――次は、世界の終点駅~、世界の終点駅~、終点です――

アナウンスが流れ、眠っていた私は沈み込んでいた体を起こし、車窓を眺めた。外は真っ暗だった。

「まあ、世界の終点ですからね」

いつの間にか車掌さんが横にいた。

「失礼。ぐっすり寝てらしたので、そろそろ到着なので知らせにきたんですよ」

ありがとうございます。

「いえいえ。乗客はもうあなただけみたいですね」

車内を見渡した。本当だ。私だけだ。

「貸し切りですよ」

ふふ、贅沢ですね。

「お仕事で?」

いいえ。ただ、なんとなく。

「…なんとなく?」

ええ。駅のホームで路線図を見ていたんです。そしたら、端の方にこの駅名を見つけて、気になってしまったんです。

「ああ、わかります。名前が名前ですからね」

でも、こんなに暗いところだとは思わなかった。世界の果てってこんな感じなのかしら?

「どうでしょう?でも、そうかもしれませんね。ここは『この世の果て駅』とも呼ばれているので」

やっぱり。

「それにしても不思議ですね」

何がですか?

「この駅に向かう人はみんなどこか影を背負っているというか、暗い雰囲気をおもちなんですが、あなたは…」

元気にみえます?

「ええ、わくわくしているように見えます」

たぶん、終わりに期待しているんです、私。

「終わりに期待している?」

ええ、不思議でしょう?

「いいえ、わかりますよ。私もそうですから」

え?

「ほら、終わりが見えてきた」

車掌さんの指さした方向を見る。外の暗闇が消えた。

…あ。

光だ。まばゆい光。光源。

「期待はずれでした?」

…いいえ、期待以上でした。

「それは、良かった」

ここを私は知っています。

「ふふ、そうでしょうね」

ここは、私の生まれたところですね。

「あなたのすべて、お忘れ物のないように」

――ご乗車お疲れ様でした。世界の終点駅~、世界の終点駅~、終点です――



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

終点、イコール、始発点、だったのかな。
でも、始点となるかどうかは乗っている人次第なのでしょうかね。
長く暗闇の中で眠っていても、光が見えると終わる、そんな感じもしました^^
けい│URL│08/28 19:51│編集
Re: タイトルなし
>けいさん

いつも本当にありがとうございます!

なんか不思議な話になってしまって、すみません!あんまり深く考えず、書いてしまい…。
たぶんおっしゃること全部正解だと思います!^^
やっぱり私の物語よりけいさんのコメントの方が断然いいことを言ってくれているような…(苦笑)
rurubu1001│URL│08/28 21:30│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://short2story.blog.fc2.com/tb.php/19-3ce40a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)