――なあ、信じるか?

雨の季節特有の空気は慣れるまでに時間がかかる。むせ返る。何度も咳き込んでしまう。それに気を取られていると、部屋の窓辺にはいつも小さな虹ができていた。こぢんまりとしたアーチに手を伸ばして、そっと触れてみる。七色に染まることのない自分の指先に胸が痛んだ。それからあっさりと虹は消えていく。哀しい余韻だけが残る。

――消えない虹が欲しいのか? 見ててごらん。

やがて俺は消えない虹を手に入れた。そして満足してしまった。人は満足すると、ほっとして、すぐ忘れてしまう。そういう生き物だ。別にそれは悪いことじゃない。俺もそうだった。ただ、良くないのは一度忘れることを覚えると癖になってしまうことだ。そして知らないうちに、たくさんのことを忘れ始める。失い始める。俺は消えない虹も、それをくれた人さえも、いつの間にか失ってしまっていた。

      *

――なあ、信じるか?

小さいころ、近所にテツオという美大生がいた。有名芸大に在籍していて、おそろしく絵のうまい奴だった。どうやら学生時代から新進気鋭の画家として有望視されていたらしい。人柄はよくいる芸術家とは違って親しみやすく、近所の評判も高かった。近所の子どもたちはみんな「テッちゃん」と、慕っていたものだ。昔からどこか大人びて、感情を表に出さない子どもだった俺は、母親に心配されて、テツオの家に絵を習いに行くことになった。おおかた子育ての本か何かで、絵を描けば感情表現が豊かになるとでも書いてあり、鵜呑みにしたのだろう。
 でも、テツオは無理に絵を描かせるということはしなかった。一緒にお菓子を食べたり、話をしたり、遊んだりするだけ。今思うと、テツオがカウンセラーの役をかってでてくれたのかもしれない。

「マコトは何が好き?」
「好きなもの?」
「そうだよ。何でも言いな」

テツオはいつも、にこにこしていた。笑顔がお面のように張り付いてしまったものではなく、人柄の良さが自然と滲み出た穏やかなものだった。

「チョコ…かな」
「チョコだな。ほら!」

そう言って握っていた手のひらをぱっと開いて、チロルチョコを出す。簡単な手品をして、俺を驚かせてくれた。

「すごい。どうして、チョコってわかったの?」
「お前が、信じているからさ」
「何を?」
「チョコと俺を、さ」

なぜか俺はチョコとテツオを天秤にかけた図を想像して笑った。テツオは俺が笑うと、もっとにこにこする。そして、マコトの笑顔は光っていていい、と誉めてくれた。テツオに言われて、いつしか俺は家族の前でもよく笑うようになっていた。母親は涙ぐみ、テツオの絵画教室のおかげだと、それこそ信じて疑わなかった。

ある雨の日のことだ。

「消えない虹が欲しいんだ」

俺はそう呟くと、テツオはにこにこと身をのりだした。

「消えない虹が欲しいのか?」

俺は頷いた。窓辺の虹の話しをする。雨が降ると決まって部屋の窓辺に小さな虹ができること。そしてそれに触れると、すぐ消えてしまうこと…。

「マコトはどうしても手に入れられないものがあるのを知っているんだね。お前は聡いから、人より先にそういうのに気づいてしまったんだな。でも、それは哀しいだけじゃない。確かに哀しいけど、それだけじゃないんだ」
「どういうこと?」
「力を生み出すんだよ」

理解ができず、俺は首をかしげた。

「見ててごらん」

そう言って、テツオは目の前で絵を描き始めた。テツオが絵を描くところを見たのは、それが初めてだった。驚いた。いつもにこにこしているテツオが変化したのだ。じっとスケッチブックを睨み、ものすごいスピードで絵筆を操る。パレットから色彩が飛び出す。胸躍るような七色。テツオは一度もあの虹を見たことがないはずなのに、もっとリアルに描き出していた。あっという間に、白い紙の上に存在していた。俺だけの、決して消えることのない虹が――。

「これが力を生み出すってことだよ。マコトと俺の力が生み出したんだ」

すっかり、にこにこ顔のいつものテツオに戻っていた。

「僕も?描いたのは、テッちゃんだよ?」
「見る側と描く側のお互いが信じないとダメなんだ。マコトが信じないと、これは虹ですらないんだよ」
「信じる…?」
「そうだ。お互いが信じないとね、これは何ものでもないんだ」

テツオはよく「信じる」という言葉を使っていた。信じれば、望んだものが手に入るということをよく言っていた。テツオは知っていたのだろう。自分の絵は誰かの思い込みがあってこそ望まれた絵になる。価値のある、評価される絵になることを。テツオは絵の中で得意の手品をしていただけなのかもしれない。大好きな絵も、もしかしたら彼にとっては小手先のものでしかなかった。テツオはそれで巧妙に絵の才能さえも創り出していたのかもしれない。

「なあ、マコトは信じるか?」

それでも俺はテツオが好きだった。

「僕は、信じるよ」

テツオも俺を信じてくれているのがわかったから。テツオは関係が対等だった。子どもに対して、子ども扱いしない。きちんと真剣に向き合ってくれる。感受性の鋭い子どもだからこそ、目に映ってしまう美しくはない世界をテツオはしっかりと見守ってくれた。その先にある大切な何かに導いてくれた。

でも、テツオがしてくれたようなことを俺はテツオにしてやることができたのだろうか。きっとできていなかったのだろう。だから、俺はいつの間にかテツオを失ってしまったのだ。

あの虹の絵も、今はもうどこにあるのかわからないのだから。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
「…俺、好きな子ができたんだよね」

放課後サッカー部の練習が終わって、汗臭い部室で制服に着替えていると、隣のロッカーのタドコロが俺に打ち明けた。

「まじで?」

とりあえず、驚く素振りをする。どうりで最近、髪型や制服の着方に気合が入ってると思った。今もロッカーに備え付けの鏡で、タドコロは短い髪をやたらといじっていた。

「中学入学して早一ヶ月。ついにきたよ、遅れた俺の春!」
「おめでとー」
「なあなあ、誰だと思う?」
「…さあ?」

申し訳ないけど、正直あまりタドコロの恋愛事情に興味がなかった。そんなに仲がいいわけでもない。でも、タドコロ自身は俺のことをけっこう気に入っているようで、何かと絡んでくることが多い。話好きでお調子者のタドコロは、サッカー部のムードメーカー。目立ちたがりのプレイさえ控えれば、それなりにいい奴だった。

「もう可愛くてさー」
「へー」
「他の女子が霞んじまって困っちまうよー」
「ほー」

返事が棒読みになってしまったけど、タドコロは気付くような男じゃないから平気だろう。俺は素早く着替えて、話を打ち切ることにした。

「じゃんけんで負けて体育祭実行委員になったときは最悪って思ったけど、今は最高だね。人生わからんね」
「彼女、体育祭実行委員なんだ?」
「そうそう」
「良かったじゃん。じゃ、俺、急ぐから」

着替えもすみ、ロッカーの鍵を閉めて、自分のナイキのスポーツバックを肩にかけた。しつこいタドコロは俺を引きとめにかかった。

「スギヤマ、待てよ!腹、減ってるだろう?ラーメン、おごるからさ」
「いや、いいよ」
「デザートも付けるぜ」
「次の機会で」
「スギヤマー!」
「タドコロ、しつこい男は嫌われるぞ?」

一瞬ひるんだ隙に俺は部室を後にした。汗ばんだ体に外の風が心地いい。夕闇に染まっていくグラデーションの空が目の前に広がる。大きく伸びをして、ため息をついた。人の恋愛相談ほど、時間が無駄になることは無い。所詮は他人事なのだ。面倒なことに巻き込まれかねないし、スルーするのがよし。視界に入ったグラウンドの時計に目をやる。晩飯までまだ少し時間があった。自転車に乗って駅前の本屋にでも立ち寄ろうか。バックから自転車の鍵を探ろうとすると、ぼそっと後ろで嫌な声がした。

「マコトくん、お探しのものはこれかい?」

にんまりとしたタドコロが、見覚えのある鍵をぶら下げてそこに立っていた。


「その子、本当にいい子なんだよねー」

結局タドコロに付き合う羽目になった俺は、学校近くのラーメン屋に立ち寄り、不機嫌そうにラーメンを食っていた。

「塩ラーメン、うまいだろう?半ライスも付けるか?」
「けっこうです」
「けっこうですって、イエス・ノーどっちにもとれるんだぜ。知ってた?」

麺を勢いよくすする。スープが飛び散って、軽く被害を受けたタドコロは苦笑した。

「悪かったよー。でも、こうでもしないとお前、話をきいてくんないじゃん?俺はお前に聞いてもらいたいんだよ」
「何で?」
「親友だからさ」

親友だったんだ??

「マコトくん、俺のチャーシューもどうぞ」
「…お気になさらず」
「もう、悪かったって。ほら」

そう言って、タドコロはポケットから俺の自転車の鍵を取り出した。それを静かに机の上におく。

「本当に嫌なら帰っていいよ。悪かった」

タドコロは申し訳なさそうに頭を下げた。きちんと反省ができる奴らしい。自分勝手でも、相手の許容限度ラインは察せられるのだろう。救いようのない奴ではないのかもしれない。やれやれ、だな。

「食い終わるまでに、話し終えろよ」
「スギヤマー」

男に泣きつかれて肩をすくめる。俺はこういう役回りなのかもしれない。

「その子、サワキトウコって言うんだ」
「サワキ…って、あの可愛いって評判の?」
「そうそう」

入学式で新入生代表をつとめた子。ショートボブの小柄な女子。美人ってわけじゃないのに人目を引く愛らしい顔立ちをしていた。ひとなつっこい笑顔が魅力的で一気に男子の間で話題になった。

「俺、また運悪くじゃんけんに負けて、体育祭実行委員の学年リーダーになっちゃってさ。でも、彼女が気にかけてフォローしてくれるんだよ」
「へー、良かったじゃん」
「サワキも俺のこと思ってくれてんのかなーって自惚れてたんだけど、甘かったわ」
「甘かった?」
「いるんだよ、変なのが」

妙に語尾らへんに力が入っていた。タドコロは思い出したのか、まずそうにチャーシューを俺によこした。

「変なのって?」
「変な男がいるんだよ、サワキには。どうやら幼馴染らしい」
「でも、付き合ってるってわけじゃないんだろう?」
「そうなんだけど…」

タドコロはため息をついた。コップの水が終わりかけていて、近くにあったやかんでつぎ足す。

「そいつは体育祭実行委員じゃないんだけど、やたらとサワキと一緒にいて目に付くんだ。最初ウザイ奴だなって思ってたんだけど、サワキの方からそいつによく声をかけるのに気づいてさ…」
「そっか。サワキが好きなんだな、そいつのこと」

タドコロは大きくため息をついた。

「やっぱそうなるよねぇ」

がくっと肩を落とすタドコロが少し不憫だった。

「そいつ、なんて言うの?サワキの話題に一緒に名前が挙がっても良さそうなのに」
「それが何だっけなー。名前を聞いても忘れちまって。目立つ奴じゃないのは確かなんだけど。特に顔がいいってわけでもないし。だからって、不細工ってわけでもないし。見た目なんて本当普通なんだよ。勉強やスポーツができるわけでもないらしくて、どこにでもいる感じ」
「…ふうん。変なの」
「だろ?」
「ごちそうさまでした」
「え、もう食い終わったの?」
「うん、うまかった」

サワキの男の好みは少し変わっているのかもしれない。

「でも、そいつがサワキのこと好きかはわからないんだろう?だったら様子を見ればいいじゃないか、しばらく」
「そうだよな。俺にもまだチャンスはあるよな?」
「あ、デザートの杏仁豆腐はテイクアウトでよろしくね」
「スギヤマー」

なんだかんだと恋愛相談はそこで終了し、その後サッカーの話で盛り上がってお互い熱く語っていたような気がする。タドコロはそこまで悪い奴じゃないから恋愛もうまくいくといいな、と思った。でも、評判になっている女子は、たいがい他にも思いを寄せている奴らがたくさんいる。見込みがないかもしれないな。

この時、友達の恋愛相談の登場人物に過ぎなかったふたりが、後になって俺に深く関わってくるとは思いもよらなかった。タドコロじゃないけど、人生ってわからないものだ。


あいつは、ノーマークだった。

俺がふたりと知り合ったのは、それからすぐの新緑が眩しい五月中旬。タドコロが学年リーダーとして頑張った体育祭でのことだった。俺は学年別クラス対抗リレーの選手で、自身の一年A組のアンカーだった。だいたいアンカーになるやつは、運動部のエースが推薦される。俺はまだ膝を故障する前で、サッカー部の一年エースと目されていた。他クラスの代表たちもどこか見たことのある面子ばかりで、そろったアンカー六人を眺めて、俺は素早く自分の妥当な順位を計算して、勝算があるかを考えていたと思う。

その中で一人、見覚えのない顔があった。運動部にしてはやけに長いぼさぼさの黒髪。それが風にゆったりとなびいていた。どこかぼんやりとした目元。体格も他の奴と比べてほっそりとしていて、屋内の運動部の奴にしても肌が異様に白かった。とても運動部員には見えなかった。

「F組のお前、部活どこ?」

他の奴も気になったのだろう。B組のアンカー(陸上部エース)がそいつに声をかけていた。そいつは自分に問いかけられたことに気づかなかったようで、ワンテンポ遅れてから返事をした。

「…え、俺?特に何も」
「何だよ、よくアンカーに抜擢されたな。罰ゲームかよ?」
「似たようなもんさ。体育祭実行委員にはめられた」

困ったように眉を下げて、そいつは苦笑した。B組のアンカーは大声で笑い、そいつの肩をたたいた。

「ははは!まあ、元気だせよ!ビリかもしれないけどさ。一生懸命は走れば、クラスの奴らもそれなりに同情してくれるって」

その様子を見ていた他のアンカーたちも、おかしそうに笑った。ふうん。見るからにとろそうな、いじられキャラだね、こいつは。ノーマークでOK。そう誰もが思っていた。

でも、リレーは予想外の展開になった。F組は裏をかき、アンカー以外のメンバーを運動部のエース次候補選手でそろえていたのだ。そんな奴らがうまくF組に集まっていたのも凄かったけど、そのことを見抜いた目に正直驚いていた。あえて奴らをアンカーからはずしたのも俺たちの油断を誘う作戦だったのだろう。F組の体育祭実行委員は中々やるらしい。俺も迂闊だったな、とこっそり舌打ちした。

「F組の実行委員は優秀だな。俺のクラス、ずっと二位なんだけど」

F組のアンカーに俺は声をかけてみた。そいつは相変わらずのんびりと答えた。

「こういうの、うまいんだよね、あいつ。今、走ってるよ」

グラウンドの円形トラックを小柄な女子がきれいなカーブを描いて走っていた。真剣なまなざしときゅっと引き結んだ口がバトンパスゾーンに近づくに連れて徐々にほころび、可愛い笑顔になる。

「へー、サワキトウコか」

つくづくタドコロの望みが薄くなるじゃないか。

「トウコは有名なんだねえ」

そいつはそう呟いて、うーんと伸びをした。うっかり出そうになったあくびをかみころす。

「そんな余裕でいいのかよ。アンカーは他の走者と比べて、走る距離が50M長くなるんだぞ?一位をキープできるのか?」
「え、そうなの?」
「おい!」

思わず突っ込んでしまった。どこまでもマイペースな奴だった。

「まあ、うまく走れればいいさ」
「え?」
「あ、こけた」

視線を戻すと、F組の走者が勢いよく転んでいた。サワキの後の走者だった。どうやらうまく結べていなかった自分の靴紐を踏んづけたらしい。一気に順位を下げてしまっていた。

「ラッキー。これでA組が一位じゃん」
「げ!もう、あとアンカーの俺だけなのに…」
「ドンマイ。じゃ、俺は先にスタンバるわ」

俺はにこやかにその場を離れ、スタート地点につく。一位は確実になりそうだった。F組は4位まで順位を落としていた。残念だね、サワキ。本番は何が起こるかわからないんだ。そうウマいこと簡単に優勝なんてできないって。俺は前走者から余裕でバトンを受け取ると、白いテープが揺れるゴールを目指して走りだした。

――うまく走れればいいさ。

うまく走る…、か。どうやってうまく走るんだよ、こんな状況で。

「マコト、ぬかれるぞ!」

残り50Mきったところで、誰かの声がした。気づけば、さっきまで話していたあいつが俺に迫ってきていた。ぼさぼさの髪を振り乱して突進してくる。驚いた俺は、慌ててペースを上げた。でも、速さが全然違った。ザッという風の音を耳元ではっきりときいた。それから白いテープが空にはためくのがわかった。俺はそれにかすりもせず、先にゴールした相手をまじまじと見つめた。膝に手をついた前屈体勢で、そいつは激しく息をしていた。

――なあ、信じるか?

「お前…」
「やったー!」

女子の甲高い声に遮られた。サワキトウコが笑顔で近づいてくる。そいつは体勢を変えずに、ちらっと彼女を見上げた。

「すごいよ、一位だよ!」
「トウコか。はあ。はあ。なあ、俺うまく走った…ろう?」
「うん!転んじゃったアイカワくんなんて、感激して向こうで泣いちゃってるよ」
「はあ。はあ。そっかぁ」

――うまく走れればいいさ。

…こんな状況だからこそ、こいつはうまく走ったのだろうか…?F組は最初からアンカーを捨ててなんかいなかったのだ。

「やっぱりサトシをアンカーにして良かったー。さすが私!」
「はあ。はあ。…え、お前の手柄…なの?」

サワキはふざけて、サトシの頭をくしゃくしゃと勢いよく撫でた。ふたりの仲の良さが伝わってくる。そうか、こいつがタドコロの言ってたサワキの変な幼馴染か…。

「はあ。はあ。やめろ、トウコ。吐きそう…それに目が回って…」
「え?」

ドサ…。人が倒れる音がして、急いで駆け寄った。サトシは顔が真っ青だった。

「ちょっとサトシ、どうしたの?」

動かない体を大きく揺さぶろうとするサワキを見て、俺は慌てて止めた。

「落ち着いて。保健医を呼んでくるんだ。あと担架もいるって伝えてくれる?」

はっとしてサワキは頷くと、急いで駆け出した。あの勢いなら、すぐ保健医を連れてくるだろう。

「おい、意識はあるか?」

かがみこんで、俺はサトシに声をかけた。のんびりとした返事を待つ。

「ああ…」
「頭は打ってないか?」
「だいじょ…ぶ」
「持病とかある?まあ、あったらリレーなんかやったりしないよな?」
「…ない…」
「お前、久しぶりに走ったろ?だから、体が驚いたんだよ」
「…へへへ…」
「…俺、こんな奴に負けたのか」
――にやり。
「顔、真っ青で笑うなよ。怖いから」

無理だよ、タドコロ。きっとこいつにはかなわない。

それから、すぐにサワキが保健医を連れて戻って来た。俺は軽くサトシの容態を伝え、担架で保健室まで運ぶのを手伝った。サトシは貧血だったようだ。あと、寝坊して朝飯を抜いてきたらしい。保健室のベッドでぐっすり眠った後の第一声が「腹、減った」で、サワキに何度も「バカ!」と怒鳴られていた。でも、なんだかんだと自分の弁当をサトシに差し出すあたりが優しいサワキらしかった。

「ありがとう、スギヤマくん」

弁当をがつがつ食べるサトシを見て、やっとほっとしたのだろう。少し潤んだ目で、サワキが俺に言った。驚いた。

「どうして名前…?」
「A組のスギヤママコトくんでしょう?サッカー部のエースで秀才。女子の間じゃ有名だよ」

俺は苦笑した。男女とも似たような評判を立てあうものらしい。

「でも、サトシが勝っちゃったね」

俺はまた苦笑した。なぜだか悔しさはなかった。あったのは新鮮な感動みたいなもの。

――なあ、信じるか?

サワキは俺の苦笑を違う意味にとったのだろう。慌てて語りだした。

「サトシはね、もともと足が速いわけじゃないんだ。ただ変な奴で、ピンチになると自分の本領を極端に発揮しちゃうみたいなの」
「極端に…?」
「そう。…うまく説明できないんだけど。たぶん前の走者が転ばなかったら、サトシはあんなに早く走れなかった。クラスの代表って手前、表彰台を狙って、それなりに頑張ったのかもしれないけど…。なんだろう。自分じゃなくて他人のピンチに敏感なんだよね。困ってる人を見過ごせないの。転んじゃった子をなんとか助けたくて、今回もっと頑張っちゃったんだよ」

――うまく走れればいいさ。

俺は改めてサトシをまじまじと見つめた。ぼさぼさの黒髪はさらに寝癖のせいで所々はね、外見なんておかまいなしだ。今はただ猛然と弁当を食べることに集中している。マイペースでお人よし…か。

「スギヤマくんは信じる?今の話」

いきなりサワキが俺の顔を覗き込んだ。

「え?」

不意打ちだった。

――なあ、信じるか?

どこまでも透明で澄んだ優しい瞳。

「…どうかな」
「だよね」

サワキはふっと笑った。それからサトシを見つめる。あまりの瞳の優しさに、いじらしささえ感じた。

「もしかして、わざと転んでもらった?」

俺の意地悪な問いに動揺することもなく、サワキの瞳にさした光りは踊った。

「…どうかな」

彼女はさっきの俺と同じ言葉を返しただけなのに、どうしてだろう。違う響きにあっさり変わってしまう。俺はため息をついた。

無理だよ、タドコロ。きっとこいつらにはかなわない。

「ダメだ、全然足りねー」

サワキの弁当をきれいにたいらげて、サトシはまた咆哮した。

「えー、まだ足りないの?」
「お前の弁当は小さいんだよな」
「女子はこんなもんよ…って、あ!デザートのフルーツまで食べてるじゃない」
「うん」
「私がグレープフルーツ好きなの、知ってるでしょう?何でそれまで食べちゃうのよ」
「え?全部くれたんじゃないのかよ」
「ちっがーう!」

同じような表情をして、二人はやりあっていた。…幼馴染か。

「なあ」

どこか羨ましかったのかもしれない。だから、このとき、俺から声をかけてしまったのかもしれない。

「実は俺、今日、弁当忘れてさ。これから近くのうまいラーメン屋に行こうと思ってたんだけど、良ければ三人で一緒に行かない?」

二人は同時に振り向いた。そして、声をそろえた。

「――行く!」

笑顔も一緒で、なんだか双子みたいだった。


□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村