FC2ブログ
=====================================

最近、続編ばかりでショートショートをあまり書けてません!なので、しばらくの間こちらをトップ記事に。良ければ、今宵はじめての方には1001夜本番前の前夜祭のような気分で、馴染みの常連さんには懐かしい1001夜同窓会のような気分で、こちらのショートショートをお楽しみ下さい。訪れたすべての方々に感謝を込めて。 

===================================== 
↓↓【第112夜】 BLITZ PRETZ(ブリッツプリッツ) ジャンル:青春 2014/01/18 01:45UP↓↓
=====================================



私は誘拐される。

「動くな!」

帰宅途中だった。一人暮らしの自分の家まで、あと少しのところで。

「おとなしく車に乗れ!」

それをあえて狙っていたのだろう。あっさり覆面男たちに取り囲まれてしまった。

「…また誘拐?」

私は犯人を睨んだ。これでいったい何回目だろう?

ニヤリ。

外灯に照らされ、目の前の白い覆面がくっきり光って見えた。私は息を吸い込んでから言った。

「…っていうか、せめて覆面は外そうよ。本当に捕まるよ」

よく見たら、下は何気に就活スーツときている。

「おとなしく誘拐されな、お嬢さん」

彼らは覆面を外し、無邪気に笑って言った。

「一緒に行こうぜ。真夜中の逃避行!」


    *


車は走る。夜を。眠らない街を。誘拐犯と私を乗せて。

「もう吹き出しそうになっちゃった」

後部座席に乗り込んだ私がそう言うと、となりに座る誘拐犯…というより、愉快犯のウッチーが笑った。

「雪(ゆき)んこ、気づいた?この覆面のおでこの『肉』の字に。実はただ『肉』って書いてあるわけじゃないんだよね~!」

そう言って、ウッチーは自分たちが被っていた覆面を私に貸してくれた。

「何これ!」

おでこに輝く『肉』の字の表現が覆面によって違うらしい。ウッチーは親指をグッと立てた。

「某漫画をみんなリスペクトしてますから」

どうやら漢字の『肉』、片仮名の『ニク』、平仮名の『にく』と言った具合に、人により微妙に書き方が違うようだ。

「ちなみに『肉』がカンちゃん、『ニク』が秦(はた)、『にく』が俺のね」

急いで油性マジックペンで書いたのか、手書きの個性的な字がまたいい味を出していた。

「っていうか、雪んこも被る?まだローマ字版『niku』が残ってるぞ?」

助手席に座っていたリーダーであるカンちゃんが振り返り、あまっていた『niku』覆面を私に投げてよこした。こらえ切れず、私は吹き出した。

「もう、みんなウケ狙いすぎ!」

私たちの様子をバックミラー越しに眺めていた人物が車内ライトを消して手をたたく。

「はいはい、雪野(ゆきの)をつかまえた後はどうすんの?逃避行という名のドライブは。今日はどこ行く?」

逃亡(ドライバー)担当の、秦(はた)だ。

「前はどこへ行ったっけ?」と、私。
「伊勢だよ、伊勢。本店の赤福を食べたいとか誰かが言ったんじゃん」と、秦。
「そんなの誰が言ったんだよ?ウッチ―か?」と、カンちゃん。
「えー、俺じゃないよ。っていうか、高速つかっても東京から伊勢はさすがに遠かったなあ。一日あれば行けるんだって発見もあったけど」と、ウッチ―。

そう、かなり無謀なドライブだった。ドライブというより小旅行のレベルだったな、あれは。でも、赤福がおいしかったから許すけども。

「山梨の有名な名水を汲みに行こうっていうのもあったね」
「あー、遭難しかけたやつか」
「なんで俺ら水のために命かけてるんだよ!?って秦がキレたやつね」

そう、ふだんあまり感情をおもてに出さない秦がいきなり怒り出したから、みんな驚いたっけ。それを思い出し、私たちは笑った。

いいな、この雰囲気。久しぶりだな。みんな変わってなくて安心する。

元々、大学のゼミ仲間だった私たちは、グループ発表で同じグループになったことを機に仲良くなり、プライベートでもよく遊ぶようになった。時たま、こんなふうに変なお題を出しあっては、車で冒険に繰り出す。誘拐、逃避行と銘打ってはヘンテコな夜のドライブを決行するのだ。

「今日はそんな遠くまでいけないよ。近場でお願いします」
「ドライバーの意志は尊重しなきゃね。じゃあ、東京都内近辺か。久しぶりにお台場、横浜とかは?」
「ウッチ―、いいんじゃない?青春&カップルスポットで。俺たちに足りないエネル源をそこで補おうぜ」
「えー、彼女のいるカンちゃんには言われたくないなあ」
「雪んこも鋭くつっこむようになっちゃったなあ」

感慨深げにカンちゃんは頷いた。彼は私の親友、麻里子と付き合っているのだ。

「雪んこ、まずはこっちのエネル源とりなって。何も食ってないだろう?お菓子、買っといたんだ。どれがいい?」

そう言って、優しいウッチーが私にコンビニのビニール袋を差し出す。ありがたい。どれどれ?

「って全部グ○コの『PRETZ(プリッツ)』じゃん!?」
「そそそ。サラダとロースト、あと変わり種のトマト味ね。久しぶりに見つけたら懐かしくてさ、そこにあった全種類をかごに入れたんだ」

さすがウッチー。私はせめて、ごはん代わりになりそうな味を選んだ。

「…じゃあ、サラダで」

今日はオフィス街を歩き通しで、昼から何も食べてなかったから正直助かった。

「サラダ味を選ぶとは、秦と一緒だね」
「え?」

カンちゃんがいきなり意味ありげに呟くから、思わず私はむせてしまった。

「そんなこと言って、カンちゃんもサラダ味を選んでたよな」

でも、秦がうまく返してくれる。別に私のために…じゃないと思う…けど…?

「わかったわかった。そういうことにしといてやるよ」

私はウッチ―から水のペットボトルを受け取ると、気持ちを落ち着かせた。

「んで、お台場と横浜どっちにすんの?」

カンちゃんが仕切り直し、みんな腕を組んだ。

「近場だからって、やることに、お題に、手を抜きたくはないんだよね~」

アイデアマンであるウッチーの閃きを私たちは待つ。

「思いがけないことにするか…いやいや、ここは超くだらないことをしてシュールさ全面に出すのも…」
「雪野が決めなよ」

いきなり秦が遮った。

「今日は雪野、お前が決めな」
「え、私?」

秦がそういうと、カンちゃんもウッチーも「うん!うん!」「だね!だね!」と頷いた。私は戸惑いながらも、せっかくだしと、頭を回転させる。さて、どうしようか。お台場と横浜で、できること。さっきウッチーが言ってた超くだらないこと、シュールさを狙うというのも、なんだか面白そうでありのような気もする。

私は食べているPRETZの箱を見つめた。
お台場、横浜、PRETZ、お台場、横浜、PRETZ、お台場、横浜、PRETZ……んん!?

「…本当にくだらなくていいの…?」

となりのウッチ―が身を乗り出した。

「いいよ、いいよ!どんとこい、超シュール!」

私は念を押した。

「くだらなすぎて、笑えないかもしれない」

助手席のカンちゃんが手で丸をつくる。

「全然OK!」

私は息を吸い込んだ。

「場所は横浜。秦、そこにあるライブハウスに向かってほしいの」

バックミラー越しに秦がたずねる。

「何てとこ?」
「横浜BLITZ(ブリッツ)」

― 雪野、ライブに行かない?私、雪野と一緒に行きたいの ―

ふと懐かしい親友の声がした。ねえ、麻里子。あなたは今、何をしてるの…?

「ドライバー、了解です。聞いた?リーダー、一応カーナビよろしく」
「あいよ。でも、雪んこ、そこで俺たちはいったい何をするんだ?」

私は暗がりの中でニッコリした。

「横浜BLITZで、食べるのよ!」

タイプの違う三人の声が重なる。

「何を?」

私はハッキリと言った。

「横浜BLITZで、PRETZを食べよう!」

そう言って、私はみんなに見えるよう自分の食べているサラダ味のお菓子の箱を振った。
車内に沈黙が広がる。やらかした…!?と私が焦ったその時だった!

「あはははははははっははっははっはっはっはっははははっはっは!」

静けさを打ち破るように、気持ちのいい笑い声が車内に響いた。

「…秦…?」

ウッチ―、カンちゃん、私の三人は思いがけないことに驚いた。…秦が…あの秦が、大爆笑してる…!?

「やべー!超くだらねー!なんだ『BLITZ』に『PRETZ』って…!!ははははははは!!!」

誰もこんなに大笑いする秦を見たことがなかった。知り合って、そろそろ4年…。彼の笑いのほとんどは、カテゴライズすると『鼻で笑う』というものだったから。意外すぎて、それを見たみんなが吹き出すのも時間の問題だった。

「ぷっ!はははははははははははははははは!!」

きっと私の『BLITZ PRETZ(ブリッツ プリッツ)』案より、目の前の秦の方がツボだったと思う。普段笑わない人の、笑顔は貴重だから。麻里子もそうだった。

「よーし、それ採用!!」

車内はおおいに盛り上がり、ネオン街がなんだか霞んで見えた。
車は走る。夜を。眠らない街を。爆笑する誘拐犯と私を乗せて。


    *


横浜BLITZについた私たちは車から降りた。

「いや~、マジ吹いたわ!」

さすがにライブも終わってる時間だから、誰もいない。建物の電気も消され、あたりは妙に静かだった。

「秦が違う意味でキレて最高だったわ」

カンちゃんはどうやら笑いすぎて、まだお腹が痛いらしい。彼のセリフに、秦が恥ずかしそうに俯いた。

「シャイが服を着て歩いてるようなもんだもんね、秦は!」

ウッチ―が嬉しそうに秦を破壊占めにする。それを秦が振り払おうと、じたばたした。じゃれ合っているようで、どこか微笑ましい。いいな、男子の友情は。なんか爽やかで。ねえ、麻里子もそう思うでしょう?

「あーあ、雪んこが本格的に麻里子シック、入りました~!」

気づけば、カンちゃんが私の隣に立っていた。

「何そのネーミング!ホームシックとかけたの?麻里子シックはカンちゃんでしょう?」

彼の愛しの恋人は今、イギリスに語学留学中なのだ。

「きっと麻里子なんて今頃、アビー・ロードを優雅に歩いてるだろうさ」
「さすが麻里子様。一人で何度も歩いてそう。ご学友を置いてけぼりでね」

音楽が大好きな彼女の満喫している姿が目に浮かぶ。ふたりで横浜BLITZのライブに行ったのが遠い昔のようだ。

「まあ。でも、気が強い美人の麻里子様でも弱みはあるわけよ。それが、雪んこね」
「え?」

いきなり自分にふられたので、私は驚いた。麻里子の弱み?私が?

「ほら、麻里子はあんなんだから、仲のいい子なんて雪んこぐらいじゃん?相当、雪んこシックなわけよ、あいつ。俺と話してても、雪んこの話題ばっか」
「照れ隠しだよ。麻里子は電話もメールも苦手だし」

私にくれるメールも内容は天気のことばかりだった。『ロンドンは曇ってばかり』そればかり。

「雪野は元気?就活ノイローゼとか、なってない?私の彼氏だったら、ちゃんと雪野のフォローしといてよ!だってさ。…いやいやいや、お前が雪んこの彼氏かよ?っていうね」

私はくすくすと笑った。なんか麻里子らしいな。わがままそうに見えるけど、本当はとても優しい子なのだ。

「…俺は麻里子にデキた彼氏とはなんたるか、学んでるような気がするね。素質あるよ、あいつ。彼氏になる素質…」
「なんだー、それでかー」

私は納得した。

「カンちゃんが今日、私に変に絡むのはヤキモチだったのか」
「それもあるけど、秦と雪んこ見てるとさ、こっちがヤキモキするんだよね」
「…ヤキモキ?それ、どういう意味?」
「麻里子がいなくなってから始まった夜のドライブだけど、主犯は俺じゃないぞ」
「え?」
「秦だ。秦が麻里子がいなくなって淋しがってるお前のために始めたことだ」

私はカンちゃんを見つめた。その目は遠くにいるはずの親友と、とてもよく似ていた。

「『最終面接、落ちた!就活って、なんでこう人間否定された気分になるの??神様、ひどい!むきー!!』っていう、今日のお前のLINE(ライン)にいち早く気づいて、みんなにドライブの声かけたのもアイツね」

私は何も言えなくなってしまった。
みんなだって忙しいだろうに、就活スーツを着たまま、駆けつけてくれたんだ。

「就活っていっても別に人間否定されるわけじゃない。お前が否定されるような人間だったら、俺たちはそばにいない。俺たちは雪んこの人柄に感謝してるくらいだ。最初お前がゼミで声をかけてくれなかったら、同じグループになろうって言ってくれなかったら、俺たちの大学生活、こう面白くはならなかった。雪んこのいないところでみんな言ってる」
「い、いるところで言ってよ!そういうのは…!」

カンちゃんの言葉にグッときて、ついどもってしまった。

「きっとその思いは秦が一番強いんだ。特に警戒心の強い奴だったから」

ゼミで初めて秦を見た時、昔の麻里子を思い出させた。教室の片隅にいる孤高の存在。きっと笑ったら、いい顔をするんだろうな。見てみたいな。だから、声をかけたのかもしれない。

「寒いのか?鼻とほっぺた、また赤くなってるぞ。さすが雪んこ!」
「カンちゃん!」
「爆笑する秦なんて一生お目にかかれないと思ってたのになあ」


    *


私は誘拐される。

「動くな!」

私は彼に声をかけた。

「おとなしく手を上げろ!」
「今度は雪野が誘拐犯か?」

ニヤリ。

「君は完全に包囲されている!」
「そっちの人か!?」

秦は一人で、横浜BLITZのチケット売り場窓口にいた。何やらコソコソしている。

「おとなしく何をしていたのか、言いなさい!」

秦は観念して、ゆっくり手を上げた。

「せっかくだから、記念にPRETZを一箱、ここに置いてこうと思ってさ」

見ると、窓ガラスに立て掛けるように、新品のPRETZサラダ味がひっそりと置かれている。私は笑った。

「きっと朝やって来た人、意味わかんなくて不思議に思うだろうね」

秦も笑った。今のは『鼻で笑う』とは違う笑いだ。4年近く色々な秦を見てきたからわかる。

「ありがとう。私を誘拐してくれて。ここに連れてきてくれて」
「え?」
「昔ね、ここに麻里子と一緒に来たんだ。麻里子がライブに誘ってくれたんだけど、ようやく打ち解けられた気がして嬉しかったな。舞い上がりすぎて、何のライブだったかも覚えてないくらい」
「お前らは高校からの付き合いだもんな。…淋しくないか?」

秦の優しさも今はわかる。いっぱい見たから。いっぱい知ったから。

「今、麻里子がここにいてくれたらなって思うときもあるけど、語学留学はあの子の夢だったし、麻里子様も頑張ってるんだから、私もいちからエントリーシートを書いて頑張るよ。だから…」
「…だから?」
「ちょっと淋しくなったり、落ち込んだりした時は、また今日みたいに誘拐してくれる?」

秦はふっと笑った。

「いいよ」
「みんなが忙しくて無理な時でも、秦一人で覆面を被って来てくれる?」
「別にいいよ」

『別にいいよ』も『いいよ』のうち…。ポジティブにそうとらえていると、一人ぶつぶつ言う私がおかしかったのか秦がまた笑った。

「雪野が助手席に乗ってくれるならね」

神様、麻里子様! 今なら私、最強のエントリーシートが書けるかもしれない。




=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=

ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ A Red Season Shade『Ghosts & Clouds』× BLITZ PRETZ ★

恋愛話や登場人物はフィクションですが、夜中のドライブは仲間たちとの体験談です。私は赤福と名水には参加してませんが、横浜BLITZでPRETZはやりましたよ。今はなき、横浜BLITZに感謝を込めて。ちなみに作中の覆面のお『肉』の方のモデルは、ゆでたまご『キン肉マン』です。

① A Red Season Shade『Ghosts & Clouds』
http://www.youtube.com/watch?v=fK2bjJX_NaQ
この音楽を聞いて生まれた物語。秦くんの最後のセリフが聞こえ、その仲間たちが見えてきました。ドライブのお供にどうでしょうか?私も最近知ったのですが、フランスの5人組とのこと。

② 横浜BLITZ
http://www.tbs.co.jp/blitz/y_map.html
③ グリコ『PRETZ』
http://www.glico.co.jp/pretz/

登場人物のモデルは、このとき読んでいた漫画、南塔子「ReReハロ」かな。秦くん出てくるし。雪んこみたいでカワイイ頑張る女子リリコ(料理上手!)は大好きなヒロインです。
南塔子「ReReハロ」 
https://booklive.jp/product/index/title_id/225609/vol_no/001

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




「世界が変わった 」

誰かのその一言が聞きたかった。 ただ、それだけ。


    *


どうにかしたい。 望月(もちづき)くんのアレをどうにかしたい!

「真央(まお)、痛いんだけど…。私の髪、ひっぱりすぎじゃない?」

レイちゃんの言葉に我に返る。いかんいかん、今は親友の髪をうまく編みこんでかわいいヘアに仕上げている途中だった!

「ごめん、レイちゃん!」
「いいって、いいって。それより人の髪をいじってる時の真央ってすごい集中力なのに…。今、うわの空だったでしょう?なんかあった?」

さすが親友、私の様子がおかしなことにすぐ気づいたらしい。

「いや、たいしたことないんだけど…」

きっと私が気になるだけなんだ。

「最近、うちのクラス、席替えしたじゃない?私の前に座っている望月(もちづき)くんのことなんだけどさ…」
「え、もしや真央が恋愛相談!?」

早とちりしている親友を私は慌てて制した。

「違う違う。そういうんじゃないよ!」
「え、違うの?」
「ほら、前の席ってどうしても視界に入るでしょう?私、気になっちゃってさ」
「気になるって何が…?」
「望月くんの…そのアレが気になって」
「真央、あんたまさか?」

ごくり。

「望月くんのウザそうな髪をどうにかしたーーーーーーい!!」

放課後、高校の屋上で私の声が響き渡る。親友は被害を最小限におさえるため、自分の耳をふさいでいた。

「はいはい、髪いじりが好きなあんたはイロコイよりそっちでしたね」

レイちゃんは耳から手をはなし、ため息をついた。私はムッとする。

「レイちゃん、ことは深刻なんだよ!私のストレスフリーな毎日を返してほしいんだから!」
「あー、席替え前は野田(野球部男子)が真央の前の席だったもんな」
「うん、野田くんは素晴らしい後頭部だったよ!坊主頭があんなに似合う男子は中々いないよね!」
「…あんたのそれは髪フェチなの?頭部フェチなの?ただの変態なの?」

少し失礼な親友の発言はさておき、今は気になる望月くんだ。彼の(ウザそうな髪の)おかげで、私の高校生活はストレスを感じない日はない。望月くんは男子にしては長髪で、肩にかかるくらいの黒髪をしている(前髪も目にかかっているようだ)。校則が比較的にゆるいうちの高校でそれは特に問題ないんだけど、いかんせん、彼にその髪型がとても似合っていないのだ。もう、私のこの手で切って差し上げたい!だって、あれじゃ、ただのもっさりしたヤバいオタクだよ!?別にもっさりしたヤバいオタクが一概に悪い人ってわけではないんだけど…。

「きっとうちのおじいちゃんが望月くんを見たら、爽やかさが足りん!ってダメだしすると思う」
「真央のおじいちゃん、この街の立派な理容師だもんな」

そう。私のおじいちゃんはこの街の立派な理容師だ。

美容師じゃなくて理容師。理容師は床屋さんで働く人のことね。ほら、街を歩いていたら、ときどき見かけるでしょう?赤・白・青の三色の縞模様がくるくるまわってるやつ。あれはサインポールっていって床屋さんの目印。私の住んでいる街は関東圏内にあるとはいえ、都会と呼ぶにはほど遠いところ。特に有名でもなければ、観光名所なんてものもない。面白味のない街は若者離れがすすんでいく一方だ。ただ、さびれていくだけ。すたれていくだけ。でも、うちのおじいちゃんの床屋だけは違う。レイちゃんが立派な理容師と言ってくれるのにもきちんとした理由があった。

「なんたって゛世界が変わる床屋さん″だもんね」

親友の言葉に私はにっこりと微笑んだ。ちょっと胡散臭い宗教っぽいコピーだけど、これは決して嘘ではない。

昔たまたまこの街に映画撮影に来ていたある俳優さんが役柄に合わせるため、急きょ髪を切ることになり、近くにあったおじいちゃんの床屋にやってきた。おじいちゃんはその俳優さんの話を聞き、イメージを膨らませ、髪をカットした。それは俳優さんの新たな一面をひきだして今までにないハマり役、当たり役へと導いたのだ。目立たない脇役だったはずが、鬼気迫る演技と迫力に監督の心は動かされ、出番も倍増。その映画の重要人物となった。公開されると俳優さんの熱演が話題を呼び、映画は記録的ロングラン、興収を打ち出したという。なんでもその年の映画賞を総なめにしたらしい。俳優さんは受賞コメントで『髪を切った日から、自分の世界が変わった!』とうちの床屋を紹介してくれたのだ。゛世界が変わる床屋さん″のいわれはそこからなんだよね。

「お客さんは芸能関係から政治家、スポーツ選手に会社経営者、それから受験生まで。真央ん家の客層、幅広いね!」
「みんな、うちにきて験を担ぎたいのかな?」
「ただ幸せになりたいんだよ」

レイちゃんはふっと笑った。

「世界が変わるなんて大袈裟かもしれないけど、私は真央に髪をいじってもらうだけで、いつもちょっと幸せになるよ。たぶん自信をもらえるからだな。あ、それと昔から変わらないあんたの夢もいいなと思う。尊敬するおじいちゃんの床屋を継ぎたいっていうのも。真央ならできるよ!日々、色々な髪型を研究して勉強熱心。ヘアアレンジだけじゃなくて私の髪もまた切ってね!」

嬉しくなって、私は親友を後ろから抱きしめた。

「レイちゃん、大好き!」
「こら!髪をいじってる途中だろう?」
「もうできました!」

親友に大きめのハンドミラーを渡して、できあがったヘアスタイルの解説をする。

「くせっ毛ロングのレイちゃんの髪をすばやくへアイロンでゆるふわのパーマをかけたようにしました。サイドを少し編みこんで、全体を一つに束ねて、ちょいナチュラルヘアの完成です♪目鼻立ちがはっきりしたクールビューティーなレイちゃんも似合うかわいいヘアを目指しました。ちなみに、一見ゆるふわでも、簡単にほどけません!さあ、本日の放課後ビフォーアフター、いかがでしょう?」
「うん、いい感じ♪よーし、気合い入った。今日もドラムをめっちゃたたいて、みんなをしびれさせてくるわ!文化祭も近いしね!」
「レイちゃん、カッコいい!」

親友は軽音部の女ドラマーなのだ。

「女子をほれさせてもなあ。…あ、話は戻すけど、真央の言ってた望月くんってモッチーのことじゃない?」
「モッチー?」
「望月カケル。それなら軽音部のモッチーだよ」
「そうなんだ。望月くんって下の名前、カケルっていうんだ。苗字が望月なのに、名前で欠けちゃうんだね」

ちょっと不憫だ。

「あんたが気になるのはそこ!?同じクラスなら名前はフルネームで覚えてあげて。っていうか、軽音部情報はいらなかったんかい!?」
「いるいる。軽音部なら、ウザそうな髪もなんか納得だな。ミュージシャンってそういう髪型の人、多いもんね。まねしてるのかも」
「う~ん。モッチーの場合、そういうのではないと思うんだけど…。コピーバンドじゃなくてオリジナルだし。あいつ、いい曲かくんだよな」

私はヘアアレンジで使った道具を片づけながら、レイちゃんにふうんと返す。

「音楽のことはよくわからないけど、望月くんって瞳がきれいなんだよね。プリント受け取るとき、振り向きざまに一瞬見えたんだけど、あれは隠してたらもったいないよ!レイちゃん、同じ部活ならそれとなく伝えてあげて」
「そんなん言えるか!それとなく瞳がきれいだねとか超無理だわ!」
「レイちゃんはカッコいいから大丈夫だよ」
「…私、女子なのにどんだけイケメンなの、あんたの中で」

気を取り直して親友は立ちあがる。スラリとした足を制服のチェックのスカートから惜しげもなく披露した。

「あ、ちなみにモッチー、しばらく部活を休んでるから会わないと思う」
「え?」

見上げると、レイちゃんが手を差し出していて、まだ座っていた私を立ち上らせてくれた。ほら、こんなところがカッコイイ。女子なのに、紳士なんだから。

「バンド内でもめごとでもあったのか、しょぼくれてるってきいた。うちの部、人数多いからたくさんバンドあるんだよね」
「レイちゃんとは別のバンドなんだ?」
「うん。だから、あまり接点なし。席が近くなった真央のほうが機会あるかもね」
「私、そんなにしゃべったことないんだよなあ。仲良くもないのに、いきなり髪を切らせて下さいなんていえないし。望月くんも積極的に話をするタイプじゃなさそう」

レイちゃんはひらめいたように指を鳴らした。

「そこは未来の゛世界が変わる床屋さん″の腕の見せどころじゃない?」
「え?」
「しょぼくれてるモッチーの世界を変えてきな!」

そう意味ありげに親友は笑った。


    *


どうにかしたい。 望月くんのアレをどうにかしたい!

「真央、痛いんだが…。わしの髪、ひっぱりすぎじゃないかね?」

おじいちゃんの言葉に我に返る。いかんいかん、今はお店が終わった後のおじいちゃんの髪をとかしている途中だった!

「ごめん、おじいちゃん!」
「いいって、いいって。それより人の髪をいじってる時の真央はすごい集中力なのにな…。今、うわの空だったか?学校でなんかあったかね?」

さすがおじいちゃん、私の様子がおかしなことにすぐ気づいたらしい。(…ん?っていうか、このやりとりなんかデジャブだ)

「最近、うちのクラス、席替えしたんだけど、前の席の望月くんって男の子の髪が気になっちゃって。こう肩にかかるくらいの黒髪なんだけど、なんかもっさりしてて、うざそうなんだよね。本人に全然似合ってないの!」
「ふむ。それは一大事だな」
「だよね!おじいちゃんならわかってくれると思ってた!」

櫛笥する手が止まっていた私に、おじいちゃんはたずねた。

「でも、真央はどうして似合ってないと思ったんだい?」
「望月くんの瞳が見えた時があってね、きれいだったんだー。あれ、長い髪に埋もれててもったいないよ!」

おじいちゃんは笑った。

「髪にかける真央の情熱は並々ならぬものがあるからなあ。おじいちゃんも見習わんとな。こうやって仕事終わりに髪をとかしてもらうのも、初心を忘れないためのわしの大切な時間だ。でも、真央、その情熱を一概に人に押しつけてはいけないよ。髪は人の心をあらわしているから」
「え?」
「その坊主だって、瞳を、心を、隠したい理由があるかもしれんぞ?」

…瞳を、心を、隠したい理由…?

「まあ、本人に話をきかんことにはわからんがね。でも、真央、理容師を目指すなら、その人に合った程よい距離をつかめるようにならんとな」
「おじいちゃんは昔、俳優さんとの距離をうまくつかんで髪をカットしたの?そうして世界を変えたんだ?」

おじいちゃんは声を上げて笑った。

「世界を変えたなんて、そんな大それたことはしとらんよ。わしはあの人の話を、ただ聞いただけさ」

そうやっていつも謙遜する。決して偉ぶらない。驕らない。人と同じ目線で立ち、ただ話を聞くだけ。その穏やかな物腰と優しさに、今までどれだけの人が救われただろう。

「程よい距離か。う~ん、難しいね」

私が腕を組んでうなっていると、おじいちゃんが鋭いところをついてきた。

「真央は母親との距離もうまくつかめてないからなあ。難しいかもしれん」
「おじいちゃんは優しいけど、時々人の痛いところを突くよね」

私が頬を膨らますと、おじいちゃんは困ったように笑った。

「また早苗から連絡が来ていたよ。ロサンゼルスに遊びに来なさいとな。ようやっと、あいつも余裕が持てるようになったんだろう」

私の母は世界で活躍するヘアメイクアーティストだ。その夢を叶えるために、昔、私をここに置いて行った。父親が誰かもわからない私を大切に育ててくれたのはおじいちゃんと亡くなったおばあちゃんだ。

「う~ん、そのうち遊びに行くよ」
「また、そのうちか。真央のそのうちは保留の意味だからな」

バレてる!?

「真央」

おじいちゃんは私に向き直り、はっきりと告げた。

「言いたいことの一つや二つ、早苗にぶつけてきなさい。お前は早苗にそうする権利があるんだから。思い切り今までの鬱憤をはらして来ればいいんだ。なんなら、あばれてきたっていいぞ」

おじいちゃんはお母さんのことになると、妙にアグレッシブになる。きっと母親に対してどうしていいかわからない私のかわりに、そうしてくれてるんだ。

「あはは!ありがとう、おじいちゃん。そうだね。そのうちそうしようかな」
「そのうちか」

おじいちゃんの言うとおり、私はまだ母親との距離をうまくつかめていない。もしかしたら、つかむ気がないのかもしれない。自分のことなのに、そのへんはよくわからない。まだ考えたくないのかもしれないや。

「今は目の前にいない人より、いる人の方が気になるよ!」
「…望月さんとこの坊主か」

おじいちゃんは聞こえるか聞こえないかの小さな声で呟いた。

「あの坊主なら、案外ぶつかっていった方がいいかもしれんな」


    *


どうにかしたい。 望月くんのアレをどうにかしたい!……そう思っていたんだけど。

「望月くん、本当にごめんなさい!」

胸が痛い。まさかこうなるとは思わなかった。放課後、文化祭の準備中にペンキを運ぼうとしたら足元で作業していた望月くんに気づかず、ぶつかってペンキをかけてしまったのだ。

「しかも頭からぶっかけるなんて…どんなコントよ?」

隣にいたレイちゃんのツッコミに返す言葉もない。少し失礼な親友は笑いをかみ殺している。とにかく望月くんを水道まで連れて行って、髪についたペンキの汚れを洗い流す手伝いをした。

「どうしよう。ちゃんと全部おちるかな?」
「モッチー、大丈夫?…っていうか、真央!あんた、まさか確信犯じゃないよね?」
「ち、違うよ!!」

思いが募りに募り、あわよくば、髪を切れるんじゃないかと思ってわざと望月くんにペンキをかけたとか、そんなんじゃないからね!念のため!!

「本当にごめんなさい、望月くん!!」

私は自分の持っていたタオルを渡し、頭を下げて何度も謝った。それしかできない。望月くんは力なく笑った。

「大丈夫だよ。…でも、一瞬、世界が変わったかと思った。ペンキの青に視界が染まったから」

あー、そんな意味で「世界が変わった」なんて言わせたくなかったのにっ!!

「ちょっと真央、『しょぼくれてるモッチーの世界を変えてきな!』って私も言ったけどさ、余計にしょぼくれさせてどーすんの?」

レイちゃんのさらなるツッコミに本当返す言葉もなかった。あー、ここにおじいちゃんがいたら、「…わしもそんな意味でぶつかれって言ったんじゃないんだがなあ…」って言われるに違いない。唯一、救いだったのはすぐに水道に向かったおかげで、彼の髪についたペンキの汚れをどうにか洗い流せたことだ。

「目はペンキ入ってない?大丈夫!?」

心配する私に望月くんは安心させるようにほほ笑んだ。

「それは平気。髪に守られたっぽい…」

この時ばかりは彼のウザそうな髪に私は感謝した。ありがとう、望月くんの髪!鉄壁のガードだったよ!!

「良かったー。望月くんの瞳が無事で…」
「へ?」
「望月くん、瞳がきれいだから。良かったーと思って!」

ほっとする私に望月くんは言葉を失っていた。レイちゃんが横から「真央、すげー。今さらっと言った!」とヒューッと口笛を吹く。

「……深海(しんかい)は、俺の目を見たことあるんだ?」
「え?」
「こわくなかった?」

望月くんは何を言っているのだろう?あ、ちなみに深海(しんかい)は私の苗字ね。フルネームは深海真央(しんかいまお)。

「こわい?なんで?」

私が首をかしげていると、レイちゃんが「ちょっと失礼!」と望月くんに近づいて、彼のぬれた前髪にふれた。そして、顔をのぞきこむ。

「そういうことか」

親友はさして興味もなさそうに言った。望月くんはレイちゃんの手をはたく。

「もしかして望月くん、瞳の色が左右で違うことを気にしてるの?」

私が聞くと、彼は顔を伏せてしまった。望月くんは瞳の色が左右で違う。右は灰色がかった黒、左は濃い茶。たぶんオッド・アイというやつだろう。私はおじいちゃんの忠告を思い出した。

― 真央、理容師を目指すなら、その人に合った程よい距離をつかめるようにならんとな ―

「そんな。すごくきれいなのに…」
「きれいなんかじゃないよ」

もしかしかたら踏み込みすぎたかもしれない。でも、もう遅い。失敗なら、ぶつかってペンキをかけてしまった時点でしている。こうなったら開き直るしかない。

「そんなことない。やっぱりすごくきれいだよ!」
「………」
「レイちゃんの次くらいに!」
「は?」

私の意外な台詞に、望月くんは顔を上げた。

「ぷっ。あはは、真央ナイス!悪いね、モッチー。私の次くらいにきれいだってさ」

横にいたレイちゃんは吹き出し、ぽかんとする望月くんの肩をたたいた。

「あのさ、モッチー。悪意や偏見、もしくは同情あたりを真央に期待しないほうがいいよ。真央の場合、あんたの瞳がきれいって本気で思ってるから。この子にはあんたがコンプレックスに感じてるところも美点にしか見えないんだ。私も最初会ったとき、自分のこの外見のせいでみんなに変な目でみられたけど、真央だけ『キレイだね!カッコいいね!』って声をかけてくれた。『髪、いじらせて!もっとカッコよくするから。かわいくもできるよ!』って散々つきまとわれてさ…」
「散々つきまとわれてって?もしやレイちゃん、嫌々つきあってくれてたの!?」

だとしたら衝撃の事実だ。親友は安心させるように私の頭を撫でる。

「そんなわけないじゃん!真央のこと、大好きだし」
「レイちゃん!」

私は親友に思い切り抱き着いた。

「私たち、相思相愛だね!」
「カップルかよ!?」

私たちのやりとりをみていた望月くんは呆れていたけど、やがて納得したようにレイちゃんに向き直る。

「そうか。お前、ハーフだもんな」

レイちゃんはふっと笑った。彼女の本名はレイチェル・エヴァンス。イギリス人のお父さんと日本人のお母さんをもったハーフだ。出会った時、レイちゃんは黒髪なのに、外国人の影を色濃く残した彫りの深い顔だちを気にしているようだった。

「そうだよ。ちなみに、真央に言わせたらハーフなんて『目鼻立ちはっきりとしたクールビューティー』程度の外見らしいし。下手に気負う必要ないって気づかされたわ」

レイちゃんはおかしそうに笑った。私の何気ない一言が親友を救っていたのだろうか?

「モッチー、あんたが軽音部を休んでるのも、その目が関係してるの?」

レイちゃんの問いに望月くんは顔をそむけた。どうやら図星のようだ。「白状しな」というレイちゃんの気迫に負け、望月くんは重い口を開く。

「…目をみられたんだ、バンドメンバーに。そうしたら次の日あいつらみんなして左右色違いのカラコンつけて俺の前にあらわれた」

そうだったんだ。

「それはモッチーをからかうために?それとも、目のことを気にしてるあんたとわかりあうために空回っちゃった感じ?」
「知らない。どっちにしろ気分が悪かった」
「だろうね」

望月くんの気持ちをレイちゃんも察したらしい。悪意や偏見、同情は本人を傷つけ、これ以上そうならないようにその人の心を深いところに隠そうとする。いつの間にか鉄壁のガードを作ってしまったんだ。

「そっか。みんな距離をつかむのが下手なのか」

黙り込んでしまった二人に変わって私は自分の話をすることにした。

「私、おじいちゃんに言われたんだ。理容師になりたいなら、人との距離をつかめるようにならないといけないって。真央は母親との距離をうまくつかめてないから難しいかもしれないって。私のお母さん、ロサンゼルスに住んでて遊びに来いって言ってるんだけど、私どうしていいかわからないんだよね。仕事を選んで、昔おじいちゃん家に私を置いて行った人とどう向き合えばいいかわからない。正直、自分自身が怒っているのか、悲しんでるのかもよくわからないんだ」
「……真央?」
「だってお母さん、愛情がないのかと思えば、誕生日やクリスマスには必ずプレゼントを送ってくるし、最近は遊びに来い来いうるさいし、どうも私が髪いじるの好きなの知ってるらしくて、外国のヘアカタログとかヘアメイクの本とかやたら送ってくるし。なんか半端に関わろうとするんだもん」

望月くんが苦笑した。

「なんか俺たち、みんなどっか半端だな」

そうかもしれない。レイちゃんのハーフも。望月くんの瞳も。片親しかいない私のお母さんとの関係も。

「でも、このままじゃ、やっぱりいけないのかもしれないね」
「深海?」
「おじいちゃんがね、言いたいことの一つや二つ、お母さんに会いに行ってぶつけてきなさいっていうの。どうかと思ってたんだけど、そうしてみようかな」

レイちゃんと望月くんが優しく微笑んでくれた。それに勇気づけられるように私は続けた。

「よし、今から!」
「「今から!?」」

ふたりは驚いたように同時に声を上げた。

「え、今から母親に会いに行くの!?」
「今からロサンゼルスに!?」

私の突然の発言にふたりは戸惑っていた。無理もない。私は両手を横に振った。

「違う違う。直接行くんじゃなくて、今から電話をかけようと思って。お母さんにいいたいことができたから」
「なんだ、電話か―。良かったー。時々、真央、とんでもない行動派になるからさー」
「俺も焦った。あんまり話したことなかったけど、深海、意外に突拍子もないな!」

安堵するふたり。まだまだ話は終わらないんだけどね。私はあることを提案してみた。

「たぶん留守電に残すことになると思う。お母さん、忙しい人だから。でね、私が電話をかけたら、望月くんもバンドメンバーとぶつかってきてほしいの。きちんと話し合ってきて」
「はあ!?」

素っ頓狂な声を上げる望月くん。そりゃ、そうだよね。よくわからない巻き添えをくらってるんだから。「いいじゃん、モッチー!」と、レイちゃんが指を鳴らす。

「そうしなよ。このまま、部活を休んで文化祭であんたがバンド演奏しないの、もったいないと思ってたんだー。もしバンドメンバーと話し合ってもうまくいかないようだったら、私があんたとバンド組むよ。今のバンドとかけもちになるけど、それでもいいならさ」

レイちゃんは人をのせるのがうまい。自分の価値を知っていて、相手にとって旨味のある話にもっていく。

「マジか!?」
「うん。あんたの曲、いいからね。他にモッチーとバンド組みたいやつ、絶対いると思うんだ。あんた、ギター&ヴォーカルだっけ?私がドラムで、あとベース見つけりゃ、なんとかなるでしょう!」

望月くんは即決した。

「話にのった。お前のドラムの腕、男顔負けだからな」

女子だけでなく、男子もドラムでしびれさせていたとは!

「レイちゃん、カッコいい!」
「真央は本当そればっか。カッコいいは男子に使ってあげて」
「そっか。えっと、覚悟を決めた望月くんもカッコいいよ!」
「なんか俺、とってつけられたな」
「私の次にカッコいいんだからしょうがないって。モッチー、あんたも中々悪くないと思うから。しょぼくれるなよ」
「しょぼくれてねーし!イケメン女子に励まされたくねーし!」
「じゃあ、決まりね!」

私は笑ってケータイを取り出した。初めてお母さんに電話をかける。案の定、留守電だった。咳払いをして少しもったいつける。

「もしもし、お母さん。真央です。遊びに来いって言ってるけど、私に会いたいならお母さんが会いに来ればいいんじゃないかな?もうすぐ高校の文化祭なの。カッコいい友達のバンドのヘアとメイクを担当するつもり。何気に私、メイクも勉強してたんだよね。別にお母さんの影響じゃないよ。それじゃ、文化祭で待ってるから!」


    *


「 世界が変わった 」

誰かのその一言が聞きたかった。 ただ、それだけ。


    *


文化祭当日。バンド公演待ちの舞台裏。控室となっている教室で私はヘアメイクに燃えていた。

「結局、坊主のバンド仲間は坊主をからかってただけだったのか?」
「うん。望月くん、ちょっと落ち込んでたんだけど、その怒りをパワーにかえて、いい曲がかけたみたい。レイちゃんたちとバンド組んで、すぐ元気になっちゃった。あ、おじいちゃん、そこのアメピンとって」

なんと孫の晴れ舞台(裏方だけど)におじいちゃんが、床屋を休みにして、かけつけてくれた。

「はいよ。きっと坊主にとって今のバンド仲間に会うための必要な流れだったんだろう。人間つらい時こそ、底力がでるってもんさ。いいものができる。こりゃ、バンド演奏が楽しみだな。…それにしても、レイちゃん、えらいべっぴんさんになったな」
「ありがとうございます、真央のおじいちゃん。でも、きっとお孫さんの腕がいいからですよ。これも血筋ですかね!」

おじいちゃんをうまく持ち上げるレイちゃん。

「そうかね、そうかね。そう思うかね。実はわしもそう思っているんだ。真央は中々センスがあってだな」

おじいちゃんも親バカならぬジジバカ振りを発揮している。

「お前、くちうま。本当イケメン女子だな」

レイちゃんの口の上手さにあきれる望月くん。なんだか最近、私の毎日はとても賑やかだ。

「モッチー、かまってもらえないからってしょぼくれんなよ。準備はできたの?」
「準備も何も衣装なんて制服のままじゃん!なあ、須賀(すが)やん?」

ベースは須賀くんという背の高い男の子。望月くんやレイちゃんには須賀やんと呼ばれている。ベースは募集をかけたら、須賀くんが速攻名乗り出てくれたらしい。ぱっと見、「自分、不器用なんで」って言いそうな寡黙な男子。でも、演奏は「全然不器用じゃねえ!」と望月くんとレイちゃんが口をそろえていた。「すごいやつ、きた!!」とも。

「衣装はみんなで話し合ったでしょうが!」

バンド演奏は校風もあってか自由に各バンド決めていいことになっている。最初は奇抜さやスタイリッシュさを狙っていこうと話し合っていたんだけど、うちで色々なへカタログをみてみんなで話し合っていたら、おじいちゃんが「10代の爽やかさをいかさんでどうする?それがお前らの今、最強の武器だぞ」とアドバイスしてくれた。望月くんのかいた曲も「ソーダ水の炭酸がシュワシュワはじける感じ」とレイちゃんが評してたので、爽やかさをうるのもありかもしれないと制服でいくことにした。

指定の茶のブレザーに緑と赤のチェックのパンツとスカート。ちょっとダサかわいいおしゃれ感を出したくて、みんなでおそろいの丸メガネをかけることにした。レイちゃんのヘアはゆるい三つ編み。地味めの髪型が美人度をよりひきたてている。(しかも、ここぞって時に三つ編みをほどけば、キレイなパーマが広がるようにセット)須賀くんは丸メガネのおかげで堅そうな雰囲気が柔らいでちょっとかわいくなったかな。…望月くんはメガネをかけたところで前髪が長すぎて意味がないんだけどね。

「レイちゃんはウィッグつけて男装する案もあったけど、これでよかったかもね!やっぱカッコいい女ドラマーっぷりをみてもらいたいし」
「それ以上、イケメン女子になってどうするんだよ」
「ひがむな、しょぼくれ男子!」

言い合いになる望月くんとレイちゃん。仲がいいなあ。そこで須賀くんがまさかの好アシストをみせてくれた。

「……望月は髪を切ったほうがいいんじゃないか?」
「え?」
「爽やかな曲をかいたのに、お前が一番爽やかじゃない」
「本当それ!モッチー、本番前に真央に髪を切ってもらったほうがいいって。なんたって真央は未来の゛世界が変わる床屋さん″なんだから。ですよね、真央のおじいちゃん?」

レイちゃんが意味ありげに笑った。おじいちゃんが「まだわからんが、まあ候補かな」と片目をつむる。嬉しい!思わず涙ぐんでしまった。おじいちゃんは理容師になることには特に反対してないけど、私がお店を継ぐことに関しては決してふれなかったから。こんなに嬉しいことはない!!

「わ、わかったよ!…深海、少しだけなら俺の髪を切ってもいいぞ?」

なんで私が涙ぐんでいるのかよくわからなかったのだろう。望月くんがあたふたする。彼もなんだかんだと優しい人だ。

「ありがとう!でも、時間がないから望月くんはおじいちゃんに髪を切ってもらったほうがいいよ。私、レイちゃんのメイクが残ってるし」

その時、教室のドアが突然開いた。

「やっと見つけた!!」

その人は荒い息で、ひたいの汗をぬぐう。なのに完璧なメイクが崩れていないのは職業柄だろうか。

「お、お母さん!?」
「さ、早苗!?」

私とおじいちゃんは同時に声を上げた。まさかお母さんが本当に帰ってくるとは…!

「話は聞かせてもらったわ。レイちゃんのメイクは私にまかせて。真央はそこの男の子を変身させなさい!」
「え、でも…」

お母さんはヒールの靴をカツカツ鳴らしながら、親友に近づき、にっこりと挨拶をする。

「あなたがレイちゃんね。娘がお世話になってます。いつもあの子に良くしてくれてありがとう!っていうか、あら、あなたクールな美人ね。しかも、すっぴんでここまでキレイな子も中々いないわよ!?でも、私の腕にかかれば、もっとカッコよくもかわいくもなるからまかせて!」

レイちゃんの長めのまつ毛が瞬く。

「絶対、真央のお母さんだ。顔も性格もそっくり!」

少し恥ずかしい。

「留守電にあったカッコいい友達っていうのはそこの背の高い子かしら。…あら、私好みの渋めな男の子ね」
「は?」

お母さんの勘違いに須賀くんは目をぱちくりさせている。私が留守電で友達の名前を明かさなかったせいで、須賀くんにとんだ被害を…!

「あら、須賀くんっていうの。真央のこと、よろしくね!お父さん、真央のカッコいい友達の髪をお願い。ツーブロックのオールバックとか、いいんじゃないかしら?床屋、休みにして来たんだからいいでしょう?手伝ってよ。真央の彼氏候補ですって!」
「なにー!?」

おじいちゃんまでとんだ勘違いに発展だ!唖然とする私をお母さんが叱り飛ばした。

「こら、真央、何してるの!出番までもうすぐなんでしょう?あんたはそのモサ男(オ)くんをなんとかしないと!!」
「は、はい!」
「…モサ男って俺か!?」

私はレイちゃんから離れ、望月くんの後ろについた。彼もひそかにダメージを受けているらしい。

「深海家3代の手でヘアカットやメイクをしてもらえるなんて。あなたたちが初よ。ラッキーね!」

もうお母さんが来てからのこの流れ、わけわかんないよ!でも、望月くんの髪をいじれるのは今しかない。気が変わらないうちに私は素早く彼に散髪ケープをつけた。

「大丈夫よ、望月くん。今日でモサ男は卒業だから!私にまかせて!」
「…お、おう」

私が持っている鋏(はさみ)は家庭で散髪できる市販のものだ。まだ理容師にはなれてないから、おじいちゃんが持つような立派な専用の鋏は持っていない。でも、今の私にはこれがあっている。これで充分だ。

リズミカルに踊る鋏。シャキシャキと心が弾む音。もさもさした長髪は嘘のよう。はらはら舞い散る花びらのよう。彼の新しいイメージに近づいていきますように。ちょっとだけでも幸せになってもらえたらいいな。彼の自信になってくれたら―。

「できた?」

切り終わると、鉄壁のガードとさよならした望月くんのきれいな瞳とぶつかった。瞬間、なぜか何も言えなくなってしまう。かろうじて頷くと、みんなが集まってきた。

「お、望月が爽やかになった!」
「やっと若者らしくなったな、坊主。すっきりしたじゃないか!」
「あら、自然なマッシュが似合うじゃない。中々イケメンね!」
「まあ、カッコよさは私に劣るけど、悪くないんじゃない?」

みんなの素直な感想に望月くんは照れくさそうだった。

「なんか首もとがスース―する」
「モッチーの感想はそれだけ?」

レイちゃんが腕で小突くと、望月くんは私を見て笑った。

「世界が変わった…かもしれない」

誰かのその一言が聞きたかった。 ただ、それだけ。

「ありがとな、深海」

…そう思っていたんだけど。胸が高鳴る。 

「あれ?」

一緒に私の世界が変わった、そんな気がした。






=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ ストレイテナー『Merodic Storm』 × ラジオドラマ『黒ヤギは眠らない』 ★

更新がおろそかになっており、申し訳ありません。ふとストレイテナー『Merodic Storm』をきいたところ、青春モードスイッチが入り、このような物語ができあがりました。なので、タイトルもそれから。テナー、いいですね。色々な物語が生まれる予感!ちなみに、男の子のヘアは成田凌さんの髪型を参考にしました。なりたい男子の髪型っていったら、なんとなく彼が思い浮かびました。

① ストレイテナー『Merodic Storm』
https://www.youtube.com/watch?v=MtoAJF-jQjE
メロディの美しさや疾走感、まさに『Merodic Storm』って感じの音楽です。聞いた瞬間、青春している少年少女たちが私の中で駆け出しました。彼らを追いかけていたら、思いのほか長めの短編になってしまいましたけど。物語で書けなかったモッチーたちのバンド演奏はこの曲のイメージです。

② ラジオドラマ『黒ヤギは眠らない』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15436588
何気に朗読やラジオドラマ好きです。アマチュアの方?が創作しているラジオドラマの中で一番好きなのがコレ。主人公の女の子の声の透明感ハンパない(私もこんな声に生まれたかった!)。お話も素敵!優しい主人公にまわりにいるあたたかな家族や友人。面白い物語は脇役も光ってるなと思う。お気に入りです。


■ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


こちらの物語は、にほんブログ村記事トーナメントで優勝することができたものです。

20歳くらいの時に書いたものなので、まだ青いというか…でも、最後の終わらせ方とか今と変わらない感じも見受けられたり。じゃあ、今も青いままなのかなとも思ったり。

みなさま、その節は応援して頂き、本当にありがとうございました!
==================================


 大学時代の友人が、個展を開くから来いと連絡してきたのは、一週間も前のことだ。

仕事が忙しくて、すっかり忘れていた。友情とは、時にこんなものである。彼とは実に卒業してから二十年ぐらいあっていなかった。根っからの芸術肌にして変人。彼という人間に、これ以上もこれ以下の説明もいらないだろう。実に的確で安易な説明である。

その日は仕事が早く片付いたが、なぜかまっすぐ家に帰る気がしなかった。まだ時間も充分にある。どこかにでも立ち寄ろうか。そこで彼のことを思い出し、急遽個展に訪れることにしたのだった。本当に何の気なしに行くことにしたのである。

『―お前はたぶん、ずっと引きずるタイプだな…』

彼が悟ったようによく言っていた台詞をふと思い出す。芸術家に必要な感性はもちろんのこと、彼には鋭い洞察力があった。その度に私はとぼけ、笑い流していた。若かった、としか他にいいようがない。

恵比寿の落ち着いた一角に、彼の個展が行われている小さなギャラリーがあった。

『 同窓絵(どうそうかい)・ハラ シュウゴ 』

入り口にこの個展のタイトルと彼の名がシンプルに飾られていた。

― 同窓絵(どうそうかい)―

そういえば、彼はいつも人の度肝を抜くのを楽しんでいた。きっと今回も何かをしかけているに違いない。さて、一体どんな作品が並んでいるか拝ませてもらおうじゃないか。久しぶりに高鳴る胸を抑えながら、私はゆっくりとギャラリーの扉を開けた。

「お、やっと来てくれたのか」

久しぶりにあった友人を前にしての、彼の第一声がこれだった。変わらずの皮肉交じり。だが、下手に再会の挨拶なんかされるよりずっといい。あの頃のまま変わりなく接してくれる方が、むしろ嬉しいものだ。外見も恰好も、彼は昔とあまりかわらないようである。若さにあふれた精悍な顔つき。私たちの年代で白シャツにジーンズがいまだに爽やかに着こなせるのも彼ぐらいだろう。なんともうらやましい限りだった。

「変人のお前がやっと個展を出すに至ったからな。来なきゃいかんだろ」

彼も私の言葉を素直に喜んでいた。

「とにかくお前が来てくれて助かった。今なら誰もいないから、俺の絵を大いに堪能できるぞ。ちなみに俺は、ちょっと出かけないといけないから、しばらく留守番を頼む」

彼はそれだけ言うと、引き止める私を無視して、そそくさと行ってしまったのである。私はしばらく唖然としていたが、実に彼らしいと思ってつい吹き出し、一人で笑ってしまった。

取り残された私は人がいないことをいいことに、せっかくだからと友の力作を一つ一つ拝見させてもらうことにした。

 一枚目の作品。『桜並木』

桜が永遠と遠くまで続いている。淡い薄紅色の花弁は満開をうたっていた。その木の下を行く人は、さも幸福に続く道を歩いているかに見える。これは見たことのある風景だった。…ああ、そうだ。これは私たちの大学の桜並木だ。

―ねぇ、ここの桜は特別だと思わない?

いつもこういうのは不意打ちだ。ずっと忘れていたのに、些細なことで簡単に記憶というのは蘇ってしまうものだ。

―そうかな。まあ、わからなくもないけど。
―冷めてるわね。

彼女は若く美しくて男連中に人気だった。私は彼女と学籍番号が近かったおかげで、親しくなれたのだ。

―自然を愛でる心がないと、自分なんてすぐ枯れちゃうわよ?早々とおじさんになっちゃうわ。

彼女は桜を眩しそうに見つめていた。細めた目元には、かわいらしい泣きぼくろがあった。

―そんなもんかな?
―そんなもんよ。

確かにあっという間の二十年だった。自然を愛でる心のなかった私にとっては。…あの彼女はどう過ごしてきたのだろうか?


 二枚目の作品。『夏祭り』

 大学近くの商店街での祭り。その様子が色濃いタッチでいきいきと描写されている。風車がいっぱい並んだ夜店を背景に浴衣を着た子供たちが楽しそうにはしゃいでいた。普通の人ならこの絵を見て、それで終わるのかもしれない。でもこの光景にも、私は見覚えがあった。

…あいつ、もしや盗み見ていたのか?

―子供たち、かわいいでしょう?

彼女に誘われ、ともに夏祭りにでかけたことがある。

―子供は好き?

最初はデートかと思っていたが、いかんせん、それは勘違いであった。

―う、うん。まあね…。君は?
―好きよ。だって、真っ直ぐだもの。

 大学のボランティアサークルに入っていた彼女は事情があって親元を離れて暮らす子供たちの世話をしていた。その子たちを連れての祭りだったのある。私は彼女にいいところを見せようと奮闘したが、なぜか邪魔が入り、中々彼女に近づけなかった。今にして思えば、勘の鋭い子供たちにしっかりガードされていたのだろう。彼らにあれがしたい、これがしたい、とせがまれ、ひきまわされた記憶しかない。これは私の苦い思い出である。子供嫌いになった原因といってもいい。

なるほど、あいつは私たちをつけていたんだな。彼から見たら、私の青臭い姿なぞ、実に滑稽だったろう。

 三枚目の作品。『落日』

夕日が沈む。暮れゆく場所は淋しげであった。季節は秋。心苦しい光景だった。そこは病院の入り口だった。気のせいか、片隅にひっそり捨てられているものがある。それは私だけしか知らないものだった。

…ストーカーもほどほどにしとけよ…。

 私は顔を覆いたくなった。あいつ、いったいどこまで見ていたのだ。悪趣味すぎるぞ。その病院は私が彼女にふられた場所であった。彼女が盲腸で入院したと聞いて、私は花束を片手に見舞いに行った。しかし、彼女の病室には先客がいて、私は会うことができなかった。いたのは知らない男だった。その男と彼女は抱き合っていた。それを目の当たりにして、私は声をかけることもできず、足早にそこを後にしたのである。無意識に玄関に花束を投げ捨てていた。

 そういえば、学生寮に帰ってすぐに酒をあおり、彼に散々愚痴った気もする。女々しいことも言ってしまったかもしれない。それを憶えていて描いたのだろうか。それにしても、私の記憶そのままだった。

『―お前はたぶん、ずっと引きずるタイプだな…』

お前は正しいよ、シュウゴ。二十年たっても俺は覚えている。この絵を見て胸が痛くなっている。成長していない自分にあきれるな。私は自嘲した。仕事に追われた結果、それなりの社会的地位も手に入れた。結婚もした。過去のあの因縁のせいか子供には恵まれず、結局妻とはそれが原因で別れたが…。それなりの自分の人生に満足していたはずである。…だのに、なぜこんなにも今、胸が苦しくなっているのだろう。

『―俺がどうしてか教えてやるよ…その時がきたらな』

「シュウゴ君、ごめんなさい!遅れてしまって。渋滞がすごくて」

いきなりギャラリーの扉が開き、声高な女性が入ってきた。

私は彼女を見つめ、立ち尽くした。髪を束ね、品のいいグレーのスーツを着た女性。年を重ねて皺が多くなってはいたが、目元には覚えのある、かわいらしい泣きぼくろがあった。

彼女は一人しかいない私に気づくと、その細い手で、はっと口元を抑えた。その指に指輪はなかった。

私たちのあいだにあったのは二十年という時間でもなかったのかもしれない。

あったのは四枚目の作品…。

「元気?」

どちらからともなく、声をかけ、笑いあった。

…タイトルは『再会』。

私があの時投げ捨て、彼女に渡せなかった花束。それが鮮やかに描かれていた。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ 

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村