FC2ブログ
「お目覚めですか?」

気がつくと、目の前に見知らぬ男がいた。

「…ここは?」
「ここは遠い夜の海。そして、あなたは私のボートの中にいます」

横たわっていた体を起こし、辺りを見渡すと、黒い海がどこまでも果てしなく広がっていた。

…なんなのだろう、ここは…。

一体どこまでが海なのか空なのか、まるでわからない。全てが濃い闇に覆われているせいで、境界が見定められないのだ。私は恐怖に怯え、自分の腕で自分の体を抱きしめた。このまま自分も、このおぞましい闇に染まっていく…そんな気がしたからだ。すると、男は優しく微笑んで、こう言った。

「何も恐れることはありませんよ。目に見えるものばかりに気を取られなければいいんです。ここは波も穏やかで、汐の匂いも優しい」

確かにボートに打ち寄せる波は弱く、汐の匂いもそこまできつくなかった。少し落ち着くと思考がゆっくりと動き出す。…そうだ。どうして私はここにいるのだろう…。

「どうやら乗っていた舟が難破したようですね。あなたは筏につかまって、夜の海を一人で漂っていましたよ」

…あぁ、そうだったのかもしれない。何かの衝撃で舟が突然壊れ、私は海に投げ出されたのだ。

「夜が明けるまでの辛抱です。夜が明ければ、大きな舟か陸が見つかるでしょう。それまで狭いところですが、ゆっくりなさってください」

足元に灯っていた微かなランプの光りを頼りに、私は男の顔を見つめた。

彫りの深い美しい顔が私を見つめ返していた。
頬は疲れのためか少しこけていたが、秀でた額には若さの光りがあった。鼻筋はすっと伸びて高く、目元には深い陰影が刻まれている。そして、その中で何よりもどこか遠くを見つめるまなざしが私の心を強く打った。その目は昔どこかで見たことがあるような気がしたのだ。
首から下はくすんだ白いローブのようなもので身を包んでいる。そこから覗く手の仕草や振る舞いには品の良さがあった。外見やそれらが男を年かさに見せてしまってはいるが、本当の年は私とそんなに変わらないのかもしれない。

「あなたは、ここで何をしているの?」

いくら何でもここに一人でいるのは、おかしかった。男は表情をさらに和らげた。

「私は、夜空に星を送っているんですよ」

私がうまく理解できないでいると、男はそばにあった小さな袋を取り出して、その口を縛っていた縄をといた。そして、そこから手のひらに納まるくらいの石を取り出したのだ。

「それが、星…?」

私は思わず笑ってしまった。こんなところで変な冗談を飛ばすなんて。どう見たって、ただの石ころだった。おかげで緊張の糸がほどけていったが。

すると男は両手で石を包み込み、何かを唱える。しばらくすると、そこからゆっくりと白い光りがこぼれた。私が驚いて目を見開くと、男は優しく声を立てて笑い、その手を空に大切に掲げた。光りは夜空に向かってまっすぐ上り、やがて一つの美しい星になった。

「私はこうやって、夜空に星を送っているんですよ」
「…素敵ね」

あふれ出た言葉は、感嘆の他の何ものでもなかった。その言葉に男は笑った。少年のような無邪気な笑顔で。

「私も星を送れるかしら?」

男は頷いて、私の手のひらにそっと石をのせてくれた。その時なんとなくこの石は死んでいるなと思った。男は私が石を包み込むのを待つと、軽く自分の手を添えて、また何かを唱える。やがて、あたたかな感触とともに、あの白い光りが現れた。私は空にそれを掲げ、星となる光りを見送った。

私は微笑んだ。男も愛しそうにその星を眺め、ゆっくりと口を開いた。

「きっと、あの星の光りを頼りに誰かが生きるでしょう」

私は男を見た。

「生きることにもがく人は、星を眺めます。そして、その光りを頼りに思う…」

男が見つめているのがわかったが、私は気づかないふりをした。

「生きたい、と」

男は、はっきりとそう告げた。私は、笑った。淋しい声の響きが汐風とともに、運ばれていく。

「…何もかもお見通しなのね」

彼は、ずっと私を待っていたのだろう。

「あなたは必死に、筏にしがみついていましたよ」

私は納得して自ら海に飛び込んだのだ。そのはずなのに…。

最期に感じたのは決して楽になれる安堵ではなく、哀しい後悔だけだった。

「私は、生きたかったのかもしれない…」

でも、自分で自分が良くわからないのだ。今は生きたいと思っていても、今度はただ死にたいと本当は思っているだけなのかもしれなかった…。

男は空を指差すと、静かに語り始めた。

「あの星は、ただの星ではないんですよ。美しい物語をのせて輝いている」
「物語?」
「そう。あなたの物語です」
「…私の?」
「そうですよ。あのままでも充分美しい。でも…」

私は男を見つめた。その遠い目には今、優しい光りが灯っている。

「見せて下さい、あなたの物語の続きを。その道標となるように、私は何度もあなたのもとへ星を送るでしょう」

男が美しい手を伸ばし、私の頭を撫でた。尊いその手のひらは大きくてあたたかで、まるで心が洗われていく。涙がこぼれた。

生きられると思った。どこまでかはわからない。どこへいけるかもわからない。
全てはこの夜の海と同じなのかもしれない。

でも、私は星を知っている。

それを送り届ける男の存在も知っているのだ。きっと生きる糧になるだろう。切り札になるだろう。そして、いつか素敵な物語となって男のもとに現れてみせよう。

「約束するわ」

私の言葉に、男は嬉しそうに笑った。それは今までに見たことのない忘れられない笑顔だった。

目を閉じて、私は男の唱えていたあの言葉を静かに待った。

『幾千の星が夜空に美しい彩りをそえているかのように―。
今宵はこの私が愛すべき物語によって、新たな彩りをそえてごらんにいれましょう 』



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □ 

=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 夏目漱石「夢十夜 第七夜」× supercar「PLANET」 ★

「夢十夜」の第七夜を読んだ夜でしょうか。私自身も夢を見ました。それが今回の物語です。覚えているうちに書き出して保管してたみたい。今思うと、第七夜を読んで主人公と一緒に沈んだ気分になっていたので、きっと救いに来てくれたのだと思います。私の忘れられない夢になりました。

① 夏目漱石「夢十夜 第七夜」
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%87%E9%B3%A5%E3%83%BB%E5%A4%A2%E5%8D%81%E5%A4%9C-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%8F%E7%9B%AE-%E6%BC%B1%E7%9F%B3/dp/4101010188/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1374152070&sr=1-3&keywords=%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3%E3%80%80%E5%A4%A2%E5%8D%81%E5%A4%9C
夏目漱石では「夢十夜」が一番好き。高校の教科書で長編の「こころ」を中途半端にやるより絶対短編のこっちをやるべきだ!ってなんかあの頃強く思っていたような…。「こんな夢を見た」で始まるそれぞれ雰囲気の違った10種類の短編。特に一、三、七夜が好きで、一夜で恋に落ち、三夜で愕然とし、七夜で一緒に沈みました…。お札になる人はやっぱり偉大なんですね。

② supercar「PLANET」
https://www.youtube.com/watch?v=DzKi3BMCMAc
歌詞は物語とあってないんですが、この曲をよく聞いてました。私が彼らで一番好きな曲です。メロディがとてもきれいで、これを10代でつくるとかすごいなあって。「PLANET」って調べてみたら、星のほかに「彷徨い歩く者」とか「放浪者」って意味もあることを知り、当時とても感動しました。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 男は女を背におぶって、人目を避けるように先を急いでいた。

結ばれることのできなかった男と女の末路。それを語るのは何とも心苦しいが、話さなくてはならない。

 春はその身をゆっくりと追い立てられていた。そこは桜の森。

ふたりはそう呼んでいた。すでに満開の時分は過ぎ去り、薄紅色の花弁が夜風にはらはらと散っていた。

 まるで何かの夢の中に迷い込んだようだ―、ぼんやりと男はそう思った。
おぶされた女の意識はとうになく、すでに事切れていた。男は女に別れを告げるため、ここを訪れたのだ。

 男は一本の桜の木の下で女をおろし、静かに地に寝かせた。
そして、丁寧に女の両手を胸の上で組ませると、懐かしそうに桜を見上げた。

 約束を果たしにきたのだ。

この桜の木の下で男と女は出会い、愛を誓ったのだった。男はそのふたりの姿を今も容易に思い描くことができた。しかし、それはもう痛ましい光景でしかない。

 …私が死んだら、あの桜の木の下に埋めてください…

男は頷くことしかできなかった。それまで女は、男に決して頼みごとなどしなかったのだ。

ここでかつて大切に抱きかかえられた赤子がいた。その赤子はとても愛らしく、目が合うと嬉しそうに無邪気に男に微笑みかけた。

 妹だった。その日から男の目に映る女は、この妹の他にはいなかったのだ。

女にとっても、それは同じだった。物心ついた頃には、すでに兄だけが女の特別な男だったのだ。

女の顔が月の光りにさらされると、なおいっそう白く優美に輝いた。
男は女に最後の抱擁と口づけを交わすと、一粒涙をこぼし、その顔を土で汚した。

…どうして桜がこんなにも美しく咲いているか、兄上はご存知ですか?それは桜が人の血を吸って、生きているからだそうですよ。

 土を掘り、女の亡骸を埋めた。

…なら、お前の言うように、私たちの最期はここがいいのかもしれぬ。きっと血が濃ければ濃いほど、見事な桜が咲くのだろう…。

 ふさわしいと思った。それだけだ。

男は静かに決意を固めると、胸に秘めていた小刀で自分の喉もとを掻っ切った。
勢いよく血は溢れ出した。辺りを赤々と染め上げ、桜の木をその鮮やかな色で濡らした。

桜はふたりの最期を看取ると、風の中で大きくその身を奮わせた。渡る夜風は、さも歓喜に笑いざわめくようだった。




=====================================


=影響を受けた作品のご紹介=
ここでは上の拙い物語がたぶん影響を受けたんじゃないかと思われる作品をご紹介します。 お時間や興味のある方はどうぞ~。

★ 坂口安吾「桜の森の満開の下」× 友人の話 ★
http://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%81%AE%E6%BA%80%E9%96%8B%E3%81%AE%E4%B8%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%9D%82%E5%8F%A3-%E5%AE%89%E5%90%BE/dp/4061960423
これは確か20歳前後くらいに書いた気が…。遊べる本屋さんのポップが面白くて、何気に好きなんですけど、中で「美しくて儚い…」という凄くシンプルなポップを見つけて。本の名前は「桜の森の満開の下」。それを見た瞬間、一気にイメージが飛び込んできたんです。タイトルを見てそんな風になったのは初めてで。タイトルだけで惚れてしまったというか…。とにかく、これはまず自分の物語を書いてから読もうと思いました。

① 坂口安吾「桜の森の満開の下」

坂口安吾は「桜の森の満開の下」が一番好きです。私が書いた物語なんかと全然比べ物にならないほど素敵な作品です!でも、ちょっと嬉しかった共通点がありまして。私の物語も女を背負って歩いてましたが、彼の作品でも、女を背負って桜の森の中を歩いている場面があったんです。ちょっとだけ重なった気がしてそれがすごく嬉しかった記憶があります。特に好きな場面は、主人公が女にどうして桜の森が好きなのかたずねられ、それを答える場面。それと、あのしんとするラストでしょうか。そうそう。書き終えて購入しようとしたら、文庫でこのお値段とはさすがに驚きました。

② 友人の話
「桜の森の満開の下」と出会った衝撃を友人に伝えたら、「そう言えば、桜の木の下には死体が…っていう話をきいたことがあるなあ」と言っていて、ちょうど書いた後だったから、すごくびっくりしたんです。今、調べてみたら、梶井基次郎の短編小説「櫻の樹の下」という本があるようで、もしやこのことを言っていたのかな?気になったので、今度読んでみようと思います!って青空文庫に「桜の森の満開の下」もあってネットで読めるじゃん!なんてこったい…。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □  ■ □ ■ □

以下のランキングに参加中です。

■ NEWVEL ランキング
http://www.newvel.jp/nt/nt.cgi?links=2014-03-1-35262

■ アルファポリス ランキング


■ 人気ブログ ランキング

人気ブログランキングへ

■ にほんブログ村 ランキング
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村