FC2ブログ

こちらの物語は、にほんブログ村記事トーナメントで優勝することができたものです。

20歳くらいの時に書いたものなので、まだ青いというか…でも、最後の終わらせ方とか今と変わらない感じも見受けられたり。じゃあ、今も青いままなのかなとも思ったり。

みなさま、その節は応援して頂き、本当にありがとうございました!
==================================


 大学時代の友人が、個展を開くから来いと連絡してきたのは、一週間も前のことだ。

仕事が忙しくて、すっかり忘れていた。友情とは、時にこんなものである。彼とは実に卒業してから二十年ぐらいあっていなかった。根っからの芸術肌にして変人。彼という人間に、これ以上もこれ以下の説明もいらないだろう。実に的確で安易な説明である。

その日は仕事が早く片付いたが、なぜかまっすぐ家に帰る気がしなかった。まだ時間も充分にある。どこかにでも立ち寄ろうか。そこで彼のことを思い出し、急遽個展に訪れることにしたのだった。本当に何の気なしに行くことにしたのである。

『―お前はたぶん、ずっと引きずるタイプだな…』

彼が悟ったようによく言っていた台詞をふと思い出す。芸術家に必要な感性はもちろんのこと、彼には鋭い洞察力があった。その度に私はとぼけ、笑い流していた。若かった、としか他にいいようがない。

恵比寿の落ち着いた一角に、彼の個展が行われている小さなギャラリーがあった。

『 同窓絵(どうそうかい)・ハラ シュウゴ 』

入り口にこの個展のタイトルと彼の名がシンプルに飾られていた。

― 同窓絵(どうそうかい)―

そういえば、彼はいつも人の度肝を抜くのを楽しんでいた。きっと今回も何かをしかけているに違いない。さて、一体どんな作品が並んでいるか拝ませてもらおうじゃないか。久しぶりに高鳴る胸を抑えながら、私はゆっくりとギャラリーの扉を開けた。

「お、やっと来てくれたのか」

久しぶりにあった友人を前にしての、彼の第一声がこれだった。変わらずの皮肉交じり。だが、下手に再会の挨拶なんかされるよりずっといい。あの頃のまま変わりなく接してくれる方が、むしろ嬉しいものだ。外見も恰好も、彼は昔とあまりかわらないようである。若さにあふれた精悍な顔つき。私たちの年代で白シャツにジーンズがいまだに爽やかに着こなせるのも彼ぐらいだろう。なんともうらやましい限りだった。

「変人のお前がやっと個展を出すに至ったからな。来なきゃいかんだろ」

彼も私の言葉を素直に喜んでいた。

「とにかくお前が来てくれて助かった。今なら誰もいないから、俺の絵を大いに堪能できるぞ。ちなみに俺は、ちょっと出かけないといけないから、しばらく留守番を頼む」

彼はそれだけ言うと、引き止める私を無視して、そそくさと行ってしまったのである。私はしばらく唖然としていたが、実に彼らしいと思ってつい吹き出し、一人で笑ってしまった。

取り残された私は人がいないことをいいことに、せっかくだからと友の力作を一つ一つ拝見させてもらうことにした。

 一枚目の作品。『桜並木』

桜が永遠と遠くまで続いている。淡い薄紅色の花弁は満開をうたっていた。その木の下を行く人は、さも幸福に続く道を歩いているかに見える。これは見たことのある風景だった。…ああ、そうだ。これは私たちの大学の桜並木だ。

―ねぇ、ここの桜は特別だと思わない?

いつもこういうのは不意打ちだ。ずっと忘れていたのに、些細なことで簡単に記憶というのは蘇ってしまうものだ。

―そうかな。まあ、わからなくもないけど。
―冷めてるわね。

彼女は若く美しくて男連中に人気だった。私は彼女と学籍番号が近かったおかげで、親しくなれたのだ。

―自然を愛でる心がないと、自分なんてすぐ枯れちゃうわよ?早々とおじさんになっちゃうわ。

彼女は桜を眩しそうに見つめていた。細めた目元には、かわいらしい泣きぼくろがあった。

―そんなもんかな?
―そんなもんよ。

確かにあっという間の二十年だった。自然を愛でる心のなかった私にとっては。…あの彼女はどう過ごしてきたのだろうか?


 二枚目の作品。『夏祭り』

 大学近くの商店街での祭り。その様子が色濃いタッチでいきいきと描写されている。風車がいっぱい並んだ夜店を背景に浴衣を着た子供たちが楽しそうにはしゃいでいた。普通の人ならこの絵を見て、それで終わるのかもしれない。でもこの光景にも、私は見覚えがあった。

…あいつ、もしや盗み見ていたのか?

―子供たち、かわいいでしょう?

彼女に誘われ、ともに夏祭りにでかけたことがある。

―子供は好き?

最初はデートかと思っていたが、いかんせん、それは勘違いであった。

―う、うん。まあね…。君は?
―好きよ。だって、真っ直ぐだもの。

 大学のボランティアサークルに入っていた彼女は事情があって親元を離れて暮らす子供たちの世話をしていた。その子たちを連れての祭りだったのある。私は彼女にいいところを見せようと奮闘したが、なぜか邪魔が入り、中々彼女に近づけなかった。今にして思えば、勘の鋭い子供たちにしっかりガードされていたのだろう。彼らにあれがしたい、これがしたい、とせがまれ、ひきまわされた記憶しかない。これは私の苦い思い出である。子供嫌いになった原因といってもいい。

なるほど、あいつは私たちをつけていたんだな。彼から見たら、私の青臭い姿なぞ、実に滑稽だったろう。

 三枚目の作品。『落日』

夕日が沈む。暮れゆく場所は淋しげであった。季節は秋。心苦しい光景だった。そこは病院の入り口だった。気のせいか、片隅にひっそり捨てられているものがある。それは私だけしか知らないものだった。

…ストーカーもほどほどにしとけよ…。

 私は顔を覆いたくなった。あいつ、いったいどこまで見ていたのだ。悪趣味すぎるぞ。その病院は私が彼女にふられた場所であった。彼女が盲腸で入院したと聞いて、私は花束を片手に見舞いに行った。しかし、彼女の病室には先客がいて、私は会うことができなかった。いたのは知らない男だった。その男と彼女は抱き合っていた。それを目の当たりにして、私は声をかけることもできず、足早にそこを後にしたのである。無意識に玄関に花束を投げ捨てていた。

 そういえば、学生寮に帰ってすぐに酒をあおり、彼に散々愚痴った気もする。女々しいことも言ってしまったかもしれない。それを憶えていて描いたのだろうか。それにしても、私の記憶そのままだった。

『―お前はたぶん、ずっと引きずるタイプだな…』

お前は正しいよ、シュウゴ。二十年たっても俺は覚えている。この絵を見て胸が痛くなっている。成長していない自分にあきれるな。私は自嘲した。仕事に追われた結果、それなりの社会的地位も手に入れた。結婚もした。過去のあの因縁のせいか子供には恵まれず、結局妻とはそれが原因で別れたが…。それなりの自分の人生に満足していたはずである。…だのに、なぜこんなにも今、胸が苦しくなっているのだろう。

『―俺がどうしてか教えてやるよ…その時がきたらな』

「シュウゴ君、ごめんなさい!遅れてしまって。渋滞がすごくて」

いきなりギャラリーの扉が開き、声高な女性が入ってきた。

私は彼女を見つめ、立ち尽くした。髪を束ね、品のいいグレーのスーツを着た女性。年を重ねて皺が多くなってはいたが、目元には覚えのある、かわいらしい泣きぼくろがあった。

彼女は一人しかいない私に気づくと、その細い手で、はっと口元を抑えた。その指に指輪はなかった。

私たちのあいだにあったのは二十年という時間でもなかったのかもしれない。

あったのは四枚目の作品…。

「元気?」

どちらからともなく、声をかけ、笑いあった。

…タイトルは『再会』。

私があの時投げ捨て、彼女に渡せなかった花束。それが鮮やかに描かれていた。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ 

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 男は女を背におぶって、人目を避けるように先を急いでいた。

結ばれることのできなかった男と女の末路。それを語るのは何とも心苦しいが、話さなくてはならない。

 春はその身をゆっくりと追い立てられていた。そこは桜の森。

ふたりはそう呼んでいた。すでに満開の時分は過ぎ去り、薄紅色の花弁が夜風にはらはらと散っていた。

 まるで何かの夢の中に迷い込んだようだ―、ぼんやりと男はそう思った。
おぶされた女の意識はとうになく、すでに事切れていた。男は女に別れを告げるため、ここを訪れたのだ。

 男は一本の桜の木の下で女をおろし、静かに地に寝かせた。
そして、丁寧に女の両手を胸の上で組ませると、懐かしそうに桜を見上げた。

 約束を果たしにきたのだ。

この桜の木の下で男と女は出会い、愛を誓ったのだった。男はそのふたりの姿を今も容易に思い描くことができた。しかし、それはもう痛ましい光景でしかない。

 …私が死んだら、あの桜の木の下に埋めてください…

男は頷くことしかできなかった。それまで女は、男に決して頼みごとなどしなかったのだ。

ここでかつて大切に抱きかかえられた赤子がいた。その赤子はとても愛らしく、目が合うと嬉しそうに無邪気に男に微笑みかけた。

 妹だった。その日から男の目に映る女は、この妹の他にはいなかったのだ。

女にとっても、それは同じだった。物心ついた頃には、すでに兄だけが女の特別な男だったのだ。

女の顔が月の光りにさらされると、なおいっそう白く優美に輝いた。
男は女に最後の抱擁と口づけを交わすと、一粒涙をこぼし、その顔を土で汚した。

…どうして桜がこんなにも美しく咲いているか、兄上はご存知ですか?それは桜が人の血を吸って、生きているからだそうですよ。

 土を掘り、女の亡骸を埋めた。

…なら、お前の言うように、私たちの最期はここがいいのかもしれぬ。きっと血が濃ければ濃いほど、見事な桜が咲くのだろう…。

 ふさわしいと思った。それだけだ。

男は静かに決意を固めると、胸に秘めていた小刀で自分の喉もとを掻っ切った。
勢いよく血は溢れ出した。辺りを赤々と染め上げ、桜の木をその鮮やかな色で濡らした。

桜はふたりの最期を看取ると、風の中で大きくその身を奮わせた。渡る夜風は、さも歓喜に笑いざわめくようだった。




=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 坂口安吾「桜の森の満開の下」× 友人の話 ★
http://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%81%AE%E6%BA%80%E9%96%8B%E3%81%AE%E4%B8%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%9D%82%E5%8F%A3-%E5%AE%89%E5%90%BE/dp/4061960423
これは確か20歳前後くらいに書いた気が…。遊べる本屋さんのポップが面白くて、何気に好きなんですけど、中で「美しくて儚い…」という凄くシンプルなポップを見つけて。本の名前は「桜の森の満開の下」。それを見た瞬間、一気にイメージが飛び込んできたんです。タイトルを見てそんな風になったのは初めてで。タイトルだけで惚れてしまったというか…。とにかく、これはまず自分の物語を書いてから読もうと思いました。

① 坂口安吾「桜の森の満開の下」

坂口安吾は「桜の森の満開の下」が一番好きです。私が書いた物語なんかと全然比べ物にならないほど素敵な作品です!でも、ちょっと嬉しかった共通点がありまして。私の物語も女を背負って歩いてましたが、彼の作品でも、女を背負って桜の森の中を歩いている場面があったんです。ちょっとだけ重なった気がしてそれがすごく嬉しかった記憶があります。特に好きな場面は、主人公が女にどうして桜の森が好きなのかたずねられ、それを答える場面。それと、あのしんとするラストでしょうか。そうそう。書き終えて購入しようとしたら、文庫でこのお値段とはさすがに驚きました。

② 友人の話
「桜の森の満開の下」と出会った衝撃を友人に伝えたら、「そう言えば、桜の木の下には死体が…っていう話をきいたことがあるなあ」と言っていて、ちょうど書いた後だったから、すごくびっくりしたんです。今、調べてみたら、梶井基次郎の短編小説「櫻の樹の下」という本があるようで、もしやこのことを言っていたのかな?気になったので、今度読んでみようと思います!って青空文庫に「桜の森の満開の下」もあってネットで読めるじゃん!なんてこったい…。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 ユリが突然僕の家に押しかけてきたのは、十二月二十四日の夜―つまり、クリスマスイブの夜だった。遅い時間にチャイムを鳴らされ、もしやと一縷の望みをかけてドアを開けると、そこにはユリが立っていた。的は外れたが、よもやなぜユリが…?と驚いている僕以上に彼女は驚いたらしく、
 
「何でいるの?」

と開口一番に言ってくれた。つい僕はその言葉にムッときてしまって、

「それは、俺のセリフだ」

と睨みをきかせて言うと、ユリは少しすまなそうにしてから、笑ってごまかした。そんな彼女に変わってねぇな、と僕もつられて笑ってしまった。とにかくあがれよ、と僕は言い、ユリは大人しく一人暮らしの手狭な僕の家に上がった。

「へぇ。けっこういい部屋だね」

ユリはコタツに入ると、ぐるりと僕の部屋を見渡した。

「コーヒーでいい?インスタントだけど」

キッチンに向かう僕がそう訊ねるとユリはお構いなく、と返事をしてから

「あ、ミルクは…」
「たっぷりだろ?」
「さすが。わかってらっしゃる」

と嬉しそうに微笑んだ。ミルクたっぷりのコーヒー(っていうより、カフェ・オレ?)を作りながら、こいつとはもうどのくらいあっていなかったんだろう、と考えた。電話はちょくちょくしていたが、確か最後にあったのは…。

「高校の卒業式以来ね」

いきなりユリが話しかけて、そう教えてくれた。ということは、もう半年以上あっていないことになる…。女は大学に入ると変わるというが、ユリは見たところ、さっぱり変わっていない様子だった。美人ではないが、可愛げのある顔に黒髪のショートがよく似合っているのも。本人は気にしてはいるが、小さくて白い細い体も。どこか小動物めいていた彼女は、高校時代とにかく皆に愛される不思議な子だった。制服を着せれば、まだまだ高校生でいけるんじゃないか、と一瞬あやしげな思考に向かったが、慌ててそれを遮って、僕は彼女に訊ねた。

「どうしたんだよ?急に来て」

ユリは来るだろうと予期していた質問に、やっぱりため息をもらした。

「ほら、イブでしょ?一人じゃ淋しいなぁと思って。それに…」
「それに?」

少し気まずそうに僕を見てから、

「もしかしたら、いるかなぁと思って。…期待してたわけじゃないの。きたらいたで、こっちがびっくり」

おいおい。その言い方だと、まるでいる僕が悪いみたいじゃないか…。今度は僕がため息をつく番だった。

「何かあった?っていうか、私はここにいて平気なのかしら?」

ユリは少し不安そうに僕に問いかけた。本当はもうわかっているはずだった。待っていても来ないということを。でも、微かな望みを持ち続けていた。ユリがきたところで、潮時のような気がした。

「ケーキ食う?苺と生クリームたっぷりの」

そう僕は言って、笑った。ユリはそれで全てを理解してくれたようだった。そして、僕の弱い心を吹き飛ばすような変わらない自慢の笑顔で、

「うん、『食う!』」

と元気よく、こたえてくれたのだった。

冷蔵庫からケーキを運んでくると、ユリがバッグの中からゴソゴソと小さいシャンパンのボトルを取り出していた。

「ごめん。やっぱり少し期待してたの。…安っちいのですが」

そうはにかんで笑うユリが懐かしく、僕を微笑ませた。

ふたりでホールケーキをナイフで切らず、フォークで摘んで食べ、シャンパンを飲む。いい感じに酔いがまわってくると、饒舌になり、お互いの近況報告をした。大学のこと。バイトのこと。最近あった面白かったこと…など。テレビではイブの夜にお馴染みの明石家サンタが、僕らのような淋しげでいたいけな子羊たちに、笑いを振りまいていた。

「さんまさん、いいよねぇ」

顔をほんのり赤くさせたユリが呟いた。

「決めた!私、さんまさんと結婚するっ!」
「バーカ。お前じゃ無理だ。さんまさんはな、俺と結婚するんだよ!」
「何それー?」
「だっはっは」

僕も随分酔いがまわっているようだった。思考が定まらないまま、つい口が滑ってしまった。

「…今日、本当は待ってた子がいたんだ」

僕は情けない顔をしていたと思う。ユリは少し驚いた表情を見せたが、しばらくしてから、

「そっか」

と、ぽつりと呟いた。一度切り出したら、僕はもう止められなかった。

「凄く良い子だったんだ。でも、俺のせいで笑わなくなってきちゃって…辛いって。それで別れた。二日前だぜ?あ、もう二十五日だから、三日前か…」

どこか自嘲するような僕に、ユリは何も言わないで、ただ優しく見つめていた。そして、小さい柔らかな手のひらで、昔のように僕の頭を撫でた。それが合図のように、僕はつい彼女を抱き寄せていた。ユリは決して物怖じせず、僕が離すまでそのままでいてくれた。そのおかげで僕はやっと心が安らいでいくのがわかった。ここ二、三日バカみたく沈んでいたのだ。やがて耳元でユリが囁いた。

「前にも思ったんだけど、これじゃ、私たち恋人同士みたいね」
「…うん」
「いっそのこと本当の恋人にでもなる?」
「え?」
「クリスマスの本番は、イブじゃなくて今日だしさ」

僕はユリの顔を覗き込んだ。ユリは悪戯っぽく微笑んでいたが、その顔はどこまでもあたたかなものに満ちていた。

「…それも、ありかな」

ついその優しさに甘えそうになる僕にユリは、

「バーカ。冗談よ!」

そう舌を出して笑った。本当に変わらねぇな、と僕もまた笑った。


=====================================
一応つづきもありますが、ここで終わるのが個人的には好きだったりします。


つづき 【第71夜】 ラスボスたち(ユリ2)
http://short2story.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
=====================================

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★村山由佳「夜明けまで1マイル」× 宮澤賢治「銀河鉄道の夜」★

もともと「ユリ」はもう少し長い短編作品でした。書いたのは高校生~大学生のとき。

宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」を読み、ジョバンニとカムパネルラが男女だったら、また違った展開になっていたんじゃないのかな?と思ったことがあり、それが生まれるきっかけだったような。(書いた後、保存していたファイルが壊れるとは思わなかったけど)授業中、ノートに手書きで最初書いてたような気もするので(不真面目な学生でした…)、もし当時のノートが見つかって、短編として抜き出せそうな部分があったら、またここでUPさせてもらおうかと思います。

① 村山由佳「夜明けまで1マイル」
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%A71%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB-somebody-loves-you-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4087477746
村山由佳さんの初期作品は青春モノが多くて私好み。中でも一番好きなのが「夜明けまで1マイル」。幼馴染の男女の微妙な距離感がとても好きでした。お互い違う恋愛をしているんだけど、うまくいかなくて、支えあうお話。ふたりでやる「お葬式」と呼ばれる場面が大好きでした。女の子が突然前ぶれなく男の子の家を訪ねに行ってしまうところや二人の微妙な感じはこれの影響を大きく受けたのかもしれません。


② 宮澤賢治「銀河鉄道の夜」
http://www.youtube.com/watch?v=ZfjurHz2vrA
私は小説より先に小さい頃アニメ映画で知りました。猫の絵で描かれている彼らです。名作だから知っている人も多いかと。主人公と親友の男の子が一緒に銀河鉄道と呼ばれる不思議な列車に乗り、旅をする話。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村