敗戦後、日本に降り立った占領軍最高司令官ダグラス・マッカーサーの残した謎の言葉がある。

『ジェネラル・イシイはどこにいるか?』

   *

アキモトが東大医学部血清学教室から勤務先を満州の研究施設に変えたのは、ただ家族と離れたくなかったからだ。

戦時中は誰もが「お国のために」と命をかけて戦っていた。男子は赤紙がきたら兵士として戦地にいくのは当然だったし、女子や子どもは兵器や航空機の工場などで厳しい労働を強いられた。これまで軍役を免れていた医学者たちも「科学者の戦争動員令」の発令により、例外ではなくなってしまった。

アキモトには妻と小さい子どもがいた。彼らを残して戦地に向かうことはなるべく避けたかった。だから満州行きの話が来た時、飛びついたのかもしれない。日本を離れることになるが、家族も同行することができる。生活環境も申し分ない。しかも研究も続けられるというではないか。断る理由などなかった。

しかし、満州に訪れた彼が巨大な研究施設を前に絶望したのはなぜろう。

『お前は何も知らずに来たんだな』

先に赴任していた友人の暗い表情のせいか、

『今日、俺はマルタを三本倒したよ』

嬉々とした様子で自分の仕事を語っていた同僚のせいか、

『よく来たね、アキモト君』

身の毛がよだつほどの恐怖を覚えた、ある人物に出会ったせいか-。

   *

巨大な研究施設だった。ロの字型に立てられた研究棟を中心に近くには鉄道、二十以上もある官舎、大講堂、プール、庭園、浴場、運動場、神社などもあり、そこに医学者や軍人が三千人ほど働いていた。生活環境においては申し分なく、これなら妻も安心するだろうとアキモトは思った。そこはまるで築きあげられた一大都市のようだった。

研究施設の表向きの仕事は防疫給水を行うというものだった。兵士の感染症予防のための衛生的な給水体制の研究。感染症対策ならば、アキモトのこれまでの研究がおおいに生かせるに違いない。自分の研究は人々を救うものだと彼は信じて疑わなかった。

施設にまだ慣れないアキモトがふと研究棟の廊下の窓から内庭を見下ろすと、ベンチに座っているロシア人女性に目がいった。彼女は子どもを大事そうに抱えている。

なぜこんなところに彼らはいるのだろう?捕虜だろうか?

「もしかして、アキモトじゃないか?」

友人と再会したのはそんな時だ。しかし、アキモトは一瞬彼が誰だかわからなかった。高校時代の同級生は昔の面影をなくし、生気をそいだ顔をしていた。

「アキモト、お前もとんでもないところに来てしまったな」
「とんでもないところ?」
「…知らないのか?そうか。お前は何も知らずに来たんだな」

アキモトは少し怪訝な顔をしたが、友人は何も言わない。アキモトは気まずい雰囲気に話題を変えようと、窓の外を指差した。

「なあ、あそこにいるのはロシア人の母子(おやこ)だろう?どうしてこんなところにいるんだ?」

その質問にも友人はなぜか答えなかった。黙り込み、よりいっそう暗い表情になる。

その時、数人の医学者たちが彼らの横を通り過ぎて行った。

「なあ、今日はマルタを何本倒した?」
「今日、俺はマルタを三本倒したよ」
「俺の負けか。俺は二本だった」

彼らの奇妙な会話にアキモトは首をかしげた。マルタとは一体何だ。彼らは木を倒す作業でもしていたのだろうか?これだけ大きい研究施設だ。アキモトの知らない仕事があるのかもしれない。

そんなアキモトの様子を察したのか、友人は重い口をようやく開いた。

「アキモト、本当にお前は何も知らずに来たんだな」

次の言葉にアキモトは耳を疑った。

「マルタとは、人体実験用の捕虜のことだ」

   *

マッカーサーの探している男の行方は依然としてつかめなかった。

満州に存在していたと言われる謎の極秘部隊。敗戦色濃厚だった当時の日本は国際法に背くことで戦争を続けようとしていた。細菌やウイルス、それらが作り出す毒素で人間を戦闘不能にし、死に追いやる生物化学兵器の研究、実践。捕虜を人体実験の道具とし、大きな成果をあげた。

 “ 731部隊 ” 

マッカーサーは、その部隊を作った男を探していた。

   *

「よく来たね、アキモト君」

声がして振り返ると、そこには日本人らしかぬ背の高い男が立っていた。

「…イシイ軍医中将」
「アキモト君、ここにはもう慣れたかね?」

アキモトは何も答えなかった。イシイ軍医中将は口の端だけで笑った。

「医学者は自尊心が高い。私もだがね」

アキモトは視線を窓の外に戻し、語りだした。

「…少し前、ここから見える内庭のベンチに、ロシア人の母子が座っていたんです。イシイ軍医中将はご存知ですか?」
「いや、知らないな」
「姿がないということは、彼らはおそらくこの世にはいないのでしょう」
「…君は何を言いたいのかな?」

アキモトはイシイ軍医中将を見つめた。

「言いたいことも、言えることも、何もありませんよ。もう人を救う医学者でない私に」

イシイ軍医中将は声を上げて笑った。

「私に物言うとはたいした度胸だ。面白い。そんな君に一つ教えてやろう。この戦争、日本は負けるだろうね」

イシイ軍医中将の意外な発言にアキモトは驚いた。この男こそ日本の勝利を信じ、「お国のため」と真っ先に叫ぶような人物だと思っていた。

「負ければ、他国の支配を受けるだろう。他人に虐げられること。私はそれが心底、嫌でね。だからその時がきたら、うまくやろうと思っているんだ」
「…どういうことですか?」
「国際法が禁止している研究だ。本当のところ、喉から手が出るほど、その研究資料を欲しがる輩(やから)がいる」

アキモトは言葉を失った。この男は何を言っているのだろう?

「私を悪と呼ぶなら、そいつらは一体何だろうね?」

   *

その男は研究資料を手にGHQ本部を訪れると、口の端だけで笑った。

…731部隊の者は、戦犯に問われることはなかったという。医学者たちはその後、日本医学界の第一線に復帰、能力を買われ渡米した者もいた。日米間でどのような密約があったのか…知る者は限られている。

<米軍調査官ヒルのレポート (抜粋)>
…このような情報は人体実験につきまとう良心の咎めに阻まれて我々の実験室では得られないものである。731部隊員の戦犯免責と交換に、こんな貴重なデータが手に入るなら安いものだ…。

『 私を悪と呼ぶなら、そいつらは一体何だろうね?』

   *

アキモトは研究棟の廊下の窓から内庭を見下ろしていた。母子の姿がなくなっても、そこを眺めるのが彼の日課になっていた。

研究意欲に燃えていた頃の自分が懐かしい。ただ純粋に人を救うためにと研究に没頭していた頃の自分が…。

自分は、もう医学者ではない。もしかしたら、人間ですらないのかもしれない。

自責の念にかられていると、やがて、視界の先におぼつかない足取りの子どもが入ってきた。
母親の姿はなく、その子は一人ベンチに座り、ぼんやりとしている。

…まさか、あの子どもは…。

「生きていたのか…」

それを見たアキモトは悲痛な声を漏らし、泣き崩れた。
床に落ちる涙は、彼がまだ人間であることをなんとか伝えようとしていた。



=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 知ってるつもり『731部隊と医学者たち』 × noisycell 『innocence』 ★

石井四郎軍医中将、秋元寿恵夫さん、マルタと呼ばれた人々、単に戦争の悲劇を書きたかったのか、自分でもよくわかりません。影響を受けた歴史番組の内容をそのまま文章におこしただけという気もするしなあ。ちなみにイシイ軍医中将とアキモトのやりとりは私が勝手に作った話。半分フィクション感覚でお読み下さい。

① 知ってるつもり『731部隊と医学者たち』
数ある歴史番組の中で、これを越えるものにまだ出会ってません。歴史好きの父とよく見ていました。今思うと、編集が凄くうまかったのかな。BD出てるなら、買うのに…。この『731部隊~』は衝撃的で、最初から死体の写真はバンバンでるわ。とにかく容赦なくて。恐くて震えた記憶が。今回、再度視聴できるとは!
http://www.dailymotion.com/video/x1uldp5_%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%A4%E3%82%82%E3%82%8A-731%E9%83%A8%E9%9A%8A%E3%81%A8%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1_tech

② noisycell 『innocence』
https://www.youtube.com/watch?v=kHCTl5V-zV4
ちょっと前にヨシノサツキさんの「ばらかもん」にハマってたんですが、そこで使われてた音楽が凄く良かったんです。そのままの流れで、ちょうど今回のを書いてるときに聞いてたのがこれでした。私の物語とはあってないかもですが。もう一つの音楽である「らしさ」は以前他の物語としてUP済なので、そちらも良ければ。
【第143夜】 らしさ 
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
一通の手紙が、人間の運命を変える。

そんなこと、思いもよらなかった。

一通の手紙が、人間の運命を変える。

そんなこと、思いもよらなかった。 あの頃の、僕らは…。

   *

恭(きょう)ちゃんのお葬式には、多くの人が訪れた。

「このたびはご愁傷様です」
「突然のことで大変でしたね」
「心からお悔やみ申し上げます」

すべての言葉が私の前をむなしく通り過ぎていく。ねえ、みんな何を言ってるの…?

「麻美(あさみ)ちゃん?」

恭ちゃんの弟の潤(じゅん)ちゃんが、俯いている私を心配して声をかけてくれた。お兄ちゃんが亡くなって辛いのは、彼も同じなのに…。

「奥で休む?」
「ごめん、大丈夫だから」

重い頭を上げて、なんとか彼に微笑もうしたけど、顔が強張った。それを見て、潤ちゃんは言った。

「僕たち、こんなところで何をしてるんだろうね」

恭ちゃんの家族の心遣いで、私は遺族席に座っている。遺影を見つめると、そこには大好きだった彼の笑顔があった。

「…本当に何をしてるんだろう」

私もわからなかった。幼馴染の私たちは、同じ街で仲良く暮らしていたはずだった。なのに、なぜこんなことになってしまったのだろう。

「自殺だったそうよ」
「まあ、優等生の恭平(きょうへい)くんが?」
「家庭に何か問題でもあったのかしら?」

どんな言葉も私の前をむなしく通り過ぎていく。ねえ、みんな何を言ってるの…?

『 麻美、大丈夫か? 』

一番声をかけてもらいたい彼はここにはいない。もういない。

『好きだよ、麻美』

小さい頃から、ずっとずっと好きでようやく気持ちを伝えることができた。実は同じ気持ちだったことを知って嬉しすぎて、しばらく何も手につかなかったほどだ。

『…だからって、ちゃんと受験勉強はしなきゃだろう?ほら、教えてやるから。麻美の志望校は、Y高校だっけ?』
『うん。恭ちゃんはM学館だよね?あーあ、私も、もう少し頭が良かったら、一緒の高校に行けたのになあ』
『いいじゃん。家は近所なんだから。会えなくなるわけじゃない』
『…恭ちゃんは…』

…恭ちゃんは淋しくないの?

そう言おうとしたら、彼が私を抱き寄せて、唇をふさいだ。

『…受かったら、いろんなところにふたりで行こう。たくさん遊ぼうな』
『うん、約束ね!』

私たちは無事志望校に合格した。離れ離れになっても、休日や時間を見つけては会うようにした。お互い部活やバイトに忙しくても。何もかも、これからだった。そのはずなのに…。

「高校の屋上から飛び降りたそうよ」
「まあ」
「自分で柵を乗り越えなきゃ、落ちることはまずないって聞いたわ」

ねえ、みんな何を言っているの…?
好き勝手いう弔問客の表情はみんな同じだ。何もなくて、何も見えない。…まるで、のっぺらぼうだ。

「麻美ちゃん、無理しないで。顔が真っ青よ」

恭ちゃんのお母さんが、震える私の手を握ってくれた。子どもの死に傷つかない親なんていない。

「恭平は幸せ者ね。麻美ちゃんに、こんなに思われてたんだから。今日は来てくれて本当にありがとう」

気丈に振る舞う彼女の前で、私が泣いちゃいけなかった。私は頭を下げて席を立った。

「麻美ちゃん、家まで送るよ」

式場を出ると、後ろから潤ちゃんが追いかけてきた。

「そんな悪いよ」
「母さんがそうしろって」
「母さんにとって、麻美ちゃんは大事な家族みたいなもんだからさ。もちろん、僕もね」

潤ちゃんは、そう言って笑った。

「…ありがとう」

うまく巻けていなかったマフラーを潤ちゃんは巻き直してくれた。私より一つ下の恭ちゃんの兄弟。彼によく似た弟の潤平(じゅんぺい)。

いつの間に、潤ちゃんは私の背を追い越したのだろう。あんなに泣き虫だったのに、もう立派な男の子だ。私たちの背中に隠れてた人見知りの潤ちゃんが。恭ちゃん、びっくりだよね?ねえ、聞いてるでしょう?

返事なんてあるわけないのに、そう彼に呼びかけてしまう。
恭ちゃん。恭ちゃん。そう何度も。何度も。

『 麻美、大丈夫か? 』

恭ちゃん、私は全然大丈夫なんかじゃないよ。

「…麻美ちゃん?」

この人は恭ちゃんじゃない。それはわかっている。

- 自殺だったそうよ -

なのに、潤ちゃんにすがりつくように、彼にしがみついて声を上げて泣いていた。

「送ってくれて、ありがとう」

家に着くと、潤ちゃんは何事もなかったように笑った。

「気にしないで。じゃあ、行くね。…あ、麻美ちゃん家のポスト、凄いことになってる」

彼の指さす方を見ると、私の家のポストは広告であふれかえっていた。

「本当だ」

うちの両親は共働きだから、家事は私の仕事だった。ここ数日、気力のなかった私のために、両親は家のこともなるべくこなしてくれていたけど、ポストまでは気が回らなかったらしい。

「あ、いきなり開けない方が…」
「え?」

ポストを開けると、バサーッと中に入っていたものが一気に落ちてきた。「やっぱり…」と潤ちゃんが呟くのが聞こえる。情けない。恥ずかしくて急いでしゃがんで拾い始めた。優しい潤ちゃんが手伝ってくれる。

最後の一枚に二人で手を伸ばした。手紙だった。差出人の名前を見て、同時に私たちの呼吸が止まる。

- 田坂 恭平 (たさか きょうへい) -

…恭ちゃんからの…手紙…?

「…うそ」
「麻美ちゃん、あけてもらってもいい?それとも、僕があけても平気?」

私は頷いた。潤ちゃんが急いで手紙を拾い、その封を破いた。

それは確かに恭ちゃんの字だった。懐かしい彼の字。
受験勉強のアドバイスを私のノートにたくさん書き込んでくれた。ちょっとくせのある愛しい字。

先に読み終えた潤ちゃんの反応がなく、心配になって、その顔を覗き込んだ。
彼の頬には、大粒の涙がこぼれていた。

「…潤ちゃん?」

私は、彼から手紙を奪い取っていた。

   *

一通の手紙が、人間の運命を変える。

そんなこと、思いもよらなかった。

一通の手紙が、人間の運命を変える。

そんなこと、思いもよらなかった。 あの頃の、私たちは…。

   *

編入試験は、思っていたより難しくなかった。もしかしたら、恭ちゃんと一緒に勉強しているうちに、私の学力は彼に追いついたのかもしれない。そう錯覚しかけたくらいだ。こんなことなら、最初から同じ高校を受験すれば良かった。

『一人で大丈夫?』
『大丈夫』
『春になったら、僕もすぐ行くから』
『うん、待ってる』

冬枯れの空の下、彼の通った高校の門をくぐる。
コートも着ない時期外れの編入生の制服は真新しくて、生徒から浮いていた。

「あの子、誰?」
「見かけない顔だね」
「転校生?」

すべての言葉が私の前をむなしく通り過ぎていく。ねえ、みんな何を言ってるの…?
好き勝手いう生徒の表情はみんな同じだ。何もなくて、何も見えない。…まるで、のっぺらぼうだ。

『 麻美、大丈夫か? 』

恭ちゃん、私は全然大丈夫なんかじゃないよ。
だから…。

だから、ここに来たの。

白い息に染まる手は震えているけど、私の目に涙はもうなかった。

   *

 麻美へ 

この手紙が届く頃、俺はこの世にいないかもしれない。

約束を守れなくて、ごめん。

俺はもうすぐ殺される…。



=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ LOVE PSYCHEDELICO『my last fight』 × ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』 ★

【第142夜】でLOVE PSYCHEDELICOの一番好きな曲でいつか物語が書けるといいなあと言っていたのですが、まさかこの物語と結びつくとは。初めてのミステリーになりそう。もともとは【第72夜】の時にイジメを題材にしたドラマを見たのが、きっかけ。
【第142夜】 Your Song
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
【第72夜】 A Hazy Shade of Winter(冬の散歩道)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

① LOVE PSYCHEDELICO『my last fight』
彼らの中で一番好きな曲です。
http://nicoviewer.net/nm5935553

② ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%83%BB%E5%A4%B1%E6%A0%BC-%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%88%E3%81%B0%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%8C%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%89-DVD-BOX-%E5%A0%82%E6%9C%AC%E5%89%9B/dp/B000063EF8
衝撃的なドラマ。イジメにあい、突然死した息子。その死の真相を突き止める父親。ドラマの中で、彼の突然死に疑問を抱く恋人が出てきました。その女の子は死の真相の手がかりになる手紙を持ってたんです。結局、父親にそれを託すんですけど…それを見た時、もし私が彼女なら自分で真相を突き止めにいくかもと思い、今回この物語が生まれたのかな。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村