「雅治(まさはる)くん、結婚するんですって」

仕事を終えて一人暮らしの家に帰ると、久しぶりに母から電話があった。

「…へえ。従兄の雅兄(まさにい)、結婚するんだ?」

私がそう返すと、

「雅治くんも、もう29歳でいい年だったし。ねえねえ、聞いてよ。お母さんね、ちょうどお父さんと雅治くんの話をしてたところだったのよ。雅治くん、結婚そろそろするんじゃないかって」

母は嬉しそうに笑った。

「お母さんの勘、けっこう当たるからね」
「そうなのよ。けっこう当たっちゃうのよー。もう困っちゃうわあ」
「…そうかな?全然困ってなさそうだけど…」

そう意地悪くつっこんでみると、母は変な咳払いをして話を戻した。

「だから真紀(まき)、あんたも今回は一緒に田舎に帰らないとだめよ。雅治くんにちゃんとお祝いを言わなきゃ。小さい頃、あんなに『雅兄!』『雅兄!』ってうるさくつきまとって可愛がってもらったんだから。そう言えば、高校生くらいからじゃない?真紀がお盆もお正月も一緒に帰らなくなったの。雅治くん、淋しそうにしてたわよ…」
「…そうだっけ?」
「『そうだっけ?』じゃないわよ!いい?今回はちゃんと帰ること!あんたの新幹線のチケット、もう手配済みだからね。それじゃ!」

一方的に言うだけ言うと、母は電話を切ってしまった。私に「仕事で…」なんて言う隙も与えなかった。私ができたことは、ため息をつくことぐらいだ。

「本当に勘がいいなら察してよ、お母さん」

私はスマホをベッドに投げると、そのままそこに自分も倒れ込んだ。仰向けになって瞼を閉じる。

懐かしい記憶のかけらが瞬いた。

山に囲まれた静かな田舎。そこは緑にあふれ、水も空気もおいしかった。畑仕事に励む祖父と祖母。彼らはとれたての新鮮野菜を使ってたくさんのご馳走を作ってくれた。一緒に住んでいる叔父さん夫婦も気持ちのいい人たちで、いつも笑顔で歓迎してくれた。それから…。

『真紀』

ふと私を呼ぶ声がした。

『真紀』

仲の良かった彼の声だろうか。

『真紀!』

最後に聞いた声はなんだったろう?

『………』

夏のあつさに肌がやけ、気怠い風に自分の熱がさらわれる…。


私は、瞼を開けた。

「あれから10年か…」

…お互い、老けるわけだ。

「もう時効かな」

この夏、私は久しぶりに彼のいる田舎に帰る。



=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=

ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

まさか下記事【Q&A】で20拍手行くとは思わなんだ…。こちら短編として間に合わず、書き途中なのでシリーズ化してUP。

4月の間、過去に書いたものをUP&訂正するくらいで何も書きませんでした。でも、物語を語る声だけはすこぶる元気で私のスタンバイ待ち状態。急かすな、声よ。休めんわ!と自分自身に悪態をつく日々でした。ご心配&お待たせしてすみません。なんだかんだと1001夜まで書き切るつもりでおりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。良ければ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

★ 安藤裕子『summer』★
http://nicotter.net/watch/sm8823398
聞いてたら、気怠い夏を過ごす男女がちらついて離れませんでした。ねえやんの音楽の世界観に脱帽。このほかにも色々な物語が生まれる生まれる。以前UPした童話風のものからこんな話まで。ちなみに音楽動画はこれしか見つけらず…。『summer』は1曲目。ドラムが目立ってますが。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  
コメント

 こんにちは。
 振られたのか振ったのか。「もう時効かな」の台詞はどっちにとっていいんでしょうね。何れにせよ複雑な気持ちになりますね。幼い頃、従姉(従兄)に憧れる・・・誰でも一度くらい憶えはあるんじゃなかろうか。それが大人になっても続くってあまりない。やはり離れて暮らしていると心は離れるもんだ。でも他人じゃないから縁も切れない。昔の思いを覚えているからこそ、なお複雑だ。
miss.key│URL│05/12 17:44│編集
miss.key さんへ
コメントありがとうございます!

>  振られたのか振ったのか。「もう時効かな」の台詞はどっちにとっていいんでしょうね。何れにせよ複雑な気持ちになりますね。

これはもしかしたら、振った・振られたの意味だけではないかもしれません…。私も最後まで書き終えてないので、なんとも言えないのですが。色んなニュアンスを秘めた伏線かもしれないと、私自身も気になってます!

>  幼い頃、従姉(従兄)に憧れる・・・誰でも一度くらい憶えはあるんじゃなかろうか。それが大人になっても続くってあまりない。やはり離れて暮らしていると心は離れるもんだ。でも他人じゃないから縁も切れない。昔の思いを覚えているからこそ、なお複雑だ。

やはり従姉(従兄)って不思議な関係かも。兄弟とも友達ともちょっと違うような気がしますし。やはりおっしゃるように、大人になると、頻繁に会うわけでもない血縁者って複雑な思いがありますよね。
rurubu1001│URL│05/12 22:48│編集

お。新シリーズですかね。
夏に親戚同士集まって、いとこたちと逢ったりしましたが、本当に短い付き合いなんですよね。
サマーに何があったのかな。
久々の再会に、もじもじしちゃうかも。
って、あんたの話しぢゃないし・・・(><)
けい│URL│05/13 16:13│編集
けいさんへ
いつも本当にありがとうございます!

> お。新シリーズですかね。夏に親戚同士集まって、いとこたちと逢ったりしましたが、本当に短い付き合いなんですよね。サマーに何があったのかな。

最近シリーズものばかりだから、本当は1話完結の短編をUPしたかったのですが間に合わず…(すみません)。
だんだんショートショートじゃなくなってる気がしなくも…と思っていたり。いなかったり。
本当の千一夜物語も続編ばっかりだったし、たぶんセーフだと…思っていたり。いなかったり。

> 久々の再会に、もじもじしちゃうかも。って、あんたの話しぢゃないし・・・(><)

かわいい(笑)!もじもじけいさん、いいですね!^^
rurubu1001│URL│05/14 01:09│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?