家たちの推理合戦、心理描写が凄かったんですよ。本と映画は微妙にオチが違うので、本だけ読んだ方も必見!
「木曜組曲」の映画予告など
https://www.youtube.com/watch?v=4pBkhjyjgDA
https://www.bandaivisual.co.jp/mokuyou/main.html

・ジャンルで言うとファンタジーなのかな。不思議な能力を持った常野(とこの)一族の話。「光の帝国」

・個人的に一番好きなのは、「三月は深き紅の淵を」でしょうか。「この人、凄い作家さんかも!」と呻りました。4つの短編構成ですが、すべて同じある謎の本をめぐるミステリ仕立て。後に恩田さん自身が書くことになる物語の原型がここにたくさんつまっいて作家の創作ノートをみているみたいな面白さがありました。ここから「黒と茶の幻想」「まひるの月を追いかけて 」「麦の海に沈む果実」などが生まれたかと思うと「おおー!」となります。

とりあえず、パッと思いついたのを上げてみました。良ければ、ご一読下さいませ~^^

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □ 

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  
コメント

rurubuさんのテンプレ心をつかんだ(?)恩田陸さん作品、気になりますね。
手に入れること難しいのがいつものごとく残念です。

うちのテンプレはブログ開始以来ずーっと同じです。
時々変えようかなあと軽くリサーチしては変えずのまま(^^;)
あまりこだわりはないのですが、整理整頓はしたいかな。
テンプレにも皆さんの個性があって面白いですよね^^
rurubuさんは、しばらくこのテンプレでいくのかな?
けい│URL│04/10 15:59│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> rurubuさんのテンプレ心をつかんだ(?)恩田陸さん作品、気になりますね。手に入れること難しいのがいつものごとく残念です。

きゃー、ごめんなさい!恩田版(恩田さんの本の表紙と似た)テンプレは今のテンプレとはまた違うやつだったんです!客観的に見たら、ちょっと見にくいかな?と思って今のに変えてしまって。恩田版テンプレは緑と白の2色で「象と耳鳴り」という本の表紙に本当にとてもよく似ていて。恩田版テンプレ気に入ってたんですけどね。使い勝手も少し良くなかったのが残念…。

> うちのテンプレはブログ開始以来ずーっと同じです。時々変えようかなあと軽くリサーチしては変えずのまま(^^;)あまりこだわりはないのですが、整理整頓はしたいかな。テンプレにも皆さんの個性があって面白いですよね^^

本当に個性がでますよね。私はテンプレはシンプルなのが好きなのですが、けいさんのブログもそうですよね!白い背景の中にいい感じにお花があって。私、けいさんの性別はもしかしたら、あのテンプレでわかったかもしれません^^お花がなかったら、三人称の文章の感じから男性だと思っていたかも!

> rurubuさんは、しばらくこのテンプレでいくのかな?

気分転換したい時に、いきなり前のに戻っているかもしれません。恩田版テンプレも好きなのですが、真っ白な雪景色のが一番好きなんですよね^^
rurubu1001│URL│04/10 21:18│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?