他の物語を待っていた方ごめんなさい。書きたくなって、久しぶりにショートショートを。

=====================================

隣りの席の野矢(のや)くんは、いつも傷だらけだ。

高2になってあったクラスがえ。私は仲の良かった友達と離れ、さびしいような、少しホッとしたような複雑な気分を味わっていた。そんな矢先、この謎めいた野矢くんと隣りの席になってしまった。

「俺、野矢英雄(のやひでお)。いつも寝てるだろうけど、気にしないで。よろしくな」

と最初に挨拶をかわした時、彼の鼻の頭に絆創膏が貼ってあったのを覚えている。それを見た私は、本当にそんなところ怪我する人いるんだなあ…、くらいにしか思わなかった。

でもね、夏服(男子は上が学ランから半袖白シャツに変わります)になって肌の露出度が上がってから、私は彼が心配で心配でたまらない。だって、野矢くんの腕はいつも打ち身や痣だらけ、それは全然治る気配も見せず、なんだか増える一方なんだかたら…。…野矢くん、きみはいったい…!?

大きな目がクリっとしてて、女子受けがよさそうな童顔。背は低い痩せ型。小動物系。だから、余計に痛々しい傷が目立ってしまうのかもしれない。

まさか野矢くん、本当はどこかで喧嘩してる不良さんだったんですか…?それとも、逆に悪質で陰険なイジメにあってたりしますか…?そんな彼の隣りの席で大丈夫なんでしょうか、私は…?とか。

野矢くんの心配より、ちょっぴり我が身を気にする始末です。クラスメートなのに、隣人なのに、ごめんなさい。でも、人間、自分が一番かわいい生き物って言うじゃないですか。小心者の私は、不安で心配でたまりません。せめて、誰かこっそり教えてほしい。彼についてぜひ詳しく!!

…そんなこんなで、最近、私はこの謎めいた隣人のことで頭がいっぱいだった。もう一人悩んでいるのも限界を越えてしまったある日、ついに行動に起こすことにした。なんてことはない放課後、野矢くんの後をつけたのだ。世に言う、ストーキングってやつですよ。

放課後のチャイムと同時に、大きなスポーツバックを背負って駆け出す野矢くんを追いかけた。俊足すぎて、見失いそうになっては「廊下を走るな、こら!小動物!!」って叫びたい気持ちをなんとか抑えた。彼の行き先は体育館だった。

半袖ハーパン姿に着替えた彼は、バレーボール用のボールを準備をし、一人黙々とストレッチを開始した。それから、肘と膝の部分にサポーターを付けて、立ち上がり、深呼吸をする。もしかして…これは、ひょっとしなくても…。

「部活の傷ってオチ…!?」

うっかりもらした私の声が聞こえたのか、野矢くんが振り返った。

「…あれ、隣りの席の…?」
「東(あずま)です」

私は自ら名乗り出た。やっぱり私の名前、知らないと思ったよ。授業中、野矢くんはいつも寝てるし、休み時間はものすごい勢いで何かしら食べてるし、まわりに興味なさそうだったから。こっちはあなたのせいで、終始ハラハラドキドキしっぱなしだったというのに。ちなみにそれって青春の痛みとかじゃないから。バイオレンス風味、とでも言いましょうか…。

「ごめんごめん、東さん!あれ、どうしてここに?」

見つかってしまってはしょうがない。私は大人しく白状した。というか、バカな自分の勘違いを一緒に笑い倒してもらいたくなったのかもしれない。たぶん誰よりも早く部活に来て、一人入念に準備をしている彼なら、一瞬犯したストーキングについても笑って聞き流してくれる。そんな気がしたから。案の定、彼は笑ってくれた。人の良さがにじみ出る笑顔だった。

「そっかー、心配してくれてたのか。ごめんごめん。俺、別に喧嘩もしてないし、イジメにもあってないから。これはバレー部の球拾いが原因なんだ」
「球拾い?」
「リベロってポジションなんだけど、知ってる?」

私は首を振った。体育の授業で何度かやっているバレーボール。でも、私はポジションとか詳しいルールは知らなかった。

「バレーってさ、相手のコートにボールを落として点を入れるスポーツじゃん?逆に相手に自分のコートにボールを落とされると負け。俺はそうならないように、とにかくボールを拾うんだ」
「へえ、カッコいいね」

野矢くんはきょとんと私を見返した。どうやら私の返事が意外だったらしい。

「東さん、変わってるね。バレーのカッコいいポジションって、素人目には絶対点取るスパイク打つ奴だよ」
「…そうなの?」
「そうそう。派手だし、目立つしね。得点とってチームを笑顔に導く存在(エース)。カッコ良くない?」
「…別に…」

野矢くんは笑った。

「東さん、面白いな」
「そうかな?」

私は懸命に傷だらけになる君の方が面白いけど…。それに、思うんだ。

「…エースなんて全然カッコよくないよ」
「え?」
「ううん。ほら、野矢くんって下の名前が確か英雄(ひでお)でしょう?英雄(えいゆう)って、ヒーローじゃん。そっちの方が断然カッコいいと思う」

私は彼の肩をポンポンとたたいた。

「私、エースよりヒーロー押しなんだ。がんばれ、傷だらけのヒーロー!」

そう笑って、私は体育館を後にした。


    *


隣りの席の東(あずま)さんは、密かに傷だらけだ。

高2になってあったクラスがえ。俺は仲の良かった友達と離れ、さびしいような、少しホッとしたような複雑な気分を味わっていた。そんな矢先、この謎めいた東さんと隣りの席になってしまった。

「私、東 一夏(あずま いちか)。いつも考え事してボーっとしてるだろうけど、気にしないで。よろしくね」

と最初に挨拶をかわした時、彼女の発言に「なぜいつも考え事を…?」となったのを覚えている。それを聞いた俺は、複雑な人っぽいから、あんまり声をかけない方がいいのかなあ…、くらいにしか思わなかった。

でも夏になったある日の放課後、俺の傷の心配をして後をこっそりつけてきたという彼女のことを知ってから、、俺は彼女が気になって気になってたまらない。だって、東さん「カッコいい」やら「私はヒーロー押しなんだ」やら言って、俺を褒め殺す一方なんだかたら…。…東さん、きみはいったい…!?

目尻がすっと上がったきれいな瞳、男受けがよさそうな顔。背は高めで均衡のとれた(つまり出るとこ出た)体型。美人系。だから、発言や行動が余計にが目立ってしまうのかもしれない。

まさか東さん、本当は俺のこと、その、好き…とかですか…?それとも、これは単に俺の勘違いだったりしますか…?そんな小悪魔系彼女の隣りの席で一体どうすればいいんだ、俺は…?とか。

東さんの心配より、ちょっぴり我が身を気にする始末です。クラスメートなのに、隣人なのに、ごめん。でも、人間、自分のことをそんなに褒められちゃ、うぬぼれてしまうじゃないですか。勘違い野郎の俺は、気になって気になってたまりません。せめて、誰かこっそり教えてほしい。彼女についてぜひ詳しく!!

…そんなこんなで、最近、俺はこの謎めいた隣人のことで頭がいっぱいだった。もう一人悩んでいるのも限界を越えてしまったある日、ついに行動に起こすことにした。なんてことはない部活のない放課後、東さんの後をつけたのだ。世に言う、ストーキングってやつですよ。

放課後のチャイムと同時に、自分のスクールバッグを背負って歩き出す東さんを追いかけた。歩くペースがゆっくりすぎて、近づきそうになっては「何、もたついてるんだ!小悪魔!!」って叫びたい気持ちをなんとか抑えた。彼女の行き先はグラウンドの見渡せる屋上だった。

バッグを地面に下ろし、塀に片肘をついてぼんやりしている彼女の視線の先は、野球部の…いや、ソフトボール部のグラウンドだった。夏の暑さの中、部員たちは汗まみれになりながらも、必死に球を追いかけている。それを見て、うちの高校の女子ソフト部が春の大会でいいところまでいって、逆転負けしたことを思い出した。見つめていた東さんは、軽く投げる仕草をすると、深くため息をついた。とてもキレイなフォームだった。

『…エースなんて全然カッコよくないよ』

もしかして…これは、ひょっとしなくても…。

「密かに傷だらけはきみってオチ…!?」

うっかりもらした俺の声が聞こえたのか、東さんが振り返った。

「…あれ、野矢くん…?」
「何がヒーロー押しだよ。ソフト部の嘘つきエースめ!」

見つかってしまってはしょうがない。俺は大人しく白状した。というか、バカな自分の勘違いを一緒に笑い倒してもらいたくなったのかもしれない。たぶん誰よりも傷ついている彼女なら、一瞬犯したストーキングについても、笑って聞き流してくれる。そんな気がしたから。案の定、彼女は笑ってくれた。人の良さがにじみ出る笑顔だった。

「そっかー、ごめんごめん。そう、ちょっと前まで私ソフト部のエースだったんだ」
「ちょっと前まで…?」
「ピッチャーの私の投げた球が最後の最後に打たれて、逆転負けしちゃってさ。仲間に合わせる顔がなくて今、部活サボってます…」

彼女はけらけらと笑った。無理につくった笑顔。…ああ、この笑いを俺は知ってる。だから、たずねた。

「本当はもっと部活に行けない。みんなに顔向けできない。そう思うような理由が他にあるんじゃない?」

東さんはきょとんと俺を見返した。どうやら俺の返事が意外だったらしい。

「鋭いね、野矢君。そうなの。私、仕出かしちゃったの。あの試合、最後キャッチャーのサイン、無視しちゃったんだ。自分なら絶対ストレートでおさえられるってふんで、そうして見事に玉砕…」
「そうだったんだ」
「ほらね、エースなんて全然カッコよくないよ」
「そうかもしれないね」

俺は笑った。

「今の東さんは確かにカッコよくないかもね。本当は部活に戻りたいのに戻れなくて、もたついててさ」
「厳しいなあ」
「授業中、いつもそのことで悩んでたんだろう?」
「もうカッコ悪すぎて面白くない?」

俺はそんなふうに懸命に傷だらけになる君の方が面白いけど…。それに、思うんだ。

「…エースなんてそんなもんだよ。バレーならスパイクで点とったり、ソフトなら球を投げて相手をおさえたり、決めたらカッコいいけど、失敗したら、一番矢面に立たされる。チームプレイのエースなんて、そんなもんだよ」
「責任重大でプレッシャー、ハンパなくてね…」
「でも、投げたいんだろう?」
「え?」
「ごめん。さっき投げるフォーム、見ちゃってさ。すげー、キレイだった。『投げたい』っていう、その気持ちだけで本当は充分なんじゃないかな。それが見られれば、まわりの俺たちは笑ってられるもんだよ、エース」

俺は彼女の肩をポンポンとたたいた。

「待ってるよ、俺たちは。エースがいないとつまらないからさ」

そう笑って、俺は屋上を後にした。


    *


隣りの席の野矢くんは、相変わらず、いつも傷だらけだ。

「で、ソフト部エースは無事、部活に戻ったんだ?」
「おかげさまで。野矢くんのいってたとおり、案外みんな笑って受け流してくれたよ。キャッチャーだけ泣いて喜んでたけど」
「なんかわかるな。そのキャッチャーさんの気持ち、俺すごく…」

しみじみと頷く隣人はエースを支えるポジション同士、何か分かり合えるものがあるのかもしれない。

「それはそうと、東さん」
「うん?」
「きみ、うちの…、バレー部のエースに何かした?」

やっぱり聞かれると思った。私はそらとボケた。

「…別に…」

『待ってるよ、俺たちは。エースがいないとつまらないからさ』

野矢くんのあの言葉が気になって、個人的にバレー部を調査したら、なんと私と似たような理由でバレー部エースも部活をサボっていることを知った。

「本当に東さん、何もしてないの?」
「たいしたことはしてないよ。『ただヒーローが傷だらけなんです。助けて!』って言って、バレー部のエースくんを現場に連れて行っただけだよ」

すると、バレー部のエースは自主練習に励む野矢君の姿を見てえらく感動し、おのれの不甲斐無さ反省したようだ。部活にきちんと戻ったらしい。

「助けられるヒーローってなんだかなあ…」

そう愚痴をこぼす野矢くんは、何気に嬉しそうだった。やっとお互い最近、隣人同士の関係がいたについてきた気がする。話しやすい、いい距離感とでもいいますか…。

「もう少しで、夏の大会か~」

野矢君が傷だらけの腕で伸びをした。私もそれにこたえる。

「あ、バレー部も?うちもだよ」

野矢君はニヤリとした。

「せっかくだから、東さんのエースっぷりでも見に行きますか」
「いいねー、それ。私もバレー部のカッコいいヒーローの応援に行っちゃおうかな」
「…出たよ、小悪魔め。はいはい、名前負けのヒーローですけどね」

そう笑って隣りの席を離れようとする彼を、私は慌ててひき止めた。

「すねないでよ、傷だらけのヒーロー!」
「東さんの褒め殺しの手に、二度と引っかかるもんか」

懸命に傷だらけになろうとする隣人。相変わらず、面白いなあ。だから、思うんだ。
私は彼の肩をポンポンとたたいた。

「私、エースよりヒーロー押しなんだ。今度は嘘じゃないよ」


=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 古舘春一『ハイキュー!!』 × 秦基博 『 鱗』 ★

やっぱりショートショート書くの楽しいな。時間があったら、毎日書くんだけどな。ちなみに英雄の名前でヒーローというのは、あだち充さんの『H2』からきたのかと。

① 古舘春一『ハイキュー!!』
http://nicotter.net/watch/sm23702812
(吹き出しを押すとコメントが消えます)
以前紹介したスポーツ漫画。高校男子バレーの話。この動画を見て書けた物語です。秦基博さんの「鱗」も知れて良かった。

② 秦基博 『 鱗』
フルバージョンです。秦さんは、いい歌いっぱいのようで他にも聞いてみたい。
https://www.youtube.com/watch?v=V0xSlwow9rQ


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

こんにちは。
ああーなんかとても良いですねー。
東さん目線の傷だらけのヒーローと
野矢君目線の心が傷だらけのエースと。

rurubu1001様の青春ものは本当に大好きです。
オススメのひるなかの流星、まだ1巻だけしか買っていないんですが、
教師と生徒というシチュエーションがお好きではないのにこの作品はお好きという意味が
よく分かった気がしました。
いい作品を紹介してくださってありがとうございました。
Sha-La│URL│09/08 19:53│編集
Sha-Laさんへ
コメントいつもありがとうございます!

> ああーなんかとても良いですねー。東さん目線の傷だらけのヒーローと野矢君目線の心が傷だらけのエースと。

ふたりの少し違う傷だらけの様子に気付いていただけましたか。ふたりの似てるような似てないような傷の物語に仕上がったか不安だったので、その言葉が聞けて安心しました~^^

> rurubu1001様の青春ものは本当に大好きです。

おお~、なんという告白!なんて(笑)。Sha-Laさんにそう言っていただけてとても恐縮&光栄です!いつもありがとうございます。


> オススメのひるなかの流星、まだ1巻だけしか買っていないんですが、教師と生徒というシチュエーションがお好きではないのにこの作品はお好きという意味がよく分かった気がしました。いい作品を紹介してくださってありがとうございました。

ひるなかの流星、気に入って頂けたようで何よりです。そうなんです。少し違う感じの先生×生徒の恋愛モノで、私は読みやすくて。私の物語より断然面白いので、Sha-Laさんも良ければ、ぜひ楽しんで下さいね。
rurubu1001│URL│09/09 00:35│編集

お互いにやることが粋だなあ。
そうか、高二の出会いも良いですねえ。中学上がりの高一とはまた違う感じのクラス替え。部活を引退する高三もまた違うドラマが。高校時代はやっぱりいいいなあ。部活もいいなあ。

ヒーローとエースかあ。ライトの当たり方は違うかもしれないけれど、どっちも誇れるものですよね。応援されたら余計に頑張っちゃう青春^^
けい│URL│09/16 20:56│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> お互いにやることが粋だなあ。そうか、高二の出会いも良いですねえ。中学上がりの高一とはまた違う感じのクラス替え。部活を引退する高三もまた違うドラマが。高校時代はやっぱりいいいなあ。部活もいいなあ。

そうなんですよねー。学年ごとに色々なドラマがあって。クラスの同級生もあるし。部活の仲間の存在もあるし。先輩後輩もいいですよね。高校生ってキラキラしてて、ついつい書きたくなっちゃいます^^

> ヒーローとエースかあ。ライトの当たり方は違うかもしれないけれど、どっちも誇れるものですよね。応援されたら余計に頑張っちゃう青春^^

そそそ。ライトの当たり方は違うかもなんですが、どっちらもカッコよくて誇れるものですよね!私も昔はみんなに期待されるエースの存在が眩しかったですが、大人になるとそうじゃない子も余裕で眩しいなあっていう。頑張る姿が素敵なのかな。
rurubu1001│URL│09/17 02:18│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?